アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円、4年後に月200万円を達成。しかしその後収益低下に見舞われ再起のために奮闘しています。

記事一覧

写真ACが1000円になっていた(最低支払額5000円はまだ遠い)

昨年の今頃だっけか、始めた写真ACが1000円になっていました。

1年で1000円とかwwwwwwwwwwww

だけど、1年たって、どんな写真が必要とされるのかは、漠然とわかったかな。

だけどあれだな。この額ではやる気でないよね。

兵力を投入すれば、月1万はありえない額じゃないけど。
だけど、ゴリゴリ消耗戦やるのは今、私が目指すべき道じゃない。

こっちだこっち。私が目指しているのはこっちだ。

これぐらい言えるようにならねば、本物じゃない。目指しているのはこの境地なのだw

何もしとらん、働いたら負けだからな!今週は勝ったのだ。

医療系のアルゴリズム変更にやられる(被害額1万円)

医療系のアルゴリズムが大幅変更だそうですね。
情報遅いですが、2日ほど前に知りました。

私、いっこだけ医療系のサイトを持っていまして、激減ですな。

このサイトはアドセンス月1万、アマゾン月1500円ぐらいまで育っていたので残念です。

1位表示されてこれだったので、まあ、伸びしろもなかったんですけどね。
メンテナンス不要でこれだけ稼げていたので。

今後、この病気が突然大流行ってこともなさそうですし。

ひとつのサイトに頼ることの恐怖を感じます。

検索結果は現在、病名の単独キーワードで33位。(以前は1位)
「病気名 ブログ」では2位(以前は1位)
画像検索結果では6位です。(たぶん以前からこのぐらいの順位)

しかしさあ、かなりマジメにこの病気について調べて、学術論文も読んでまとめたんだから、1ページ目ぐらいには表示してくれていいのにって思うんですけどね。
学会とかの情報が役に立ちやしないから、サイト作ったわけですよ。Gさんももうちっと評価してくれてもいいのにさあ。
今後順位変動はあるでしょうか。

小規模企業共済の前納制度は今年使えたのかどうか

小規模企業共済に入っています。

年84万円だっけか。それぐらい払っております。

そんで、それは年払いにしていて、毎年年末に引き落とされておるのだけれど。

それとは別に、前納制度があるってのを知った。

少しだけ利息もつくらしい。

「一定割合の前納減額金を受け取ることができます。」って公式サイトにはあるのだが、0.09%のようだ。

(わかんない、制度が変わってたら違うかも。)

そんで、0.09%なんて小さいが、銀行預金を考えたらなかなかの数で、そんで、よくわかんないけど、今年前納したら、その分も今年の所得から引けたのかね。
それはないのかね。

もう遅いみたいだから、今年のことはもう無駄なんだけど、2年分相当が控除できるとか、そういううまい話があったら夢のようだなあと思ったのでありました。

KAETEN WPの改行が反映されない。brタグが無効になることの解決法。

KAETEN WPを既存サイトに適用したときにbrタグって反映されないんだよね。

だから

テスト

テスト

とPCでは表示されるのにスマホでは

テスト↓テスト

になってたりする。

これを解決する方法。

.article-body p{margin:0 0 20px 0;}#container br{display:block;}

を入れる。
入れる場所は、外観→その他オプション

なのだそうだ。
マニュアルに載っているのだそうだ。

私さあ、WPテーマいじるときは今もゆびがふるえるんだけど、今日もさっき変になって超絶こわかったんだけど、なんとかやりきったの巻。

記帳方法 口座間の移動とか売上とか

◆自社のA銀行普通預金口座から自社のB銀行普通預金口座に1万円を振り込んだ場合

→普通預金 B銀行 10000/普通預金 A銀行 10000

◆売上があった場合

→普通預金 A銀行 50000/売上 50000

これでいい。はず。

ねえ、このレベルで会社の記帳やってるとかこわすぎ(´・ω・`)

アフィリエイトの会社から子どもに給料を出すことはできるのか(いや、さすがの私もそこまではやらないが)

アイデアだけで、本当にやるのは問題だろうけど、会社から子どもに給与を払うのは可能だろうか、と以前税理士に相談したら、それはダメだろうといわれた。

若年労働の禁止みたいな、児童の酷使ですか、労働基準法違反でしょ、的な。かなり問題な感じ。

じゃあ、子役ってどうやってお金もらってんのって話で、請負でしょ、請負の報酬ならどうですかって話をしたら、それはまあ違法ではないでしょうと。

ではそれでいくらなら無税で渡せるか、考えてみた。(今この話しなくてもよいのに、完全に現実逃避)

所得税の基礎控除が38万だから、38万ならいけるのかなと思った。

そんで、幼稚園以上であれば勤労学生控除27万円もいけるでしょうと思った。

じゃあ、65万かって思ったら。

そうじゃないのね。住民税のほうで問題が生じる。

住民税の控除額は33万円。非課税限度額は35万円。

じゃあ、35万円かと思ったら、これも違ってた。

未成年は、非課税限度額が125万円なんですと。

ということは、やっぱり65万いけるのか。

ちなみに、勤労学生控除は、「学校教育法上の学校」が条件だから、幼稚園に通っている子はいける(と税務署の相談窓口で聞いた)。

聞いてないけど、たぶん保育園の子は無理なんだよね。

なんで急にこんなこと考え始めたかっていうと、年末でさ。

レシートの糊付けが面倒だなっていう、そういう時期が来たわけですよ。

子どもにさあ、レシートの糊付け手伝ってもらいたいなあと思う。

今年は無理でも、将来的にはさ。

そんで、そんなときに報酬を払いたいなあと思った。

すごく前に税理士にこれを相談したら、先生が若干引いてたから、もう相談はやめようと思う。

(ちなみに、先生に相談したのは「報酬ならOKでしょ」のとこまで。それ以降は私の調べた内容。)

個人事業だと子どもにお金払えないけど、会社にしたら払えるよね、という。そういう話でした。

さああて、ムダなことしてないでちゃんと仕事しよっと。

追記。

そんで考えていたんだが、勤労学生控除の条件である「給与所得などの勤労による所得」にあたるかなって考えていたんだけど、これは大丈夫らしい。
(所得税法2条1項32号)

だが、実際に払うとなると、会社のほうでは源泉徴収をして、10%差し引いて、それから子どもに払って、子どものほうでは来年確定申告をしてその数万円を取り戻すと。

そういう手続きになるわね。

それって超絶メンドクサイですね。

やらない。やらない。さすがの私もそれはやらないw

が、可能性を検討できたのは収穫であった(違うぜ。時間の無駄遣いだぜ。)