カテゴリー:アフィリエイト収益で扶養外に!?の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円を達成しました。

  • アフィリエイト収益で扶養外に!?

カテゴリー:アフィリエイト収益で扶養外に!?

アフィリエイトの節税方法追記しました

こちら少し追記しました。

こんなアレな記事ですが、もしご参考になりましたら。

貸し倒れ引当金とか、もし入れておられなければと思い、追加しました。

今年いきなりアフィリエイト収益が1000万ぐらいまで増えた人のための節税方法(案)
http://ameno-hi.com/archives/5869

このブログでは無知ゆえに真顔でガセネタ飛ばしていることがあり、そのさいにはどうかご容赦ください。

今年いきなりアフィリエイト収益が1000万ぐらいまで増えた人のための節税方法(案)

コメントをいただいたので、今年いきなりアフィリエイト収益が増えた人のための節税方法を考えてみました。

こっちの記事とあわせてお読みください。

主婦アフィリエイターの節税作戦。アフィリエイト収益38万~200万で税金がかからないようにする方法。

以下は主に私がやった方法、やろうと思ったけどボツにした方法です。

◆PC購入

固定資産にならない額のPCでスペック高いやつ買いました。
さくさく動いて快適です。

◆サーバー契約・ドメイン契約

契約期間をのばす。
ただ、先払い分は1年分までしかその年の経費にしちゃいけない感じ。

◆家事按分

ネット料金も、携帯電話も、家賃も、電気代も、ぜーんぶ家事按分。

◆セーフティ共済

これは課税の繰り延べとも言われますが。
当年分と1年前納で280万円やったと思う。
出口戦略が不明なままですのであまりおすすめしません。

◆小規模企業共済前納

2か月分+1年前納したと思います。
もしかしたら締め切りは11月末だったかも。
そんで、途中で減額したら損するし、途中で廃業したときもあやういし、今後も個人事業主(か法人役員)として5年ぐらい稼ぐつもりがないと損する仕組みだったはず。

◆確定拠出年金

これは口座開設に2~3ヶ月かかるのでもう間に合わないです。すみません。

◆国民年金前納2年分

国民年金は前納できる。2年分。
年の途中だとその年の3月分までだったはずです。
前納の割引あり。
だが翌年の社会保険料が減っちゃって意味なかった気もするの巻。

◆国民年金の滞納分と免除分追納

滞納分があればラッキーなので支払。
学生時代の免除分があれば支払。(←支払える制度があった気がするけど、よくわかんないです。)

◆親兄弟に給与支払

専業主婦の母や姑に103万円支払う。
年金生活でもいい。(厚生年金をもらっていると課税される額になる可能性があり注意。)
無職兄弟がいたらその人にも払う。
一応相応の仕事を作ってやってもらって証拠も残しとくのが安全。

◆親兄弟の給与をさかのぼって支払

これは、ずいぶん以前から青色申告にしていないと使えないのですが。

昨年、一昨年も親に給与を支払っていたことにする。
ということをやりたいですか?と先日税理士に聞かれた。
(いや、そこまではやめておきます、と断ったが。)

確定申告していても3年分は過去にさかのぼって確定申告を直せる。
が、実際には昨年は支払っていないわけで、税務的に大丈夫なのかどうかは不明。
(現金で支払ったってことにするんだろうけど。大丈夫なのかどうか。税理士さんが口にするってことは、大丈夫な言い訳の仕方があるんだろうけれど。)

昨年以前の所得をマイナスにして、損失の繰越控除を使うと今年の額が低くなる。

◆過去にさかのぼって家賃支払

これも青色にしてないと使えないのですが。
昨年やったのでどこかに記事あり。

夫名義の賃貸住宅は、経費にできないと思ってたんだけど、家事按分して経費にしてよいということを知ったので、3年分さかのぼって家賃をずっと支払っていたことにした。

なので確定申告の更正の請求ってのをやった。

前年からずっと損失の繰越控除をやった。

◆ふるさと納税(追記)

まあ普通やるよね。10万ぐらいか。
肉を食べるとアフィリエイト収益が上がるので、ふるさと納税では肉一択です(←数年前に書いたネタ。まだ言ってる)

税理士さんに計算してほしいんだけど、12月初旬に帳簿ついてないと断られたのでした。
じゃあ税理士の意味ないじゃんって思ったけど、まあ、帳簿もなしに計算するのは無理だわな。

◆太陽光発電(追記)

税の達人クロネさんがなさっています。
http://taxindex.org/affiliate-solar/

まあ無理ですよね、マネするのはね。

◆貸し倒れ引当金

これもクロネさんに教えてもらったので感謝。未入金の売上の5。5%。

◆結婚する(追記)

無収入の人と結婚し、扶養家族を増やす。
16歳以上19歳未満の子がいればなおよし。

◆ココナラでポイント購入(追記)

