2017年11月の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円、4年後に月200万円を達成。しかしその後収益低下に見舞われ再起のために奮闘しています。

月別:2017年11月

おそるべし!ダラ嫁にしてダメ嫁ついに義実家にてアフィ作業中w

もうすぐ冬ですね。ノーブラで過ごせる良い季節になりました。
ダラ主婦のみなさんいかがお過ごしですか。

ほんとアフィ時間がとれないからさあ。
本日、義理実家にてアフィ作業をしております。

上の子は幼稚園、下の子は1階で義母に見てもらっております。

旦那の使ってた2階の部屋をあけてもらい(初めて侵入)勉強机で作業しております。

サイアクな嫁じゃね?

手ぶらできて、パソコンだけ持ってきて、昼飯は出してもらいます。

なんて快適。もっと早くこうしておけばよかったわ。

なんて思っている、こんな女が嫁にきたら、途方にくれるよね’`,、(‘∀`) ‘`,、

せいぜい頑張って作業しよ。

アフィリエイト収益が下がったときの心理。ブログ読者さんとの人間関係。

アフィリエイト収益が下がっています。
そうするとどういう気持ちかというのを今ここに書いておきます。

まず、報酬管理画面に入るのが怖くなりますね。

だから報酬管理画面を見に行かなくなります。そのため、ちょっとしたエラーとかも直せていないかもしれず、そこでまた収益を逃すという悪いスパイラルに入っているかもしれません。

あと、意味のない作業や、時間のかかりそうな作業を避けるようになります。

このブログの更新とか、テンプレートの変更とかですね。

このブログの更新とか、今、する気にならないですものね。

そんなヒマあれば、アフィリエイトしているブログの記事でも書かなきゃって思うし、でも、その前にテンプレート直さなきゃって思うけど、テンプレートは直すの時間かかりすぎるわって思って、そこで終了してしまう。結局対して仕事をしないという状況ですね。

アフィリエイトやっているほうの記事も、以前のように気軽に更新できず、更新するからには大ネタを、みたいな気持ちになり、更新頻度が下がってきます。

大ネタを入れるよりは、更新頻度を上げたほうがよい場合もあるのですが。

気持ちばかりが焦り、時間がなくて、うわーーーーーーーーっとなるのが現在の状況です。

だがしかし、ブログを書くのがつまんないかというと、そうでもないんですよ。

文章自体は、書きたいことは山ほどあるし、新しく取り組んでみたいジャンルもある。

けど、あれだ。ブログ運営にちょっと疲れてきたというか。

ブログって、読者さんとの距離の取り方が難しいじゃないですか。

最初はブログやっている人同士で交流しているわけだけど、そのうち、ブログ持っていない人もコメントやメールを下さるようになりますよね。

そんで、向こうは私の情報をたくさん持っていて、「親近感を感じています」「私もまったく一緒です」とか書いてこられるわけですが、私としては、「え、あ、はい、そうですか」みたな状態なわけで。

もちろん、会ったこともない私をそんなに信頼していただけるのはありがたいことなのだけれど、一方的に「こんな人だろう」みたいな期待をされることも多く、窮屈かな。

このあたり、ブログ運営者の方なら同意してもらえるんだろうか。

なんかさ、ブログもSNSもやっていない人に、いきなり身の上相談とかされて、「ええっ、ちょっと待っとくれやす」ってなることないですか。私だけですか。

そんで、そういう感じで1年以上メールのやりとりをしていた読者さんがいたのですが、まあ、フィーリングも合うので、最初は苦痛ではなかったのだけれど。

でも、正直言って、私、その方にメールを書くよりは、記事を書きたかったんだよね。本当に失礼ですみません。

でも、メールをもらっちゃって、メールへの返信をせずに、記事をアップするってできないじゃない?

