アフィリエイトやりすぎ。家事ができない。夫の本音。

公開日: : アフィリエイト日記

アフィリエイトのやりすぎで家事ができません。

睡眠不足もあり、気分がやや下がっています。
まあそうだわな。ずっと扶養のことばかり考えていたわけで・・・。病むよそんなことばっかりやってたら。

それで、家事ができません。
今日は掃除機かけてません。
離乳食中の息子が食べこぼすのですが、床拭いてません。
アイロンかけてません。
夫には夕食は外食してもらい、私は冷凍うどんを食べました。

終わってますな。

この件で、夫は私に不満を持っています。
もともと、「家事の大好きな奥さん」と結婚したかった人です。
妻は専業主婦じゃないとイヤなのだそうです。

(それで、不安定職というのはどういうことだ。
一緒に不安定を楽しめということなのか。)

とりあえず昨日、私がもうヤダヤダ家事やりたくないよ状態になり
暴れまわったので、「明日から外で食べるからいいよ」と言われました。

そして「そんなに辛いなら仕事はやめたらいいよ」とも。

アフィリエイトを続けるのは、辛いような気もします。
その一方で、ここまで築き上げたブログの集客を全部捨てて
無収入に戻るのはもったいなさすぎます。

だって、3月はアフィリエイトで70万稼げたんですもん。

夫が簡単に仕事をやめれば、と口にするのは、夫と私の職業観の違いという気もします。

夫はイヤな仕事はやらないという人。
仕事をしているのは、楽しいから、これがやりたいから、というスタンス。

一方で私は、何となく人生が全般に苦行モードです。
基本的に悲観主義ですし、仕事で辛いのは当たり前と思っています。

どうしてこう違うのでしょう。

就職活動時期の違いかなあ。夫はバブル期、私は就職氷河期です。
あとは家庭環境もありそうです。

いずれにしても、夫は、私がアフィリエイトを一切やめて、家事をきちんとして、家でニコニコしているのが幸せでしょう。

その簡単なことが現在できません。
さてどうしたものか。

関連記事

アフィロックですね。Twitterアカウント(期間限定)作りました

アフィロック開始まであと36時間ぐらいですね。 合ってます?36時間だよね。 天気予報を見た

記事を読む

no image

力を入れて書いたアフィリエイト記事が不発!原因は?

クローズドASPで提携している高額案件なのですが レビュー記事を書いたら反応がイマイチで 広

記事を読む

no image

パート内定3時間後に取り消しとなりましたつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

今日面接にいったパート先ですが。 午前に面接で即決で採用となり、来週からね、来週!って思って帰

記事を読む

no image

楽天アフィリエイトも記入

楽天アフィリも記入完了。印刷はまだ。 しかし、楽天アフィリはメールの数字とこの数字が合わない。

記事を読む

no image

確定申告の配当控除で迷って、やっぱりあと15000円税理士さんに払ってお願いしちゃえばよかったかもと思った話

確定申告は無事に終わったのですが、自分のやった申告が税金面でトクだったのか損だったのか、いまいち判然

記事を読む

no image

ロリポップサーバーにデータベースのバックアップ延長を頼んでみた【サイト盗用問題】

サイトをパクられた問題の続きであります。 ほげみさんがコメントで、データベースのバックアップ期

記事を読む

no image

さやっこさんの旦那さんはアフィリやるべきか?私が考えたこと

主婦アフィリエイターさやっこさんの記事を読んで、すんごく考えた。 「人にとって職業とは?」ネタ

記事を読む

no image

アフィリエイト収益額のページを更新しました(2014/4/4)

2月、3月のアフィリエイト収益額をまとめページに追記しました。 ↓ 「私のアフィリエイト収益額」

記事を読む

no image

カエテンWPとともにルレアを売ろうと思ったけどやめた話

カエテンWP-JOYの話です。しつこいですね。すみません。 KAETEN WP版は私に入る報酬

記事を読む

no image

リンクシェアのレビューコンテストで全員に300円!

