2015年12月の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円を達成しました。

月別:2015年12月

2015年目標達成度評価【期末決算】

今年も終わりですね。ってまた書いてる(´・ω・`)

昨日は息子が8時ぐらいに風呂に入らないまま寝てしまいまして、ふだんなら泣きわめくのを無理やり起こしてお風呂に入れるんですが、昨日はこれ幸いとそのまま寝かせて記事書きしました。この記事書きたかったからさ。
これって親としてどうよ(´・ω・`)

さて、2015年1月に立てた目標の達成度を振り返ります。

アフィリエイトの目標

(※★五つを満点として評価)

2019年(私41歳)まで年250万の収益を維持する態勢を作る。

(3月末:評価★)新サイトがほぼ稼働していません。理由は手を動かしていないからです。WPインストールと、記事1つ入れるぐらいはやった。

(6月末:評価★★★)新サイトが2件稼働を開始しました。まだまだ記事数は少ないですが、記事を増やすだけならぼつぼつやれそう。ところで、250万×5年=1250万円なわけですが、今年とか来年1250万円になっても、そこでやめちゃいけないんですよね?ですよね。

(9月末:評価★★★★)ぼつぼつ記事を増やしています。「メイン以外で月10万」を今年12月までの目標にしました。2019年まで年250を目標にした理由を思い出しました。企業セーフティ共済と、小規模企業共済が、それぐらい続けないとマイナスになる(?)からでした。

(12月末:評価★★★★)あと4年かあ。わりと現実的にいける気はしてきました。月10万プロジェクトが成功したことで自信はつきました。

主力ブログが何等かの理由で消失したらアフィリからスパっと足を洗う。

(3月末:評価-)幸いにして消えていません。

(6月末:評価-)幸いにしてまだ消えていません。

(9月末:評価-)幸いにしてまだ消えていません。

(12月末:評価-)この1年無事に稼いでくれました。ありがたし。

稼げるうちに稼ぎ切るという割り切りもまた大切にする

(3月末:評価★★)ガンガン稼ぐ気ですとも。まかしとけ。

(6月末:評価★★)稼ぎすぎると児童手当が止まるという事実に愕然。しかしその場合は高単価アフィリエイトのタグを外す、法人化するなどの対策をする予定。

(9月末:評価★★)企業セーフティ共済という救世主あらわる。

(12月末:評価★★★★)今年は1300万円以上稼いだ。予想以上の成果。そのせいで児童手当は来年減額されることになったが悔いはない。

もっぱら自分のために投資ブログを始める+書く

(3月末:評価×)やってないな。この目標は忘れてたわ。

(6月末:評価★)ドメインとって、WP入れて、1記事だけ入れた。この程度の品質で十分だ。

(9月末:評価★)1記事のまま増えていないが、これ以上手をかけても仕方ない。

Nさんコンサル企画で月5000円超のアフィ収入

(3月末:評価★★)1月スタート。3月の月間収益3000円。こりゃいけそうだ。Nさんに感謝。

(6月末:評価★★★★★)6月収益は6232円。上出来。Nさんすごすぎる。人の力を借りて目標達成。

(9月末:評価★★★★★)達成済み。9月収益は月1万円超。

(12月末:評価★★★★★)達成済み。12月収益は月1万円超。

年数回のメンテナンスでも維持できる態勢にする

(3月末:評価×)ちょっといろいろムリだった。忙しくて後回しになった。

(6月末:評価×)なんでこんなしゃかりきになってやっておるのか。この目標はどこに行ったのか。

(9月末:評価×)アイデア自体はあるけれど、まあ、せっせと働いて稼げばよいのではと思うようになった。子どもが成長すれば時間もできるはずだしね。

(12月末:評価×)この目標っていったいなんだったんだろう。

投資の目標

FXに資金を追加投入しない

(3月末:評価★★★)っていうか、FX管理画面すら見てないわ。そろそろ利確しなくては。

(6月末:評価★★★)利確した。そこそこ儲かった。その後円高進行しているので、仕込むのもよいかと。追加投入はしてない。

(9月末:評価★★★)円高進行で収益が目減りしていた。明日は雇用統計だってさ。もうなんでもいいや。

(12月末:評価★★★)ほぼ何も手をつけなかった。どうする気だいったい。

1億円貯金について戦略的に考える

(何が目的? 現実的な到達時期は? 1億で足りるのか? 何がムダ?)