「あ、私へのメールは返信しないのに、記事なんか書いてるわ~」って、思いません?思いますよね?考えすぎですか。

そういうこともあって、今年に入ってから、記事更新ペースが落ちていた。

なんか、身の上相談っていうほどでもないんだけど、メールが定期的に届くので。

私としては、メールじゃなくて、コメント欄に入れてくれ~。個人情報でもないし、非公開にする必要のない情報なら、さらっとコメント欄に入れてもらって、私も都合の良いときに「ありがと~!」とか返事して、それぐらいの軽い付き合いなら、負担じゃないんだけど。

あと、その人もブログやっていて、私からもそちらをヲチして、ときどきコメント入れるとか、そういうお付き合いは好きなのだけれど。

でも、1~2ヶ月に1回のペースで「木枯らし一号が吹いたそうですね。いかがお過ごしですか」的なメールがきて、仕事の愚痴家族の愚痴が書いてあって、アドバイスを求められて、それに返信するのは辛かった。正直辛かった。

だって、それに返信しても私に何も残らないのだもの。

あ、このブログのほうで、「おいっ、オレ、こないだくりかのこにメール送ったんだけど!」と思った方がいらっしゃったらすみません。
大丈夫です。申し訳ありません。
こっちのブログでいただくメールは、わりと、メールじゃないとやばいなこれという内容のことが多く、いつもありがたく拝見しております。

やっぱりねえ。自分がメディア運営者かどうかってところなのかな。

その人じしんが自身がブログなり匿名でTwitterなりやっていると、そういう距離感って適切に出せるのかな。

専業主婦でブログやっているなんて、ヒマをもてあましてて、友達作りたい人だって勘違いされちゃうのかな。

ちがうんだけどね。実際には、お金がほしいだけの恐るべき銭ゲバ主婦なんだけどさ。

ネタになるとかさ、あるならいいんだけど。とか、思うこと自体が読者さんをカモと見ているのかみたなジレンマがあって、私は、自分のブログの読者さんは、みんな友達だと思っているから、だからその人のことも切れなかったんだけど。

あまり失礼なことをして、ブログに反感をもたれるのもいやだなあと思ったり。した。

八方美人ではいられないのにね。

なんか、覗き見されているみたいな、イヤな感じがあるじゃないですか。ブログとかSNSとかってさ。

いや、自分で好き好んで公開してる変なヤツなんだけどさ。イヤなら公開するなって話でさ。

とにかくだ。もともとコミュ障の私に、こんな難しい人間関係がさばけるはずもなかったのです。

だいたい、私、メールとかコメント返しとか苦手なんだよね。

もとが高慢で失礼な人間だから、アドリブで文章書くと、相手を怒らせること必定みたいなひどい内容になる。

それを防ぐために、私の中の善人を総動員してブログ書いているんだけどさ。あ、このブログはそこそこ本音だけどさ。

だけどPV増えると書きたいことかけない雰囲気になって、毒が抜けてつまんないよね。

もうさ、本名も住所も公開して書くとか、それしか解決法はないのかね。

深夜になったから何言ってるかわかんなくなってきた。

とにかく、私は、ブログ関連の人間関係の距離の取り方に失敗して、ある読者さんとちょっと近づきすぎてしまい、そんで自縄自縛というか、自爆というか、ブログ運営自体が面倒になってしまったと。

それが今年の春先のことで、ちょうどアルゴリズム変更に伴う収益低下があり、そんでブログ運営自体が重くて仕方なくなって、とにかく面倒な気持ちになったということです。

あれから半年たちました。

そろそろ次のフェーズに行きたいね。

で、次のフェーズって何だろうね。

移民と保育園問題と(考え中)

保育園についてまた書きます。頭ごちゃごちゃだから、うまくまとまりませんが、吐き出すだけ。

失礼にあたる記述がありましたらお許しください。っていうか、これ公開するってどうよって内容。

さて、諸事情あって、うちの子たちを来年度から保育園に入れようかと考えています。
できれば入れたい。

のだが、まあ、無理だと思うんだよね。待機児童大杉地域なんで。
あと、アフィリが在宅作業なんで、あと、現時点で上の子が保育園に入らず幼稚園に入っているんで、たぶん入れない。

でまあ、うちの保育園事情はさておき、役所の保育園課の受付で、隣に座っていた人の相談内容が丸ぎこえだったので聞いちゃうわけだけどさ。

そんで、ここに書いちゃうのってすごく問題だと思うんだけど、どうしても、モヤモヤするんで、書かせてください。あとで消すかも。

隣に座っていたのは、外国人の女性でした。
町中で、よくインド料理店を開いている、インドではない国の方。

そんで、その女性は、家族で料理店をやっていて、3歳未満の子を認可保育園に通わせているらしい。

でも、母国で家族が病気だから、1ヶ月帰国するから、保育園を休園するという書類を出しに来たようだった。

で、日本語もたどたどしいし、「ワタシ、漢字ヨメナイ」とか言っていて、職員からの一つ一つの説明がすんごく時間かかってるの。

で、横から聞いていたわけだけど、本当は聞いちゃいけないだろうし、ここに書くのもまずいんだろうけど。

どうやらその方、この年度に入園してから、1ヶ月単位の休園をするのは2度目らしい。
そんで、1ヶ月の休みを取れるのは1年に1度だけだから、今回の休みは2度目だから、1ヶ月未満にしてください。とか、職員に指導されているの。