テンプレートのカスタマイズなどで、ココナラをときどき利用しています。

都度カード払いもできるのですが、ポイントを購入しておくこともできます。20万円分ぐらいが上限だったかな。
先払いって今年分として経理してよいかどうか不明ですが。

ココナラご利用の場合、「n992b」という紹介コードを入力していただくと、私からの紹介となり、300ポイントプレゼントされます。私にも300ポイント入る仕組みなのですが。)

◆PPC広告(追記)

グーグルアドワーズで広告出す。
年末になると、8000円のクーポンとか送ってくるので、やろうかと思った。
だけど、失敗したらお金の無駄遣いだし、成功したら成約数が増えて、ますます売上が上がるという無間地獄じゃんと思ってやめましたのです。

ということぐらいしか思いつかないのです。

高いワインを買ってワインのアフィリでもやるかと思いましたが、それってただの浪費じゃんと思ってやめました。

以前この件についてぼやいていたら、税に詳しいクロネさんが「個人だと節税策もその程度しか存在しない」的なコメントをくださったので、ああ、なんだ、そもそも制度がないんだなと分かりました。

その先はもう法人しかないと思うのです(´・ω・`)
(旅費、出張手当、保険、法人の確定拠出年金などで節税の幅が広がるようです。が、税理士報酬や設立費用や社会保険料やモロモロのことを考えると私ぐらいの売上では法人にしてもしなくてもトントンかなという感じです。消費税の免税メリットがあるので一応法人にするわけですが。)

もっと他に画期的な節税策がありましたらぜひ教えてください。

創業支援事業で認定されると法人設立が安くできるらしい

市区町村の創業支援事業があって、なんか講習を受けると、法人設立費用(登録免許税)が半額になるらしい。

んで、調べているところ。

しかしさあ。
この忙しいのに、何回もセミナーとか行けるんかね。子連れでさ。

と思っていたらさ、

創業5年以上、すなわち個人事業の改行から5年経っているとダメかもって言われたの巻。

個人事業の開業からはねえ。5年たってるねえ。

たださ、登録免許税(合同会社の場合6万が3万に)っていうだけなので、その3万のためにマジでいくのかい、おいって気もしている。

今さあ、4時間(+その倍ぐらいの移動時間)をかけて3万円の仕事って、断るレベルで忙しいです。
だってさあ、年末だし。年賀状書かなきゃいけないし。お節も作んなきゃいけないし。掃除もさ、掃除もね、しなくちゃいけないんだよね(←なんという難題。)

============
相談先はいろいろあったけど、信金に問い合わせしたらわりと好印象だった。
とりあえず相談来ませんかといわれたので、子連れでいってくる@今週

源泉税を外注先に支払う段取り中

外注先っていっても兄弟なんだけどね。別居の未婚のね。
どうすんだろうね。
って、私が心配することじゃなく、本人が考えてんだろうけど、まあ、心配だよね。
今は両親と住んでるからいいけどさ、ねえ。

んでまあ、今年は報酬支払うって話を税理士さんにして、どかーんと払うわけですが。
(このさあ、どかーんと払うための仕事をつくるのがまた大変だったという、指示するだけでもさ。)

で、イラスト書いてもらったり、写真撮影してもらったり、源泉所得税のかかりそうな内容なので、初めて源泉税を払います。

税務署に聞いたところ、どうやら届出書を出す必要があるらしい。
あと、納付書はネットでは公開されてなくて、税務署に頼んで送ってもらうらしい。(というか、取りにいくのが普通のようだが、家から出たくないのですよ。)

で、電話したら、届出書も納付書も送ってもらえることになった。

源泉税の納付は、支払った翌月10日まで。
わりとタイトスケジュールですな。

あれだねえ。いろいろ勉強になるねえ。

児童手当の計算2016年版(もはや趣味)

またしても計算します。

何度もやっています。児童手当の話です。

昨年こんな記事を書きました。

私の収入が増えたら児童手当はどうなる!?問い合わせ結果

今年の分も計算しておきましょう。

経費250万円(見込)
セーフティ共済 240万円(年末に判断)
小規模企業共済 84万円
確定拠出年金 80万円
社会保険料 8万円
——————————–
合計 662万円

社保はなぜいつも8万に圧縮されるのだろう(´・ω・`)

私ことし50万ぐらい払うのにさ(´・ω・`)

さて、子1人だと、660万円のとこで所得制限がかかります。

jidoteate_shotokuseigen

ということは、売り上げが1322万円を超えそうなら、法人化するなどの処置が必要になりますね。

今年の売り上げは、

・1月186万ぐらい
・2月178万ぐらい
・3月150万ぐらい?