(3月末:評価★★★★)1月に、アフィリエイト収益低下であわてふためき、家じゅうの貯金を調べ上げた。結果、必要な貯金額について夫婦で共有でき、夫が失業しないなら、私のアフィリ収益すら不要という結論に。はからずも目標達成。

(6月末:評価★★★★)目標達成済み

(9月末:評価★★★★)目標達成済み

(12月末:評価★★★★)目標達成済み

人生の目標

保育園に週2預けたら、週1は意味のある文章を読む/書く

(3月末:評価★)ああ、やってないな。今ちょっとそういうモードじゃないの。

(6月末:評価★)かなり危機的なほど金儲けしかしておらん。

(9月末:評価★)来年やるからいいや・・・とか思うのがよくないのだ。来年やれることは今日からやれる。はず。

(12月末:評価★)来年に持ち越し

その他の目標

夫とのケンカはこちらから和解する

(3月末:評価★★)ここ数か月、大したケンカになっていないという奇跡。

(6月末:評価★★)大したケンカはしていないが、和解をし忘れたまま放置している話題があった気がする。

(9月末:評価★★)ケンカしたのだが、もっぱら私が悪かったということがあとから判明した案件あり。「こちらから和解する」とかエラそうに言ってる場合じゃない。ちゃんと謝れ。

(12月末:評価★★★)ほどほどに達成。

新聞を1週間以上溜めない

(3月末:評価×)週7日のうち、1日だけ、3日分ほど読んでいます。週4日分の新聞が積み上がっていく計算です。今、12月の新聞を読んでいます。

(6月末:評価×)貯まってる。今2月の新聞読んでる。

(9月末:評価★★★)7月末に奇跡的に読み切りました!夫が週末に子どもを連れだしてくれたので、読む時間ができました。その後、新聞購読中止命令が出たので、今は新聞のない生活です。新聞読みたいわあ(←じゃあ溜めるな、と。)

(12月末:評価×)新聞購読を再開し、夫に怒られる。そして現時点で10日分たまってる。年内に読んで年越しはさせない覚悟。

ヘンな資格を増やさない

(3月末:評価★★)今んとこ大丈夫。(今欲しい資格はないという意味で)

(6月末:評価★★)欲しい資格は一つ出てきたが、時間的な余裕がなく、現実には取得しないと思われる。

(9月末:評価★★★)とる予定なし。大丈夫。

(12月末:評価★★★★)とらずに終了。誘惑に耐えてよく頑張った。

家事にたまには手間をかける

(3月末:評価★★)けっこう頑張った(自分比)。週1~2品は新メニューに挑戦したしね。最近初めて作った料理⇒ピーマン肉詰め、いわしの南蛮漬け、タンドリーチキン、ひき肉レタス包み。

(3月末:評価★★)部屋の掃除を始めた。近々姑に見せられる程度の家になる予定。家に姑を呼べば、ほぼ解決する問題なのだこれは。

(9月末:評価★)今日は数週間ぶりに洗面台を磨いた。「たまには」って具体的にはどれぐらいなんだ。

(12月末:評価★)ダメだったな。

日焼け止めを塗る

(3月末:評価×)保育園に行くときにも手の甲に日焼け止めは塗るべきだと思う。なお、保育園に行くときは90%ノーメイクです。終わってます。マスクしているのでバレないと思ってますが、バレてるに決まっています。

(6月末:評価★★)夏が来たので、塗るようになりました。この夏2本目の日焼け止め。これって少ないでしょうか。ただ、外出予定のない日は塗らないのですが、家の中でも日焼けすると聞いた気がするので、塗ったほうがいいんですよね。たぶんね。

(9月末:評価★)秋になったので、日焼け止めもやめちまいました。夏のあいだはけっこう塗っていましたが、なぜか4本買って、1本使い切り、3本が半端に余っています。

(12月末:評価★★)12月って、みなさん日焼け止め塗ってるんですか?塗ってないよね?そうだよね?

