カテゴリー:アフィリエイト収益で扶養外に!?の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円、4年後に月200万円を達成。しかしその後収益低下に見舞われ再起のために奮闘しています。

  • アフィリエイト収益で扶養外に!?

カテゴリー:アフィリエイト収益で扶養外に!?

税理士に苦笑された話

そんで思い出したけど、税理士さんとこ行ったときにさ。

こういう節税策を考えてて、こうやりたい、みたいなことを。

具体的には、決算期を変更して、1か月だけで決算して、消費税の風邪事業者でいるのは違う、課税事業者でいるのは1か月だけにして節税しようとか。

さっき書いたセーフティ共済の話とか。あとは、いろんな控除のこととか、旅費規程のこととか。相談したんですけどね。

そしたら、税理士さんに「これ、ご自分で考えたんですか?」と聞かれた(゚∀゚)

なんだろう、税理士を他に見つけて、その内容確認をしていると思われたのかな。

はい、私、全部自分で考えています。

Googleさんがお友達で、節税が趣味なのであります。

そんでもって税理士さんには「私は税理士なものですから、脱法的というか、いや、くりかのこさんが脱法しているというわけではないのですが、こういう方法があるかなと思っても、制度を調べて、ああ、できないなと思ってそこで思考停止してしまうのですが、ここまで考えておられるのですね」と、ほめられているのか、けなされているのか分からない褒められ方をされた(゚∀゚)

嬉しかった(゚∀゚)

というわけで、もっともっと頑張って、アレな感じの節税策を極めようと思う。

税理士さんも言っているとおり、脱法ではない。
ただ、制度には、想定していない使い方があるわけで、法人にして報酬ゼロにするとか。

まあ、それもいつかは穴が埋められて使えなくなるものかもよ、というのが税理士さんの言わんとすることで、それよりは、補助金とかをうまく使って節税するのがおすすめです、という話。

まあまあ、わかるけど。

でも、制度が永続的でないのと同様、私の稼ぎや立場も流動的であって、その場その場で最善と思われる選択をし、その場その場で失敗し、まあ、学んできたよねえ。

来年はどうなっちゃうかねえ、という話。あとちょっとは稼ぎたいよね。(じゃあ手を動かせ、と。)

セーフティ共済800万円弱を払い戻せなくて困っている話

いやまあ、困っているってほどじゃないんだけどさ。

現金は引き出して、全力二階建てが基本じゃん?

じゃなくて、二階建てはしないけど、まあ、投資にでも回すのがいいじゃん?

ビットコインのバブルは終わったけど、以前買ったリップルを買い増しするとかさ。

いや、仮想通貨はやめたほうがいいなら、IPOも最近ぱっとしないから、なんか良い投資先ないですかね。

そんで、セーフティ共済、正式名称が中小企業倒産防止共済をですな。払い出したいんだけどさ。

私が今、旦那の扶養内で収入ゼロであって、800万円弱のお金が入ると扶養を抜けると困るという話を以前から書いております。

セーフティ共済は課税の繰り延べにすぎないのか。無税で解約手当金をゲットする作戦を検証する
損失の繰り越し控除が使えない話

この件、税理士さんに相談に行った。

その結果わかったのだが、やっぱり駄目みたいだ。

原理的には、損失の繰り越し控除は、社会保険上の扶養の判定のときには使えない、はず。とのこと。

今は私は、旦那の勤務先には課税証明書しか出してないのね。

だから、課税証明書だったら、バレないと思うから大丈夫かなあと思ったんだけど、危ない橋を渡るのはやめとこうと思った。

社会保険上の扶養は、あくまでも、その人が生計を維持していけるだけの収入があるか、を判断の基準にするのだから、という話であった。

というわけで、しばらく個人事業の赤字を作って、2020年にセーフティ共済780万円をはらいだして、同時に再加入して480万円だっけ、の、拠出をするみたいなのは中止となりました。

ただ、これは、専ら私が旦那の扶養外になりたくないというのが問題なのであって、またいつか、どーんと稼げて、自分に役員給与でも出さないとやっていけない的なことになったら、その年にこのセーフティ共済も引き出そうと思います。