リンクシェアの「【DHCオンラインショップ】DHC商品レビューコンテスト」ってのを見つけました。

記事を読む

Comment

  1. ぐうたこ より:

    70万円稼げているのでしたら、もっともっと自信を持たれても良いと思います。
    ただでさえ、1円稼ぐのが大変だと言われている業界で、そこまで実績を上げていることの素晴らしさを、夫さんに伝えてあげたいものです。
    このブログを見ていても、情報のある見やすい記事を書かれていますし、アフィリエイトでの記事の書き方も丁寧で上手いのだろうなと思います。

    全く境遇は違いますが、そもそもは稼げずに悩んでいる人が多くいますし、僕もその一人で眠れないような事もあります。余計なお世話になるかとは思いますが・・・しばらくは家事・家庭との両立に努めてみては、と思います。事情知らないので大きく言えないけど、つい口を挟んでしまうタイプなもので(^_^;)
    少し収入が減る結果となっても、小さなお子さんがいらっしゃるのであれば、やはり育児を一番に考えてあげるべきだと思います。両立は難しいかもわかりませんが、少しずつ考えてみてはどうでしょう。

    • くりかのこ より:

      ぐうたこさま

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      励ましてくださってありがとうございます。一時的にナーバスなだけなので、大丈夫です(^ ^)読まれるだけで恥ずかしいのでスルーしてやってください。(じゃあなんでブログで公開してるんだって話。)

      そういえば、以前ナーバスだったときに、こういう記事を書いていました。
      アフィリエイトの落とし穴―稼いでも稼いでも安心できない―

      ですが、その数日後にはこんな記事を書きました。
      覚悟のない人はアフィリエイトを始めちゃダメ!かも・・・

      定期的に悩んでうじうじする人生のようです。面倒です。
      それにしても、過去記事で「私、必要になったらCakePHPぐらい勉強するよ」とか大見得切っています。今読み返して焦りました。

  2. ぐうたこ より:

    それを聞いて安心しました、良かったです(^^)

    でも、家事との両立は本当に考えてみてくださいね。赤裸々に語ってくれていて、リアルに伝わるので自分の事考えさせられるんですよね。僕も丁度悩みを抱えていたので、ついついコメントしちゃいました。
    僕も時々、一時的に思いつめてしまう事あるので気持ちは分かりますよ。在宅だと人とコミュニケーションあまりとらないから、なおさら色んな人と話したり、こう言うブログで発散する事って大事だと思います。

    >アフィリエイトの落とし穴―稼いでも稼いでも安心できない―

    こちらの記事で紹介された「アフィリエイトとある男の10年間の話」はとても刺激的ですね。恐怖もあれば「それはそうだろう」と思う部分もありますが。そう言う意味では、大変ではありますがクラウドソーシングは悪くないのかもしれませんね(僕の今の本業です)。もちろんどちらもいつコロッと仕事が変化するか分からない不安がありますが、それはどこの業界でもほぼ同じ事ですからね。

    • くりかのこ より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。そうですね、クラウドソーシングにはそのようなメリットがありますね。ただ、私なんかは、クラウドソーシングでまともな記事が書けるなら、アフィリサイトをがっつり作ればいいのになんて考えてしまいますね。どちらが正解というものでもないでしょうが・・・。

  3. コミィ より:

    こんにちは。私も家事よりもアフィリを優先したくてイライラすることばかりです。下世話な話ですが、やはり家事には報酬がないからやる気が起きないようです。私の場合。金の亡者ですみません(笑)。

    せめて感謝の言葉とかほめ言葉があればやる気UPするのですが、専業主婦希望の男性って、その手の言葉を期待しては無駄ですね。家事をやってほしいのは自分がやりたくないからで、自分がやりたくない仕事には価値を見出せないから感謝の言葉もないのかなぁっと。やって当たり前なんですよ。夫を見ているとそう感じます。

    バブル期入社組とは仕事でも絡みましたが、前向きで自信過剰気味な方が多いです。転職してステップUPするのが当たり前な感じ。私なんてリストラを心配しているのに。常に強気なので、すごいなぁと思いながら仕事をしていました。

    妻に家事を十分にしてもらうためには、報酬(コンビニスィーツで十分)と感謝の言葉が必要です。意外と安いもんですよね。

    • くりかのこ より:

      コミィさま

      こんにちは、コメントいただきありがとうございます。
      そうですね、報酬が見えない家事は、どうもやる気が出ませんよね。私も金の亡者なのでよく分かります(笑)
      バブル期の人って、そうですよね。前向きで、独特のパワーがありますね。あの楽天的なのをわけてもらいたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 管理人:くりかのこ

    39歳専業主婦+アフィリエイター。
    ちまちまやっているうちにアフィリエイト収益が月200万超を記録。収益低下におびえつつ暮らしています。
    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