期末決算

アフィリエイト収益に大きな変化のあった1年でした。

そんでなんだっけ。

この2年、倍々ゲーム的に増えてきました。ありがたや。

graph151231_add

一番つらかったのは2013年だったかなと思います。

今は2013年とはくらべものにならないほど記事を書いていませんので、過去の遺産を食いつぶしている感じがしています。

じゃあ、これからどんどん記事を書いてどんどん収益を上げていこう!となるかというとどうもそういう感じではありません。

※このあとフェミ話が展開されます。フェミニズムとか聞くとヘドが出る(←うちの夫こういうこと言う)という方は黄色い線の内側に下がってお待ちください。

=============黄色い線========================

悩んだ結果、保育園の願書は出しませんでした。(去年は出したら通ってしまい、あわてて辞退したという経緯もあり。)
また1年、家で息子を見るということです。(一時保育は使うけど。)

保育園を否定するつもりはまったくありませんが、「家で作った夕食」と「コックさんの作った洋食」が違うように、「母親が付きっきりで育てる保育」と「保育園の保育」もまた違うのではないかと思うようになりました。

どちらが良いとかいうのではなく、価値観の問題かな。

私は料理がさほど上手ではありませんが、手間をかけて、その日の家族の体調にあわせた料理をテーブルいっぱい出したいといつも思っています。

だしはかつおでとりたいし(かつおを削るところからはやらんが)、コロッケは自分でたねから作って衣をつけて揚げたてを出したいです。

家族がそれを好きなら、そうしたいと思う。

保育園って子どもを遊ばせるプロの集団で、下準備してすごい面倒な紙工作もさせてくれるし、ケンカしないように子どもどうしを誘導したり、しつけをしてくれたり、すごいと思う。尊敬するし信頼もしている。

だけど私は、やり方はつたなくても、子どもは自分で見て、自分で言葉を教えて、息子が今一番興味を持っているものを、ちょうど良いタイミングで与えてやりたいと思う。

思うだけで、うまく息子の気持ちを拾ってやれなかったり、家事で忙しいって言って放置したりするわけだけど、あと数年しかない、息子が子どもでいてくれる期間を大切にしたいと思った。

あと何年、一緒に遊んでくれるんだろう。
何年後に家を出ちゃうんだろうって思ったら、涙出てきた。

だから私は今後も「専業主婦」が本業で、「アフィリエイター」は副業だと思う。
(そして、夫が万が一失業したら、夫はもう引退させて、私が一人でアフィリエイトか何かで稼ぐ。と思う。私は今は控え選手でいたい。できれば夫の定年まで私は控え選手でいたい。)

わりと重要な決意を今した。

1970年代生まれのフェミニストは、

今年この本を読んで、

この記事を読んで

育休世代のカリスマが、会社を”降りた”ワケ

いろいろ考えた。

私は私なりのやり方で「女性はいかに働くか」の答えを見つけたい。

「男も女も同じ」って育てられた世代ですが、やっぱり違うんだよ。同じってスローガンを掲げる、それだけじゃ子ども育てながら家庭を維持できないんだよ。

男も女も能力は変わらないんだけど(←ここはフェミとしてゆずれないらしいw)、家に主婦(主夫)のいる家庭の稼ぎ手は、そうでない家庭の稼ぎ手より優位なんだよ。たぶん。

子どもが病気のとき、銀行に行かねばならん用件のあるとき、休む人と休まない人がいるなら、休まない人が責任ある仕事を任され、出世するのはやむを得ないんじゃないの?

だから男性の働きすぎが問題だとか、病児保育を拡充せよとか言ってるけど、それで本当にいいんだろうか?

日本は貧乏な国になっていいのか?女性の働き方と外国人労働者について主婦アフィリエイターが考えたことという記事を書いたときから、ずっと考えている。

あ、そろそろ年越しそばゆでるから終了。

アフィリエイトでお歳暮をもらった話

今年も無事に終わりそうですね。

12/31はアドセンスがいつもの1/4ぐらいだし、A8はハチが飛ばないし、ああもう今日はそういう感じでゼロかなと思っていたら、18時ぐらいにぽろっと5000円ぐらい成約しました。

主婦のみなさんは、朝から働き通しで、お節作って大掃除して、ちょうど18時ぐらいに手があいたってことかなあ。お疲れ様です。

そんで、このあとはみなさんどうなさるんでしょうね。テレビでも見ながらネットするのかな?