だと思います。

ここまでで514万円。ぐらい。

4月以降減ると思ってるんだけど、様子を見つつ、7月とか8月とか9月とかに法人設立せねばならん。かもしれん。

ということは、もうそろそろ、法人化に向けて税理士とか探さねばならんということだ。

昨年末の税理士祭りんときに見つけたD先生でいいかなあ。

それとも、もうちょっと探すか。正直疲れているんだが。

だれか私に税理士さんを紹介してください(´・ω・`)

所得税無事に引き落とされるの巻

zei_mizuho

がつんと減りましたぜ。

振り替え依頼書を郵送するとき、書留代をケチったバカな人がいましてさ。

届いてなかったらどうなるんですかとか、迷惑な電話を税務署にかけたって話がありましたよね。

確定申告後に所得税の振替依頼書が税務署に届いていないとどうなるか聞いてみた

ほんと迷惑な話ですね。

無事に引き落とされていて、ほっとしました。

記帳する日/法人化するならいつか

今日は記帳するぞって思ってたのに、普通に記事書いて13時だ。どうしていつもこうなんだ。

今から頑張ろう。

さて、法人化の話ですけどね。

以前調べたところでは、子どもは夫の扶養にしなきゃいけないのね。
夫が年収制限ぎりぎりだからさ。(去年はね。去年の話。今年はどうなるか知らないよ、ほんと、こわいわ。)

http://ameno-hi.com/archives/4610

そんで児童手当の維持のため、私の所得は622万におさえる必要があります。

経費が確定しないとよくわからんけど、売上1000万ぐらいのラインかなあ。

1月売上160万ぐらい、2月売上120万ぐらいかなあと思っています。

売上月160万が続くと、7月に売り上げ1000万を超えますね。

売上月120万が続くと、9月に売り上げ1000万を超えますね。

法人化するなら10月なんて思っていましたが、もうちょっと前倒しが必要かもしれないですね。

もしくは、児童手当のことはもうあきらめて、来年1月とかに法人化ですかね。

ほら、2017年4月に消費税が10%になるじゃないですか。

節税メリットも計算に入れ、児童手当のことも計算し、あれこれやると、もしかするとまだ先のほうがいいのかも。

これは、税理士さんに相談しようと思います。

それにしてもさあ。

消費税が10%になるかどうかわかんないし。

私の今年の収入も来年の収入もわかんないし。

夫の今年の収入も来年の収入もわかんないし。

変数が多すぎて、シミュレーションできないよ。

とりあえず、4月になったら税理士さんに相談だ。
(だが税理士さんも数式を入れたら答えの出る魔法の箱ではないのだ。)

今年38万を超えそうなら、今すぐ青色申告の申請をすればいいんじゃないか、という思いつき

以前から考えていたことなんだけど、今年収益が上がって38万を超えそうで、扶養のことで悩んでいる専業主婦(とか、以前無収入だった人)って、来年を待たずに今年のうちに開業届と青色申告申請書を出せばいいんじゃないのでしょうか。

去年は、かんなちゃんが青色の申請を出していないって年末に言っていて、hanakoさんも青色にしてなかったから大変みたいなことを書かれて、そりゃ大変だわって思ったんだけど、その時は知識が足りなくて思いつかなかったんだけど、今年になってコタツさんが同じようなことを言っていて、思いついた。

これまでに開業届を出していないっていうのが大前提なんだけど、そういう人って、今すぐ税務署に行って、開業届と青色申告の申請書を出せばいいんじゃないのか。

そうすると、今年の分から65万控除が受けられる。はず。

参考→「アフィリエイターは年の途中で承認申請書を出しても今年から青色申告できますか?

そしてポイントは、日付を遡って、2ヶ月前に開業したことにすること。

開業届は、開業から2ヶ月以内に出すというルールのはずだから、2ヶ月前までは遡れる。はず。

とすると、今日出すなら、10月8日開業になるんだろうか、10月7日だろうか、よくわからんけど、10月開業になる、はず。

そうしたら、その開業の日以降の収入は青色申告で消せて、それ以前の収入は雑収入ってことになるんだろう。たぶん。

青色申告を前倒しで始めることのデメリットって、とりあえず私には思いつかない。

今からでも遅くないので、税務署に駆け込むべきでは、と思ったわけだけど、いつもいつも自分がガセネタ書いてんじゃないかという恐怖があって、内容については保証できませんがすみません。

[追記]
コメント欄で、サラリーマンの方についての注意事項をいただきました。
また、開業届を出しただけで扶養外となる健保もあるとのコメントもいただきました。(←これはとても大切ですね。)
ありがとうございます。
この記事のままに突撃すると危険でした。申し訳ありません。

[追記15/12/12]
コメント欄で、3月15日までの青色申請でないと、やはり今年の分の青色申告特別控除は受けられないようだというコメントをいただきました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

質問サイトなどで「年の途中から青色申告にしても、その年の65万円控除は受けられますか?月割りにするのですか?」みたいな質問があり、特別控除が受けられるのではないかと思ってしまったのですが、どうやら違うようです。
(おそらく「1月2日~3月15日のあいだに開業した場合、年の最初から申請しているわけではないが、3月15日までに申請さえすれば、青色申告特別控除65万円がまるまる受けられる」という状況を想定した質問なのかと思いました。これもまた確信が持てずすみませんが。)