その時には、やっぱり再加入するんだろうな。まあいいや、先のことはさ。

損失の繰り越し控除が使えない話

セーフティ共済の話の続きだけどさ。

あれダメだったわ。

思い出したけど、私、昨年は給与所得があったから、損失の繰り越し控除してなかった。

だから、損失270マンってのは嘘で、損失がない状態。今。

あの枠組み自体が間違いってことじゃなく、私の状況でのミス。

だから、2020年以降に解約手当金を受け取るとすると、益金761万円(40か月)、損金は480万円(24か月分)。

761-480=281万円。

うむ。これでは確実に扶養を超えてしまう。

これを回避するためには、その前3年で、151万円の損失の繰り越しをすればいいということでもある。

それに加えて、その年にも誰かに給与か外注費か大きな買い物かをすればいいのである。

4年で151万の損失であれば、まあ、作れるのではないかと思う。

なんか、できそうな気がしてきた。

いずれにしても、ちょっと頭を使って、税理士さんにも相談しなければ、凡ミスによって大きな失敗をし、社会保険料がかかってしまう事態となりますので、注意が必要です。

必要であれば、今年から損失の繰り越しを始めようと思う。

セーフティ共済は課税の繰り延べにすぎないのか。無税で解約手当金をゲットする作戦を検証する

拠出しちまっているセーフティ共済(中小企業倒産防止共済)をどうするかについて考えます。

アフィリエイトの売り上げが下がって、今年自分の報酬をゼロにしてて、そろそろ手元資金が枯渇してきた。
やばい。ので、現金が手元に欲しい。というのもある。

あ、話変わるけど、ほげみちゃんのブログが復活したよね。
ありがとうねえ。

この景気だから、ほげみちゃんみたいな若くて能力高そうなヒトははIT系の職場でバリバリ転職して高給目指すのもいいんでない?そうなったのかな?と思ってたけど、まだアフィリエイトやってると知ってほっとしたようなもったいないような気持ち。

さて、セーフテイィ共済の話ね。

前提として、私、法人化して自分の報酬をゼロにし、旦那の扶養に入っております。
この状態、すごく楽。これだけ報酬が落ちてたら、社会保険料かなり負担だからさ。扶養から抜けてその年の収入が130万きったらさあ、心理的にきついじゃん。
だから、稼げても、稼げなくても、私の社会保険に関係はないというこの状況かなり良い。(その分、追い込まれ感がなく、モチベーションにはつながらないともいう。)

そんで、個人事業も廃業してないから、個人事業のほうにセーフティ共済のお金が残ってしまっておる。

セーフティ共済はちょうど良いときに、ちょうどよく手元にお金を戻したいのですが、私は今は旦那の扶養に入っているため、うかつに返金を受けると、扶養外となります。まずいです。

H27に240万円
H28に240万円
H29に240万円

拠出したような気がする。

800万円または40か月拠出でかいやくできるようになる。

(現在は36か月だと思われる。)

解約してまたすぐ拠出することも可能。と以前コールセンターで言われた気がする。

そんでもって、私は昨年個人事業では277万円ぐらいの赤字決算になっている。

青色申告だから、3年くりこせる。

というのはつまり、H30年、H31年、H32年の確定申告でこの赤字を使えるということだ。

あ、平成じゃなくなるのか。

書き直す。

2018年、2019年、2020年のうちであればこの赤字が使えるから超ラッキー。

2019年のはじめに解約して、すぐ契約しなおして、年末に前納したら、そしたらこの年に440万ぐらい出せるでしょ。

それに赤字の繰り越し277万をたしたら、717万。

戻ってくる共済金が720万円ちょっと。

720万-717万=3万

おお、たいへんちょうど良いではないですか。

超ぐっどあいでぃーあ。

と思ったので、コールセンターに電話してみた。

◆確認できたこと

私は2018.11まで前納しており、前納がすべて充当される2018年11月時点で拠出額は760万円(38か月)となる。

2018年12月からは5000円の拠出に変更してある。

2019年1月まで拠出すれば、40か月の拠出となり100%の解約金を受け取ることができる。

◆私のやりたいこと

2019年または2020年に解約し、年収130万円をこえないように再度セーフティ共済に拠出したい。

つまり、解約金を受け取ったあと、すぐに加入しなおして、その年の年末には12か月分の前納もやりたい。

◆コールセンターからの回答

・再加入は、解約手当金の受け取り後であればすぐできる

・解約金は、書類到着後10日~2週間で口座に振り込まれる(←意外と早いのでびっくりした)