ところで今年はお歳暮が2件届きました。

アフィリエイト関連の取引先からです。

1件はASPさんから。
もう1件は広告主さんから。

それ以外に年末のご挨拶っていうんでメール(A8のメッセージ送付機能で。一斉送信ではなく私個人宛に)が2件あり、ASPの担当さんからの年末挨拶メールが3件ありました。

なんかさあ、アフィリエイトって詐欺スレスレか!?とか思っていた時期が私にもありました。
人間味のないサイバーなお付き合いかと思っていたですよ。

だけど、ちゃんとアフィリエイトを仕事として取り組んでいくと、お歳暮もらったり、年末のご挨拶が届いたりするようになりました。きっと年賀状も届くでしょう。

普通に嬉しい。

ちなみに、お歳暮をくださった広告主さんのところ、私は大した売上でもないのです。月6万以下だと思う。

だけど、きちんとした正業の広告主さんで、承認率も高く、私はすごく大切に思っています。

転職エージェント「JACリクルートメント」を使ったが転職しなかった私の体験談

佐々木さんの転職ブログを毎日のようにのぞいています。

同世代の転職事情に興味津々です。

私も結婚せず会社生活を続けていたら、これぐらいの年齢でそういう悩みを持っていたのかなとか、もう一人の私の人生のようで、すごく気になります。
 

さて、佐々木さんが転職サイトを使っておられて、転職エージェントにも登録されたようなので、私の体験談をひとつ。

私、JACリクルートメントっていう転職エージェントを使ったことがあります。

他にも、リクナビだかマイナビだかの転職エージェントも登録したと思うけど、まともにやりとりしたのはJACリクルートメントだけかな。

当時は私は30歳。だったっけ。そんぐらいでした。

新卒で入った会社で、そこそこ順当に仕事をし、そこそこ順当に昇進していたんだけど、もうイヤんなる出来事があって、同時期に信頼していた先輩が退職したのもショックで、もうこの会社やめよう。やめちゃっていいよな、と思って転職活動を始めることにしました。

転職を考えはじめた矢先、このままでいたら、数年は退職できなくなる事情が出てきて(海外赴任の類)もう一刻も早く「辞めます」って言わないとまずい状況になりました。

そして、今後のことをじっくり考えようと仮病で会社を休み、やめたい理由、続けたい理由などを紙に書いて見比べ、やっぱり退職しようと心に決めたのでした。

そしてもう時間ないし、明日出社したらまた目の回る忙しさだと思い、リクナビ転職とか、一通りのサイトに怒涛のように登録しました。その中にJACリクルートメントもありました。
今見たらそのときのメールも残ってた。なつかしい。

JACリクルートメントに登録したら、2日後ぐらいかな、担当とおっしゃる女性から電話がかかってきました。

それで、いきなり「面談しましょう。いつがいいですか」っておっしゃるのね。

いやいや、本当に私、ムリで、まだ上司に会社やめるって言ってないし、会社やめる期日も決めていないし、だいたい仕事がオーバーフローしているのに、引き継ぎもあるのに、面談ムリだよね。いつ行くの?っていう。

そしたら、「土日でも大丈夫です」だって。

いやいや、でもね、私、次は会社員でいいのかどうか、まずはそこから悩んでいて、もしかしたらフリーランスで数年やってみたいなとか、新卒の就職活動ではうまくいかなかったけど、出版業界に行ってみたいなとか、いろいろ思うところがあって、ちょっとそっちを心の整理をしてから転職エージェントサービスを利用したいなって思うんだよね、と思った。
(じゃあどうしてJACに登録したし。)

しかしなぜこんなにすぐ転職エージェントに登録したかというと、転職エージェントの漫画を読んでいたからってのがあった。

ドラゴン桜の漫画家さんが作者です。

転職エージェントの人の悩みとか、まあドラゴン桜テイストではあるんだけど、転職市場の相場みたいなのはだいたい分かったので良い漫画だった。

 

そんで、JACのエージェントさんはその後もメール、電話ですんごいプッシュ。

「まずはお話だけでも、電話でもいいですから」って。

たぶん「在職中」っつープレミアがついてないと、転職させづらくなるんでしょうね。

こっちは会社に転職を切り出して、2か月後退職、2週間は有給消化ということで、引き継ぎやら何やらで、週のうち2日は出張、9時5時のあいだはびたーーーーーっと会議打合せが入って早朝と残業で通常業務をこなす、みたいなわりと限界の仕事量に。

もうね、次の仕事はどうとか、私の生きる道は、みたいなことすら考えるヒマもなくなっちゃって、うわ、やばいわ。このまま押し流されて私は無職に突入か、と焦った。
(計画性のない転職の悪い例。)

そんな中、何度も電話をくださるJACのエージェントさんと、まあ話したほうがものごとも進むだろうと思い、「ちょっとそちらまで出向くのは無理ですが、電話でお話させてください」って電話で転職紹介のための聞き取りみたいなのをしてもらったのでした。

(でも本当は対面のほうがいいんですがね、とは言われた。)