でも、家族の病気がいつ治るか分からないから、1ヶ月で帰ってこれるか分からない、と言っているのね。

で、職員が、それだと退園になってしまうので、まあ、日付は1ヶ月未満にしておきなさいって説明して、どうもそれが分からないようなんだけど、最終的にはそう書いたようなのだけど。

でも、その後も、いつ帰るか分からない、でも、それじゃ保育園はやめてください、待っている人がたくさんいるからってことになっちゃうよ、でも、いつ治るか分からないし、帰ってきたらまた預けるから、いやだからそれはダメで、1ヶ月休むのは1年に1回ってルールだよ、のループループで。

要するに、そのお母さんは、特別扱いを求めているようだった。

なんだかさあ。

その横で、保育園に入れない私はモヤモヤするよね。

別に、その人が退園したら私の子が入れるってもんでもないけどさ。

しかも私自身が、保育園に入る必要のある分類に入るかっていうと微妙なところで、まあ、幼稚園って方針なんで、保育園に入れなくても本気では困らない立場かもしれないので、あーだこーだいえないのだけど。

その女の人に対して、あなた、保育園やめたらいいんじゃない?遠慮しなよって思った。

その人の家の事情は知らないけどね。

だって、この4月に入園して、たった8ヶ月で、そのうち2ヶ月が休園ってさ。

3歳未満の子の保育園って、1ヶ月20万円ぐらい税金投入してんでしょ?

2ヶ月休んで、それで仕事に支障ないなら、それって仕事じゃないんじゃない?

かなりムカっとしたんだけど、このムカっとするのは正当なのか、正当じゃないのか、自分でも戸惑っている。

外国人だから保育園使うなってこと? それはどうなんだろう。差別的かな。

8ヶ月のうち2ヶ月休むなら、保育園使うなってこと? それはそうかも。

外国人でも、日本に根をはって、もしかしたら日本国籍取るとか、それなら保育園も違和感ないのかな。

私、学生時代は外国人支援活動とかやってて(サヨクだからさ)日本語できない外国人の子に日本語教えたりしてたんだよね。

だけど、いざ、自分が外国人と競合しそうな立場になると、「え、なぜ私が外国人に押しやられるの、おかしくない?」なんて思ってしまう。

偽善者かね。
やっぱり自分の損になることはいやなんだよね。小さいよね。

ちなみに、家に帰ってきた旦那(ガチウヨにして移民排斥論者)にこの話したら、「日本は外国人にサービスしすぎだろ。日本で日本人が優先されるのは当たり前じゃん」と言われた。うむ。予想通りの答え。

(今時ウヨクもサヨクもなかろうけれど、うちではウヨクもサヨクも健在なのです。そんで思想的対立のために毎日ケンカしながら暮らしています。)

だからいつもはこのウヨめって思っている私も、そうかも。外国人に福祉サービスをして、日本人がはじき出されちゃうのってどうなんだろう、と、今日は思った。

「移民を入れてごらん、そんなのが日常になるわけだよ。ドイツを見てごらんよ。こわくないわけ?」とも。

ちなみに、東京23区の一部の地域では、日本語の話せない子のために、幼稚園、保育園、小中学校に通訳を派遣しているそうです。利用者には追加負担はありません。
つまり税金で、日本語の話せない子に通訳をつけているのです。東京に限らず、外国人の多い地域はたぶんそう。そうしないと、授業にならなくて、先生の負担が重過ぎるからそうしている側面もあり。

移民を入れるというのは、移民の子も受け入れるということですね。

国籍をとって永住する覚悟があるのなら、違和感がないのかなあ。

でも、私はかつて日本語を教えたあの子たちが、日本に住みたいなら日本に住み続けて、帰りたいなら母国に帰って、いずれにしても幸せに暮らせることを望んでもいるんだよね。

なんだろうこの矛盾。
そんで私はこのもやもやした気持ちをどうすればよいのだろうか。

とりあえず過去の自分の記事にリンクをはっておく。

日本は貧乏な国になっていいのか?女性の働き方と外国人労働者について主婦アフィリエイターが考えたこと