最近知ってショックだったこと。私の辞めたあとに会社に起こったできごと

公開日: : 管理人のどうでもいい日記

どうでもいい話ですが。
まあこのブログ自体どうでもいいブログなんですが。

あ、そういえばさっきヤフートップにペペラさんの記事が載っていて吹きましたw

そんでなんだっけ。

最近知って驚いたことなのですが、私が新卒で入って30でやめた会社のときの上司であった部長が、会社辞めて起業していました。

あの頃はさあ。ペーペーの私に「一緒にやりとげようじゃないか!」なんて言ってくれてさあ。
途中で担当業務をチェンジしたときもわりと優遇してくれて(その部長の下で担当が替わった。)

私がその部長の秘書を兼務していたので、私の会社員時代の思い出にしょっちゅう出てくる人なんだよね。

会社員時代は8割方その部長の下で働いていた。
課長よりも部長のほうが親しみを感じるかな。

気分屋だったけど、陽気で勢いがあって、飲み会が好きで、たいへん良い人でしたねえ。

会社に当時外資系の戦略系コンサルが出入りしていまして、それをたいへん嫌い、口汚く罵っておられたのが印象に残っております。
(「コンサルなんて虚業だ。ハイエナだ」的な。そのせいか私もコンサルには良い印象がない。)

私がやめる時にも(そのときには部長が異動して別の部門にいたのだが)たいへん気にかけてくれました。

その部長がですな。

起業してコンサルタントになっていたというwwwwww

「コンサルなんて実業じゃない!何かを生み出してこそビジネスマンだ」と言ってたんじゃないんですかwww

しかもご近所に住んでると知ったw(最寄り駅が一緒。)

いや、なんかさ、50代に入って役員コースに乗れなかったのでしょうかねえ。
何か思いがあったのかもしれませんが、なぜそこでコンサルいっちゃったのでしょう。
人に使われるのがイヤになったんですかねえ。
とりあえず起業つーと、コンサルならまあ手持ちのスキルが転用できるし、手ごろっちゃあ手ごろですが。

このことを偶然知り、誰とも共有できない思いなのですが「おいおいおいおい!」と思ったのでした(´・ω・`)
会社に居残っている人々も「おいおいおいwwコンサルwww」と部長の退職について突っ込んでいることでしょう。

あともう一つ驚いたのはですな。

売れないフリーランスライターをしてて出入りしてた編集プロダクションが廃業してた。
倒産したのかなんかわかんないけど。
HPは消えているし、そのビルからは退去している様子。

大手出版から飛び出した40代の編集者さんがほぼ一人でやってた。
この人はどうも腹のうちが読めない感じで、あんまり好きになれなかったかな。向こうもそう思っているだろうけど。
(詳細はわからんが、従業員はもっとたくさんいた時期もあったけど、逃げられた様子であった。まあ、編プロなんてどこもそんなもんだろう。なので、私のようなほぼ素人を使ってくれたわけだが。最高で月10万ぐらいもらってた。長く勤めた一人前の社員でも給与が税込25万の会社だったので、バイトで月給10万は破格の待遇。)

リーマンショック後もまだ存在していたが、この3年のあいだに消えたんかねえ。
書籍の編集もしていて、まあ実用書なんだけど、いまどき書籍出版にかかわれる編集プロダクションって力あったんだろうと思うんですよ。

ウェブのほうの事業も下請けでやってたけど。
ウェブのほうに乗り換えはできなかったのかねえ。やっぱり出版の人は紙にこだわるよねえ。

でさあ。やっぱり出版は厳しいよねえ。

というか、会社を設立して維持していくのって、厳しいよねえ。

私もさあ。なんか勢いで会社設立しちゃったけど。どうなるんだろう。
ほんと、どうなるんだろうねえ。
想像もつかないわ(´・ω・`)

関連記事

no image

JAL AMEXカードのA8netセルフバック報酬が30000円になっている件

JAL AMEXカードのA8netセルフバック報酬が30000円になっていました!!!! ↓ 「【J

記事を読む

no image

年130万円の壁~儲かりすぎたら困ると気づいた~

アフィリエイトで月15万っていう目標を 先日の記事で書いたんですが 扶養のことを全然考えてなかったっ

記事を読む

no image

パジャマ問題ついに解決!

今年の目標に私、「パジャマで一日過ごさない」というのがありまして、なんというレベルの低い生活。 で

記事を読む

no image

ハウスワイフ2.0(自称)が「ハウスワイフ2.0」を読んで怒る!(その1)看板に偽りあり

新聞などの書評で話題の「ハウスワイフ2.0」を読んだ感想です。 女性の生き方とか、フェミニズムとか

記事を読む

no image

AV女優にスカウトされた話。一本たったの○○万円!【副業日記】

女子力とかいうものは極力身につけないよう、可能な限りひっそり暮らしております私ですが、どういうわけか

記事を読む

no image

2014年の社会保障制度改革(まとめ)

2014年以降の社会保障制度改革をざっくりまとめた備忘録です。 医療 ・2014年4月から、70

記事を読む

no image

私は家事をどこまでやりたいのかについて考える。最低限の家事とは何か。

この前、ハウスクリーニングつーか、家事代行みたいなのをお願いしたんですけどね。 いや、おたくお

記事を読む

no image

1万PVのブログにしたい

勉強になったブログをメモ。 わかったブログ|500PV/日のブログが1万PV/日に成長した理由と、ア

記事を読む

古新聞をついに読みきる!の巻【汚部屋化との戦い】

私な、やる言うたらやるねん。 見てや。読んだで。 半年分の新聞、読んだで。

記事を読む

捨てられそうです

どうやら捨てられそうです。 って、何の話かというとですね。 ドライヤーの話ね。 夫

記事を読む

Comment

  1. チョコ より:

    私の勝手な印象ですが、外資系コンサルって、たいしたことしないくせめちゃくちゃ高いコンサル料をふっかけてきますよね。だから、元上司さんは、「現場で実際の仕事をしているのは俺らなのに、ヤツらちょこちょこっとやって来てこそこそっと適当な仕事で高給取りやがって」と、半ばやっかみも入って毛嫌いされていたのではないかと想像します。だからこそ「俺でもできる」とコンサルに行っちゃったのかなあなんて。全然その方を知らないのでホントに勝手な想像ですけど。

    私も会社員時代にいろんなコンサルさんといっしょに仕事をした期間があって…中には大変優秀で頼れる方、寝る時間も削ってるんではと思うほど仕事されてる方もいらっしゃいましたが、ただいばってるだけの人もいたんですよね〜。元上司さんはきっと頼れる側のコンサルになられているんでは…そうであってほしいですね!

    • kanoko より:

      ありがとうございます。まさに、おっしゃるとおりの経緯だと思います。私がうまく言葉にできなかったところを拾ってくださってありがとうございます。私のかわりにこのブログ書いてくださいませんか(笑)

      コンサルに勤務されている方は、おそらくすごく優秀なんでしょうけれど、なぜあの高給?というのはいつも思っています。
      コンサルの価値を高く見せるために高給を出してるんじゃないのとか、そういうマーケティング的なことを考えてしまいます。
      元上司は起業して成功しているといいですねえ。いつか私がアフィリで迷って迷って重大なことを決めることになったら、相談に行きたい気がします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 管理人:くりかのこ

    39歳専業主婦+アフィリエイター。
    ちまちまやっているうちにアフィリエイト収益が月200万超を記録。収益低下におびえつつ暮らしています。
    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