そこで電話で相談したわけだけど、まあ普通に、なぜ退職するのかとか、今までやってきた業務、これからやってみたい業種みたいなのを聞き取りされ、軽く転職先の提案もされた。

(社名は挙げず、「たとえばXX業でXX系の職種の求人があったら希望されますか」的な。)

これは頭の整理になり、本当によかったと思います。

あとたぶん転職エージェントって、仕事がら、こちらの価値をすごく高いみたいに言ってくれるのね。

「XXのご経験があるなら、ぜひにと言ってくださるところも多いと思いますよ」とか。

「へえ~、X年目なのにXXのご経験があるんですか!すごいですね!」とか。

「給与額は現状より上というのを条件にされてはいかがでしょう」とか。

そういうあいづちいれてくれるんですわ。

転職者って、多かれ少なかれ元職場での挫折感や無力感を味わっているはずで、それが転職活動のさいの弱気につながっていくわけだけど、転職エージェントさんってのはそれを吹き飛ばしてくれるじつにポジティブな人たちでした。

Kさんと言う方が私の担当でしたが、話しているうちにすごく気分が浮上してくるのが分かって、新卒の就職活動のときに感じた万能感みたいなのも戻ってきた。

ああ、私、今からでも何者にでもなれるんだ、とかそういう感じの。

勘違いかもしれないけど、そういう感じって、転職のときの意志決定にはわりと重要だと思った。

後ろ向きな気分でした選択は、結果として後ろ向きな日常につながる場合が多いから。

 

あ、それから、JACじゃないキャリアコンサルタントって人も同時に見つけて、面談してもらいました。適職診断的なやつ。

この人は「転職相談 無料」みたいなキーワードで検索して、見つけて、あやしいかどうかわからんと思いながら、直接面接もした。

あやしい人じゃないとは思うけど、今もよくわかんない。なぜ無料なのかもよくわかんなかったし。企業の人事研修の講師とかで稼いでるんだと思うけど。

そして、そこでも同じような質問で気分が浮上していくのを感じました。

それで「XX士の資格をとって開業されてはどうでしょう?」とかね。いろいろ提案された。

 

JACのKさんと、自分で見つけたキャリアコンサルタントさん、そのお二人と今後の私の職業について話し合えたのはすごく有意義で、

「あ、私は客観的にはその仕事が向いているように見えるんだな」とか

「あ、その仕事は絶対やりたくないわ」とか

「要するに大きな組織にいるのがイヤなんだな」とか

なんか、自分のコアみたいなものが、一人で考えているときよりよく見えるようになった。

「その仕事はXXだからやりたくありません」みたいなのを答えているうちに、自分のことが自分でよく見えるようになってくる。

一人じゃなく、二人の意見を聞けたのもよかったと思う。

そうした中で「このまま同業種で転職することを私はまったく望んでいない。職業として出版に携わりたい。組織には属さず出版に近い仕事をしたい」と思った。

そんで、よくわからんけど、フリーライターをやってしばらくは貯金を崩しながら生きていって、そのうち大学に戻って学生するもよし、食い詰めたら会社員に戻るもよし、と思った。

(わりと特殊なスキルのつく仕事をしていたので、2年ぐらいならブランクがあっても同業種の会社員に戻るのは難しくないと感じていた。キャリアコンサルタントの見立てもほぼ同様だった。)

というわけで、とりあえずフリーランスになろうかなって心の中では決めたんだけど、JACのおねいさんから矢継ぎ早に提案が来るんですよ。

「新たにご紹介したい求人が入って参りましたのでご連絡致します。

以下、求人内容、会社概要をご確認頂き、ご応募の可否をお知らせください。」ってメール。

こんな内容。

jac_15

2週間ぐらいのあいだに20件来た。

社名入り、年収入りですぜ。

その後も次々。

うおぉぉぉ。さばききれん!ってなった。
しかもさ、目玉飛び出るほど条件が良い求人とかもたまにあって、いったんフリーランスと決めたけど目移りするんだよね。

しかも、JACのおねいさんは、「応募されないですか?応募だけでもしておいて、先方から声がかかってから面接に行くかどうか決めてもいいんですよ」なーんて電話で揺さぶってくるのね。