・金融機関が加入申込書を受理した月が加入月となる。

・つまり、2020年1月に解約金を受け取れば、その直後に加入することもできて、2020年の決算では、2020年1月~11月の11か月分の月払い(最大220万円)+2020年12月~2021年11月の1年分一括前納(最大240万円)が可能。

・すなわち、2020年に最大460万円の損金をつくることができる。

・(これは電話では確認していないが)2019年であれば、1月まで拠出し、2月に解約、加入ができたとすると、最大440万円の損金をつくることができる、のだと思う。

・掛け金は振り込みか引き落としが洗濯できるが、引き落としを洗濯すると、1月に加入した場合、1-3月分が3月にじゅうなんにちかに引き落とされる。

・2019年1月でかけ止めにしたいのならば、2月5日までに金融機関に書類を提出することが必要。

◆以上をふまえて

以上をふまえて、つまりこうすればよいのだ。

2019年1月に解約、2月に再加入するのならば、益金は761万円(40か月)、損金は440万円となる。

2017年の損失277万円を繰り越す。

761万-440万-277万=44万円。

おお、これでいいじゃん。

万が一、再加入がちょっと遅れたとしても、さほど問題にならない。

益金65万までなら、青色申告特別控除様の出動により、私の営業所得はゼロのまま。
いや、103までいいのか。
そんぐらいの額になるよう、ぴったり狙って、年末に前納額を決めたらいいのだ。

◆2020年以降にやること

2020年以降には、どうするかというとだ。

2019年2月から拠出を始めたとすると、2020年1月で12か月、2021年1月で24か月、2022年1月で36か月、2023年5月で40か月となる。

この間、ぼつぼつ拠出し続ける。

たぶん、440万円+5000円×18月=449万円ぐらいになる。

2023年6月に解約する。449万円がふりこまれる。またセーフティ共済に加入する。

7月に加入したら、20万円×5か月+前納240万円=340万円の損金がつくれる。

449万-340万=109万の事業収入となる。

過去3年の損失の繰り越しなんかもあって、まあ、103万には収まると思われ。

まあさ、2023年にも基礎控除が38万かとか、そういうのはわかんないけど。

と思っていま検索したら、基礎控除って48マンになるらしいね。すごいね。

2023年に今の社会保険の扶養制度が維持されているのかどうかとかすんごく謎だけど、これでいいんじゃない。

税理士さんに確認してみよう。

(税理士年間顧問契約じゃないから、こういう質問もいちいちフィーがかかるんだけど、それはまあいいんだ。)

「セーフティ共済は課税の繰り延べにすぎない」ってよく言われるし、実際そうなんだろうけど、このプランでもしうまくいくなら、私の場合、法人化との合わせワザで課税の繰り延べをうまく回避して節税ゲットできた、って話。

セーフティ共済の活用方法として、参考にしてみてね(★ゝω・)b⌒☆ ←ウザいな。

上手くいったら報告しないけど、このプランで間違いがあったら報告しますです。

税理士さんに法人1期目の相談をした

ちょっと前に、税理士さんに法人1期目のあれこれについて相談したのでメモな。

◆修正申告(個人のほう)

修正申告(更正の請求)をするなら、今年がよいのか、来年がよいのか。
国保が増額になるかもしれないので、それなら今年のほうがいいか?など。

結論はよく分からずグダグダに。

◆法人役員給与

法人の役員給与って、決算しめてから、2ヶ月は同額を払い続けなければいけないんですと。
知ってました?
そりゃそうですわな。
普通の会社だと、3月末に決算して、6月末に株主総会して、そこで翌年の役員給与決めてますもんな。

なんとなく、今年12月から旦那の扶養だぜイエイ!と思っていたのだが、それはできないということを知った。

こういうことも知らずに法人の代表をしていることがおそろしすぎる。おそるべき泥縄。

◆マイホーム持分と住宅ローン控除、法人から個人への家賃について

諸事情あり、法人から個人への家賃支払はしないことになった。
(具体的には、旦那だけ住宅ローンを組んだのだが、もし法人から旦那と私に家賃を払うようにすると、住宅ローン減税が受けられない部分が出てくる。(事業利用部分を按分することになる。)また、旦那は給与所得者なのであるが、年20万を超える家賃を払うと、確定申告が必要になるし、一応副業許可も必要になる。諸々のことを考えると、家賃支払はしないのがシンプルでよいのではないかということになった。税理士のアドバイスとしては、「それなら、役員給与として出してしまえばよい」とのこと。)

