SOHO(自営)の妻(夫)は扶養に入れるのか?

SOHO(自営)開業者の扶養(社会保険上の扶養)について、
こんなページを見つけました。
↓  ↓  ↓
個人事業主を扶養家族にしたい|専門家ProFile

奥さんが会社員(年収400万)、
旦那さんは、売上130万超、事業所得40万(控除後0円) のご家庭のご相談です。

旦那さんを奥さんの扶養家族にできないかというご相談でした。

うちとほぼ同じパターンですね。

回答はこちら

恒常的な収入のうち事業所得などで所得を得るために経費を要するものについては、社会通念上明らかに当該所得を得るために必要と認められる経費に限りその実額を総額から控除し、当該控除後の額をもつて収入とすること。

とされます。

この場合の、社会通念上明らかに当該所得を得るために必要と認められる経費として、仕入などの売上原価、給料、外注費、地代家賃、水道光熱費、旅費交通費、通信費、消耗品費などで事業に直接かかわるものとされています。(身内に支払ったものを除きます。) 租税公課、広告宣伝費、接待交際費、減価償却費、支払利子などは認められないとされています。

(佐々木保幸税理士回答より引用)

あら~?
私が以前税理士相談で聞いてきたのとは ちょっとニュアンスが違うみたい。

経費すべてが引けるわけじゃないんですね。
これは根拠は何だろう?どこからの引用なのか、調べなきゃ。

ちなみに、夫の元勤務先の文書を見てみると、こんな感じでした。
(あ、退職したらこういう社内文書って本当は持ってちゃいけないんですよね^^;
ですが、諸事情により所持も公開もOKと判断しました)

扶養認定にあたり控除不可の経費

減価償却費、貸倒金、利子割引率、租税公課、
宣伝広告費、接待交際費、損害保険料、福利厚生費

扶養認定にあたり場合により控除可の経費

給与、賃金、旅費交通費、光熱費、通信費、修繕費

※会社が個別判断する。
※給与・賃金であっても、事業主にその仕事ができる余裕があるにも関わらず他に仕事をしている場合は、経費として認められない。
※光熱費は、事業所と住所が明らかに異なる場合のみ。
※旅費交通費は、車でものを販売する等、直接的に必要不可欠な場合のみ。

なんだかなあ。難しいなあ。
夫の転職先が、認定の厳しい会社でなければいいのですが。

関連記事

no image

自営業の妻は扶養に入れる?夫の転職先の扶養判定がゆるい(嬉)

アフィリエイトで稼ぎすぎて、現在、扶養を外れそうになっております。 これまでもたびたび話題にしてい

記事を読む

no image

アフィリエイト収益が伸びすぎたら大変。扶養を抜けるまでに調べるべきこと

扶養をはずれるまでに、以下のことについて 調べておく必要があります。 ・文芸美術国民健康保険組加入

記事を読む

アフィリエイトの確定申告。私が使っているExcelテンプレートはこれ!

主婦でアフィリエイトしていて扶養を抜けそうというMさんから、アフィリエイトの経理の件でご質問をいただ

記事を読む

no image

税理士に苦笑された話

そんで思い出したけど、税理士さんとこ行ったときにさ。 こういう節税策を考えてて、こうやりたい、

記事を読む

no image

アフィリエイト収益、今年はいくらまで無税なのか?税理士さんに相談しました【その6】

税理士さんの無料相談で、アフィリエイト収益について相談してきました。 「今年はどれだけ稼いでも無税

記事を読む

no image

国民年金2年分(376,060円)を支払うの巻

国民年金から口座振替通知書が来た。376,060円です。 4月末にどーんと引き落とされ

記事を読む

no image

アフィリエイトで扶養を外れないようにする方法~信用できないところからは早めに回収~

アフィリエイト報酬発生額が、今月ついに30万円を超えました。 そこで気になるのが扶養の問題。 月

記事を読む

no image

主婦アフィリエイター(三号被保険者)が130万を超えたら、いきなり法人にした方が得じゃない?という思いつき

ふいに思いついたんですが、サラリーマン夫の扶養に入っている主婦アフィリエイターが扶養を超えるほど稼い

記事を読む

no image

創業支援事業で認定されると法人設立が安くできるらしい

市区町村の創業支援事業があって、なんか講習を受けると、法人設立費用(登録免許税)が半額になるらしい。

記事を読む

no image

義母を夫の扶養に入れる大作戦!結果は失敗

昨年、夫の収入が激減しまして、 年間の手取りベースで以前の37%ほどとなっています。 以前もとくべ

記事を読む

Comment

  1. コミィ より:

    こんにちは。もう10年も前の話ですが出産前に務めていた会社では健保組合の扶養問題が浮上しました。別居している親を扶養にしている方を中心に調査が入ったの。年金暮らしの場合、国保に入るのが基本なのですが、子供の扶養になれば負担ゼロですからね。当時独身だった私は、皆さん、こんな風に節約していたのか!って感心していました。
    そのときに、自営業の場合は、収入にかかわらず、一律扶養はダメというお達しも出たのね。健保組合の財政難が原因のようです。
    その健保組合はその会社だけの健保だからとても自由度が高かったと思われます。一部上場企業なのでアコギなことはしていないはず(苦笑)。
    国保に入っても何のメリットもないから、社保に入れるように、ゆるい規約の会社にご主人が勤めてくれるといいですね。

    • くりかのこ より:

      コミィさま

      こんにちは。コメントいただき、ありがとうございます。

      >自営業の場合は、収入にかかわらず、一律扶養はダメというお達し

      厳しいですね!ネットで同じような書き込みをされているのをいくつか見かけましたので、そういう会社も一定数ありそうです。そして、そのやり方は筋がすごく通ってる気がします。
      だって、「自営してて、扶養に入ってるというのは、なんだか変じゃない?節税のために仕事セーブしてるんでしょ?それなら自営やめたら?」みたいな突っ込みを入れられたら、正論で、痛いなあと思うので(笑)
      ですが、今回は私、税の勉強をしつくして、どんな方法が可能か、ぎりぎりまで試してみます(←目的を見失ってますね^ ^;)
      経験談、とても参考になりました。いつもありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 管理人:くりかのこ

    39歳専業主婦+アフィリエイター。
    ちまちまやっているうちにアフィリエイト収益が月200万超を記録。収益低下におびえつつ暮らしています。
    詳しいプロフィール

PAGE TOP ↑