このまま何も約束されていないフリーランスに突っ込んで良いのか私は?と気持ちの揺れる日々だった。

そんで、気持ちが揺れすぎてとち狂って、Googleでちょうど経験業種の求人を見つけて、履歴書を送ったこともあったな。今ふいに今思い出した。

あれに通っていたら人生どうなっていたろうねえ。
まあ、私には社風が合わないなって思ってたら、案の定落ちたけど。

一瞬だけ、あの素敵な食べ放題カフェテラスやお昼寝スペースのあるキラキラしたオフィスで働く自分の姿を夢見ました。

 
ともあれ、まあ、そのまま私はJACの求人オファーは無視し続け、一瞬無職になり、その後こわくなって社保ありフルタイムのパートの仕事を見つけた。

(その仕事は、パートだから副業可だし、休みが比較的自由にとれるし、仕事内容は電話番程度のやつだったから、フリーライターと両立するには悪くない仕事だった。)

フルタイムの仕事が決まったあたりで、JACのおねいさんには電話で「これこれこういう事情で、フルタイムのパートをすることになりました。これまでどうもありがとうございました。もしうまくいかなかったら、2年後ぐらいにXXの職種の求人でまたお世話になると思います。そのときはよろしくお願いします」って言って、登録抹消してもらった。

JACのおねいさんにとっては、骨折り損のくたびれもうけってやつだったろうなあ。
申し訳なかったです。

 

どうしよう、この記事長すぎる。

佐々木さんの役に立つ気がしない。
もう読まないでくださいすみません。

 

で、何が言いたかったかというと、転職エージェントは、成約させてナンボなので、わりとグイグイくるってことでしょうか。

こちらの意向はまあ聞いてくれるんだけど、「応募しなよ!しないと始まらないよ!」みたいな勢いで。

 

そんで、いざ面接となったらもっとグイグイ来るんだろうし、相手先から採用の内定が出たら、こっちから断るのなんてムリってぐらいの勢いでその会社に押し込まれそうだなと思った。

私の担当のおねいさんがそういうスタイルだっただけかもしれませんが。

新卒のときの就職活動は、なんだかんだいって一斉スタートで、終了時期も同じで、2次募集3次募集なんてのもあって、あっちの内定をとり、こっちの内定をとりしながら、天秤にかけて選んでいけるわけだけど、転職活動だと「この会社が来ていいよって言ってるよ!」となったら、そこでゲーム終了。

断ったらそのポストは誰か他の人に回っちゃうんだろうし、エージェントのおねいさんの心証も悪くなりそう。

だから、すごいスピードで決断していかなきゃいけないんだなあと。

とにかく、JACリクルートメントなどの転職エージェントは、頼りにはなるけど、即断即決が求められて、自分の軸を決めてなかった私は翻弄されたというお話でした。

 
私の中では、JACのエージェントさんと、無料転職相談を受けてくださったキャリアコンサルタントの方(渋谷にある人材コンサルタント事務所の方でした。この人のコンサルは、数千円ならお金払ってもいいかもと思った)と話して自分のコアを見つけられたことは、現在につながる大きな収穫でした。

年末ですな。アドセンス半減(だけど月額の過去最高は更新)

アドセンスがぐーーーっと下がってくると、ああ年末だなあって感じますね。

Nさんにも「年末年始はアクセス下がるものなので、アドセンスも下がります。気にしないでくださいね」って言っておいたのですが、Nさんのところも下がってますね。

過去にそれを知らずに胃をキリキリさせたこともあった。今年で3回目です。

分かっているんだけど気弱になるこれは何かねえ。

毎年これ系の記事を書いています。
年末の風物詩か。

さて、同じお悩みをお持ちの方からピンバック飛んできました。ありがとうございます。

年末年始のアドセンス収益低下の理由

プロフィールが素敵すぎます。

アラフォーアフィリエイト戦の歴史【収益公開】

どういう経緯でアフィリエイトをしようと考え、どういう経緯でこの収益で独立しちゃったのか、眠気吹っ飛んだ。今。
漢だ。本物だ。

>成功確率2%とも

と書かれていますが、アフィリエイトのことでしょうか。
たぶんアフィリエイトということですと、成功確率(アフィリエイトにおける成功って何ぞや、という気がするが)は2%よりは高いんじゃないでしょうか。
きちんと自分の頭で考えて続けてさえいれば、5年以内に新卒会社員ぐらいに稼げる確率は50%よりは高いのではないかと思います。