◆会社の規程

出張の規程とか。各種補助の規程とか。
私がかなりアグレッシブなので、税理士さん苦笑いの巻。
思いついたやつは、規程を作って補助してみることにした。
給与課税されることはあるかもしれんが、損金性まで否定されることはないでしょう、といわれた範囲でギリギリまでやる。やったる。

このブログさあ。もし税理士さんが見たら、私が書いたってバレバレなのでありますが「見てますよ~」とか言わないでくださいね。お願いしますね(´・ω・`)

超高金利のアレが9月末で終了だそうで【アフィリエイト節税情報】

今年800万以上儲かりそうなアフィリエイターさんにご連絡なんですけどさ。

実質的に超高金利ということで知られる中小企業倒産防止共済(セーフティ共済)がなんと10月1日より改悪です。

節税したい方はとりあえず、ハンコ持って銀行に走ったほうがいいと思いますのです。

制度改正(前納減額率の見直し)のお知らせ 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

http://www.smrj.go.jp/tkyosai/announce/101344.html
詳しいことはリンク先見てググって欲しいわけですが、1年分前納することで割引があって、その利率がこれまで年利3.25%だったところ、年利0.585%相当になるというね。

いや、銀行金利を考えたら、0.585でも十分高いじゃんってことですが。

セーフティ共済は、節税目的での利用については税理士からも賛否両論あり、私の顧問税理士は反対派です。

(長期間引き出せないお金になってしまうので、資金繰り悪化の際に困るから。また、引き出すときにはいずれにしても所得になるので、課税の繰り延べにすぎないから、出口戦略がないならやめておくべき、という主張。)

ですが、私は押し切って利用しております。満額利用。もう480万円も突っ込んでおり、今年も240万円やっちまう予定です(゚∀゚)

加入ん時の話は、このブログ内を「セーフティ共済」「倒産防止」などのキーワードで検索してみてください。

(ただ、検索して読んでいただくほど中身のある話じゃない。確か、印鑑登録がいるから三文判買ったとか、子連れで銀行行くのダルいとか、そういう話しか書いてないんだけど。)

あと、これ全額経費になるんで、扶養を超えそうでヤバめの主婦/主夫の方にもおすすめであります。

( ゚∀゚)o彡゚節税!節税!

アフィリエイトの節税方法追記しました

こちら少し追記しました。

こんなアレな記事ですが、もしご参考になりましたら。

貸し倒れ引当金とか、もし入れておられなければと思い、追加しました。

今年いきなりアフィリエイト収益が1000万ぐらいまで増えた人のための節税方法(案)
https://ameno-hi.com/archives/5869

このブログでは無知ゆえに真顔でガセネタ飛ばしていることがあり、そのさいにはどうかご容赦ください。

今年いきなりアフィリエイト収益が1000万ぐらいまで増えた人のための節税方法(案)

コメントをいただいたので、今年いきなりアフィリエイト収益が増えた人のための節税方法を考えてみました。

こっちの記事とあわせてお読みください。

主婦アフィリエイターの節税作戦。アフィリエイト収益38万~200万で税金がかからないようにする方法。

以下は主に私がやった方法、やろうと思ったけどボツにした方法です。

◆PC購入

固定資産にならない額のPCでスペック高いやつ買いました。
さくさく動いて快適です。

◆サーバー契約・ドメイン契約

契約期間をのばす。
ただ、先払い分は1年分までしかその年の経費にしちゃいけない感じ。

◆家事按分

ネット料金も、携帯電話も、家賃も、電気代も、ぜーんぶ家事按分。

◆セーフティ共済

これは課税の繰り延べとも言われますが。
当年分と1年前納で280万円やったと思う。
出口戦略が不明なままですのであまりおすすめしません。

◆小規模企業共済前納

2か月分+1年前納したと思います。
もしかしたら締め切りは11月末だったかも。
そんで、途中で減額したら損するし、途中で廃業したときもあやういし、今後も個人事業主(か法人役員)として5年ぐらい稼ぐつもりがないと損する仕組みだったはず。

