専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円、4年後に月200万円を達成。しかしその後収益低下に見舞われ再起のために奮闘しています。

息子の保証人になるために法人化を考える

法人化、法人化って、もはや趣味かって感じですが、法人化の話です。

今日ふいに思いついたんだけどさ、60すぎまで法人役員やれるなら、法人化したいと思った。

というのも、うち、親戚がすごく少ない夫婦なんですよね。

今の家(賃貸)を借りるときも、保証人が立てられなかったレベル。

そんで、夫婦とも兄弟がいなくて(正確には、いることはいるんだけど、フリーターだったりして)、今度引っ越すときはどうしようかねえ、みたいな感じ。

それで思ったのですが、うちの息子(2歳)が成人して家を借りるようになったら、すんごく困るんじゃないかな、と。

20年後だとすると、夫は60才オーバーだから、仕事してるかもしれないけど、仕事してないかもしんない。

息子の叔父叔母にあたる人も上に書いたようなあんばいで、頼りにできるかどうか分からない。
いとこもいるかどうかわからない(現時点ではいない)

と、ここで「法人役員の母親」の私が颯爽と登場ですよ。

不動産借りるときって、手持ちの貯金よりも、定収入が大切なんだって不動産屋さんに言われた。

だから、今収益を上げて、法人にプールしておいて、20年後ぐらいに年数百万円ずつ役員報酬として支払っていったらどうかな?という。
年収500万円の母親(50代法人役員)なら、保証人になれるだろう。

・・・(´・ω・`)

浅知恵やね。まったくの浅知恵だわ。

でも、このプランを考えたら、急に責任感みたいなものがぐわ~っと湧いてきて、「私が家族を支えなきゃ!」みたいなね。
新鮮でした。

いざとなったら、私、家族を背負って、ついでにフリーターの兄弟の老後も背負って、頑張っていかなければいけないわ。
(注:背負われるほうは特にそれを望んではいない。)

あれだ。
私、就職のときは会社の寮があったから、保証人がいらなかったんだよね。その後はルームシェアしていたから保証人いらなかったし。

保証人って、20年後も続く仕組みかなあ。減っていくのかなあ。
心配しすぎかもしれないし、それを目的に法人化するようなモノじゃないけど、なんか、考えてしまうのでした。

関連記事

コメント

    • ほげ
    • 2015年 10月 10日

    こんにちは。
    最近は保証人をたてずに保証会社を利用するという方法も一般的になってきた気がします。手数料が1~2万円ぐらいかかりますけど、大手の不動産会社だと大体系列の保証会社がありますよね(もしかしたら、くりかのこさんも現在のお家を借りられるときにご利用されたかもしれませんが)。
    自分はリクルート系列の賃貸物件、三井不動産系列、レオパレスでそれぞれ系列の保証会社を利用して部屋を借りました。親が引退して以降は、親戚に頼むのも面倒だったので、保証会社を利用しています。借りる本人に定期収入があれば、まず問題ないと思います。
    特に20年後ともなれば少子化も進行しているでしょうから、親世代が引退している若い世代が保証会社を利用するケースも増える気がします。もちろん親が保証人になれれば、それに越したことはないと思いますが。

      • kanoko
      • 2015年 10月 11日

      こんにちは。コメントをいただきありがとうございます。
      はい、保証会社を使いました。1万5000円ぐらいでしたかね。安いのか高いのか、という感じでしたが。
      ただ、毎年1万5000円とられる(だったと思います)のが痛いです。

      たしかに、少子化が進みますし、保証会社の利用はもっと増えてくるのかもしれませんね。そうだといいのですが。
      先のことばっかり心配しています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール


41歳専業主婦+アフィリエイター。
ちまちまやっているうちにアフィリエイト収益が月200万超を記録。その後急落し迷走中。
詳しいプロフィール

定期巡回先

私のブログよりはこちらの皆さんのブログのほうがお役に立つとおもいます。

アフィリエイト執事ブログ

パルどうSEOブログ

引き篭もりアフィリエイター

毎日眠い

育児中ママの新しい働き方*ママノマド

奥さまはアフィリエイター

アフィリエイト野郎

http://cozydays-labo.com/

http://affiliate-roman.com/

http://taubii.hatenablog.com/

※こんな陰気なブログにリンクされたくないよって方はお申し出ください。すみません。