問題は、心理的にそこまで続けられるかどうかと、アフィリエイトの業界の事情が激変して、稼げる業種じゃなくなるおそれがあるところでしょうか。

今月はクリスマス過ぎたらアドセンスもアナリティクスも見ないって決めたのに、またみちゃった。そんで落ち込んでるのって何さこれ。
ブックマークから外しておこう。

倒産防止共済無事に引き落とされる

大騒ぎしていた倒産防止共済ですが、12月28日に無事に引き落とされました。

tousanboshi_151228

280万円だってさ(´・ω・`)

私の人生で今んとこいちばん高い買い物だわ。
いや、あとで返金されるんだけどさ。
(返金されるのが問題って話なんだけどさ。)

しかも、夫の収入が児童手当の年収制限を超えちゃったから、この280万円支払にはなんの意味もなくなっちゃったの巻。

どうしてこう、タイミング悪くあれもこれも来るのかねえ。

来年、再来年にはこの280万が手元になくて困ることがあるかなあとか、まあないかなってふんで加入したわけだけど、自分の判断にさほど自信もなく(´・ω・`)

こういうのを税理士さんに相談したいんだけど、税理士さんに相談できなくて困ってる。

税理士さんのこともそろそろこのブログで吐き出しちゃおうかな。
税理士さんが見てたらまずいけどね(´・ω・`)

他にも人としてアレなことをいっぱい書いてるから、いまさら痛くもかゆくもないよね(´・ω・`)

アフィロック欠席者のためのメモ

アフィロックの各種イベント内容は口外しないというルールらしいので、書いちゃいけないみたいなのですが、公表情報だけで再現できる限りまとめてみます。随時更新

◆ASP暴露大会

公式ブログに紹介あり。

http://www.affirock.com/blog/post-112/

・担当者の力量によって特別単価は変わるのか?
・アフィリエイターの担当者となるきっかけとは?
・アフィリンク張替えについて、有力媒体を狙うことはあるか?
・特別単価で単価をアップさせたとき承認率が下がるという噂が?
・ズバリ、ゼロから成りあがって成功するアフィリエイターの特徴とは?
・担当のアフィリエイターへ対する対応の質の差は感覚値か、それとも基準があるか?
・ASP側から見る、敬遠するアフィリエイター、歓迎するアフィリエイターの特徴とは?

これに、各ASP担当者が答える内容。

(この質問例通りだったかどうかとか、回答がどうだったかとかは、たぶん書くとNGなのだと思うので書けませんすみません。)

◆「侍からの挑戦状」

月1000万以上を稼ぐアフィリエイターさんによるセミナー。

今から10年前。月額報酬100万円でスーパーアフィリエイターともてはやされた時代に、「消費者金融」「クレジットカード」「住宅ローン」などあらゆるビッグキーワードを総ナメにして、月額1000万以上を個人でたたき出していたアフィリエイターがいた事をご存じだろうか。
 
今回、登壇していただく(株)Faber Companyの古澤暢央氏である。彼が放つ職人のようなオーラと鬼気迫る迫力に、人は彼の事を「侍」と呼んだ。

http://www.affirock.com/event.html

当日のPPT資料が公開されてます。

http://www.affirock.com/blog/post-1230/

このサイトが新たに作られたサイト。これの内容や作り方をPPTで説明してあります。

http://www.かに食べ子.com/

これだけ読めたら十分じゃないかという気がするほど充実。
PPC広告の利用方法について初めて理解した。


◆島売りコンテスト

太平洋にある架空の島(8億5000万円)を売るのに、6組のアフィリエイターがどんなサイトを作るのか見比べる企画。

http://www.affirock.com/blog/pera/

参加者名も事前に公開されていました。

こちらのブログ記事で当日公開されたすべてのサイトを見ることができます。

http://www.affirock.com/blog/post-1237/

アフィロック公式ブログにあった通り、各ASPの社長さんが審査員をされていました。
ASP社長という人たちを見られたのも収穫でした。若くて精悍な感じの方が多かったです。

やよいの福利厚生サービス「クラブオフ」(無料)がお得すぎる

家族旅行の予定を立ててて(←「て」が多いな)なんとかお得に予約できないかと思って、ふと思い出した。

やよいの安心サポートだっけか、年1万円ぐらいのアレに申し込んだら、福利厚生サービス「クラブオフ」ってのに無料登録できるってパンフで読んだ。

yayoi_fukuri

そんで、今思い出して登録したんだけどさ。

すんごいお得なの。

上島珈琲10%オフとか。

品川の水族館も 2,200円 → 2,100円 だし。

保育サービスってのもあって、今日使ったさいたまスーパーアリーナの託児施設の割引があったらショックだわと思ってのぞいたら、それはなかったけど。

ピザが500円引きだったり。

映画のMOVIXが1,800円 → 1,300円だったり。

ガストのドリンクバーが99円 になるとかさ。

靴修理のミスターミニット も10%オフだ。

他も、レンタカーとか、ホテルとか、スポーツクラブとか、福利厚生っぽいところに網が張り巡らされておる。

なんだこれは、使わなきゃ損ではないか。
(と思わせておいて、これでもまだ弥生が得するんだろうな。紹介料もらってんでしょうよ、と冷静になれば思うわけだが、1時間ぐらいこれで盛り上がって楽しく過ごせた。)