◆確定拠出年金

これは口座開設に2~3ヶ月かかるのでもう間に合わないです。すみません。

◆国民年金前納2年分

国民年金は前納できる。2年分。
年の途中だとその年の3月分までだったはずです。
前納の割引あり。
だが翌年の社会保険料が減っちゃって意味なかった気もするの巻。

◆国民年金の滞納分と免除分追納

滞納分があればラッキーなので支払。
学生時代の免除分があれば支払。(←支払える制度があった気がするけど、よくわかんないです。)

◆親兄弟に給与支払

専業主婦の母や姑に103万円支払う。
年金生活でもいい。(厚生年金をもらっていると課税される額になる可能性があり注意。)
無職兄弟がいたらその人にも払う。
一応相応の仕事を作ってやってもらって証拠も残しとくのが安全。

◆親兄弟の給与をさかのぼって支払

これは、ずいぶん以前から青色申告にしていないと使えないのですが。

昨年、一昨年も親に給与を支払っていたことにする。
ということをやりたいですか?と先日税理士に聞かれた。
(いや、そこまではやめておきます、と断ったが。)

確定申告していても3年分は過去にさかのぼって確定申告を直せる。
が、実際には昨年は支払っていないわけで、税務的に大丈夫なのかどうかは不明。
(現金で支払ったってことにするんだろうけど。大丈夫なのかどうか。税理士さんが口にするってことは、大丈夫な言い訳の仕方があるんだろうけれど。)

昨年以前の所得をマイナスにして、損失の繰越控除を使うと今年の額が低くなる。

◆過去にさかのぼって家賃支払

これも青色にしてないと使えないのですが。
昨年やったのでどこかに記事あり。

夫名義の賃貸住宅は、経費にできないと思ってたんだけど、家事按分して経費にしてよいということを知ったので、3年分さかのぼって家賃をずっと支払っていたことにした。

なので確定申告の更正の請求ってのをやった。

前年からずっと損失の繰越控除をやった。

◆ふるさと納税(追記)

まあ普通やるよね。10万ぐらいか。
肉を食べるとアフィリエイト収益が上がるので、ふるさと納税では肉一択です(←数年前に書いたネタ。まだ言ってる)

税理士さんに計算してほしいんだけど、12月初旬に帳簿ついてないと断られたのでした。
じゃあ税理士の意味ないじゃんって思ったけど、まあ、帳簿もなしに計算するのは無理だわな。

◆太陽光発電(追記)

税の達人クロネさんがなさっています。
http://taxindex.org/affiliate-solar/

まあ無理ですよね、マネするのはね。

◆貸し倒れ引当金

これもクロネさんに教えてもらったので感謝。未入金の売上の5。5%。

◆結婚する(追記)

無収入の人と結婚し、扶養家族を増やす。
16歳以上19歳未満の子がいればなおよし。

◆ココナラでポイント購入(追記)

テンプレートのカスタマイズなどで、ココナラをときどき利用しています。

都度カード払いもできるのですが、ポイントを購入しておくこともできます。20万円分ぐらいが上限だったかな。
先払いって今年分として経理してよいかどうか不明ですが。

ココナラご利用の場合、「n992b」という紹介コードを入力していただくと、私からの紹介となり、300ポイントプレゼントされます。私にも300ポイント入る仕組みなのですが。)

◆PPC広告(追記)

グーグルアドワーズで広告出す。
年末になると、8000円のクーポンとか送ってくるので、やろうかと思った。
だけど、失敗したらお金の無駄遣いだし、成功したら成約数が増えて、ますます売上が上がるという無間地獄じゃんと思ってやめましたのです。

ということぐらいしか思いつかないのです。

高いワインを買ってワインのアフィリでもやるかと思いましたが、それってただの浪費じゃんと思ってやめました。

以前この件についてぼやいていたら、税に詳しいクロネさんが「個人だと節税策もその程度しか存在しない」的なコメントをくださったので、ああ、なんだ、そもそも制度がないんだなと分かりました。

その先はもう法人しかないと思うのです(´・ω・`)
(旅費、出張手当、保険、法人の確定拠出年金などで節税の幅が広がるようです。が、税理士報酬や設立費用や社会保険料やモロモロのことを考えると私ぐらいの売上では法人にしてもしなくてもトントンかなという感じです。消費税の免税メリットがあるので一応法人にするわけですが。)

もっと他に画期的な節税策がありましたらぜひ教えてください。