弥生を何のために使ってんだか、しかも1まんえんも払ってサポート申し込む必要があるのかどうか、非常に疑問に思うことがあるんだけど、まあいいや。
なんだこりゃ。すんごく楽しい。

やよいでサポートプランに入っておられる方はこれは使わなければ損です。ぜひぜひどうぞ。

アフィロック終了御礼

アフィロックに参加して、無事に帰ってきました。

運営の皆様、出演者の皆様、どうもありがとうございました。
すごい準備だったと思います。お疲れ様でした。
おかげさまで楽しませていただきました。

結局ほとんどどなたともお話できませんでしたが、楽しかったです。はい。

たぶん、このイベントは、ケバブを食べたり肉の煮込みを食べたりピクルスを食べたりしている場合じゃなくて(←食べ過ぎ)、交友関係を広げる場だったのだと思いますが、これぐらいでも、もう精一杯でしたので、これでいいんだと思います。

TwitterでDMくださっていたのにお会いできなかった皆様、申し訳ありませんでした。

託児が17時までしか予約していなかったのです。セミナーっぽいイベントが16:45までだったじゃないですか。段取り悪すぎて何もできなかったです。

会場に遅刻して着いて、広告主さんのブースに入ったら満員電車みたいになってて、会場は8割ぐらい男性ばっかのせいか、化粧品の広告主さんが「化粧品アフィリされてます!?これぜひ持っていってください!」みたいなたいへん好意的な対応で「おお、私の今日の化粧はイケているということか」とちょっと気分が良くなり(←大いに勘違い。)、しかし約束してたASPの担当さん(初対面)にあいさつに行ったら「えっ?XXXXさんですか!?はじめまして!」、そして「この方、XXXXさんですよ!」(←上司らしき人に呼び掛けてる)って、本名をガチフルネームで呼ばれて心臓がバクバク言い、あわあわしながら名刺もらってその場を離れ、偶然そこでNさんに声かけられて合流し、ASP暴露大会ってイベントを見て、ケバブとピクルスを食べて、侍からの挑戦状ってイベントを見て、その途中で託児からちょっとまずい電話が入って、託児スペースまで見に行って、行ってみたら大したことなくて、戻ったら侍イベント終わってて、だから後半は聞いてなくて、そんで島を売るやつを見て、そしたらもう5時だった。

託児はお迎えが規定の時間から15分過ぎると追加料金が発生しますって言われて、15分ぎりぎりまで粘ろうかと思ったけど(←またこういうみみっちいことを考える)、まあね、そういうもんじゃないよね。

そんで、事前にタイムスケジュールをちゃんと見てたら、イベント全部見てたら人と話す時間なんてないって気づいてしかるべきだった。

中程度の引きこもりなんで、祭りなんて参加したのは久々で、っていうか、この前参加した祭りは2chの祭りだったんじゃないかとか、それ二次元じゃんって、そういうレベルで、3次元の祭りにはご無沙汰だったんだけど、こういうイベントの楽しみ方が分かった。(いまさら。)

これはあれだ。事前に人と待ち合わせて、キャッキャ言いながら(←アビーさんのマネ)ブースを回るイベントなんだな。

そんで、事前にっていうのは、前日にTwitterアカウント作るとかそういうんじゃなくて、入場前から待ち合わせ場所決めて、段取りして参加するか、マジで名札つけて、「みんな声かけてね!」ってやるんじゃなきゃ、いけないわけですな。

見慣れたアイコンの名札はたくさん見たけど声かけらんなかった。
じろじろ見ていたのは私です。申し訳ありません。
引きこもりからのリハビリ中なんで、このあたりが精いっぱいでした。

来年のA8フェスとかにはちゃんと準備して臨もうと思います。
そんで、キャッキャいいながらブースを回るのが目標です。

というわけで、皆さまどうもありがとうございました。