2014年11月の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円、4年後に月200万円を達成。しかしその後収益低下に見舞われ再起のために奮闘しています。

月別:2014年11月

馬刺400gが1980円(送料無料)で買える!【A8セルフバック日記】

A8のセルフバックで良いのを見つけました。

菅乃屋という九州・熊本の馬刺し屋さん。

なんと、馬刺し400g3960円がA8ネットでセルフバック50%の報酬。

suganoya

1980円で買えてしまうってことですね!
私もさっそく申し込みます。馬刺しなんて何年ぶりだ。

お歳暮シーズンなので、露出度アップ狙いでのキャンペーンだと思われます。
11月30日までの限定ですので、A8に登録されている方はぜひどうぞ。「菅乃屋」で検索すると出てきます。

馬肉専門店【菅乃屋】

夫が出張!アフィリエイト作業が進む(嬉)

夫が1週間出張です。ひゃっほう!

この機会に、新サイト立ち上げようと思います。(立ち上げるだけ。)

ついでに、古くなった記事を直したり、たまってる新聞読んだり、積んである新刊書を読んだり、大掃除したり、顔パックしたり、ものを捨てたり、カーテン洗ったり、アイロンかけたり、知人に手紙を書いたり、ずっと書こうと思ってたネタを書いたり、ツイッターのメンテナンスをしたり・・・・

したいです。はい。したいですね。

欲張って計画はするわけですが、2割ぐらいしかできないよね。たぶんね。

とりあえず、新聞はどうにかしたいものです。

「多様な働き方」ってまやかしなのかも

ここ数日で一番考えさせられた記事。

「正社員はまともな人?」1億7000万の格差生む“多様な働き方”幻想

私は実にいろんな働き方を体験してきた。正社員・契約社員・派遣・アルバイト・請負・自営。
あと体験していないのは、「会社経営者として人を使う」ぐらいか。

この記事にあるように、「多様な働き方」とされる非正規は、決して割に合う働き方ではない。

一方で、昨年の世帯年収350万レベルから、一気に今年は世帯年収1000万ぐらいになるので、なんだか感覚が変なのですが。
(注:夫の「年収350万円生活」は、昨年から今年をまたいだ約1年だったので、実際の世帯年収は昨年は350以上あった。でも、計算が苦手だし、月収ベースに直すとこの数字になるので、感覚的にはこんな感じ。)

収入が上がると、成果を上げていない人が頑張っていない人に見えてしまうときがあって、いや、そんなことはないんだ、と過去の自分を振り返って思いなおしたりします。

ええと、何の話だ。

そう、それで、やっぱり、恵まれた環境にいると、そうでない人への想像力が足りなくなってくるよね、ということ。

官僚もマスコミも、正社員でしょう。そんな人たちが政治しているんだから、こういう状況になるのもやむを得ないよね。
ああ、でも政治家だけは究極の非正規ですな。選挙結果しだいで失業だもんね。

フェミニズムでも、「専業主婦の価値を語るフェミニスト自身は有職の女性(それも、しばしば未婚女性)ではないか」という論理矛盾みたいなものが話題になることはあって、自分の立っている場所というのは本質的なことだなあと思う。

狙ったキーワードで初登場6位!上がるか下がるか

先日、キーワードをかなり狙って書いた記事があるのですが、アップ翌日に検索順位6位になっていました。

1位のサイトの記事は、2012年にアップされており、ちょっと古いですがその頃からずっと1位です。
(情報内容は、あまり古い新しいのないものです。)

私のブログの順位、ここから上がるのでしょうか下がるのでしょうか。
グーグルハネムーンってのもありますしねえ。
それとも、サイトの実力に従って、じわじわ上がっていくのかなあ。観察中です。(ヒマ人だな。)

画像素材サイトを発見。使いやすそう

画像素材のサイトを新しく発見しました。使いやすそうなのでメモ。

http://sozaing.com/

手が空いたら、カメラの勉強して、画像素材サイト作りたいなあ。広告はアドセンスだけ貼って、月1000円ぐらい儲かったら十分だわ。

画像って、ヘタでもいいから気の利いたシーンが欲しいときってありますよね。「段ボール箱にガムテープを貼る瞬間の手」とかさ。今ある素材サイトは、きれいで無難なのが優先で、どうもねえ。私のニーズにはぴったりではないわけです。

時給5000円の家庭教師求人とかあって困る。プロ家庭教師の話【副業日記】

私、家庭教師のトライのプロ家庭教師として登録されていまして、日々時給4000円とか5000円の求人がメールで流れてきます。

家庭教師はずっと長いあいだやっていたのですが、プロ家庭教師に登録したのは2010年で、活動をやめたのは2011年で、もうあれから3年もたちますが、トライから週に何通か求人メールが来ます。

教科や場所が私にぴったりと思える案件もたまにあるので、ついついメールを開いてしまいます。そんで読んでしまいます。時間のムダです。

でも、夫が失業しそうで、私が大黒柱か、と覚悟しはじめた時期にはこのメールが命綱に思えたものでした。

時給4000円×2時間×週4件やれば、週32000円、月12万8000円稼げます。週6件やれば、だいたい生活していけそうです。

私、家庭教師の仕事はわりと好きでした。生徒の成績がみるみる上がって、勉強を好きになってくれるのとか、いいもんです。「先生は魔法使いみたい」と小学生に言われ、親御さんにも感謝されたときは鼻高々でした。

でも、定年があります。家庭教師は、生徒とのシンクロ率というか、親よりも生徒に近い関係になり、信頼を得なければはじまらない仕事です。たぶん定年が30ぐらいなんだよね。私もそれぐらいの年で引退しました。
その年を超えると、魔法が使えなくなってしまうのです。

面白く、学びの多い仕事でした。もっとたくさん生徒さんを担当しておけばよかったな。

家庭教師業者の選び方や、トライでプロ家庭教師になる方法についてはまたいつか。

アフィリエイト収益をこのブログで公開し続ける理由(自分用メモ)

さて、今日も人様の記事をお借りして記事を書きます。

このブログの存在意義(乗っかり?):方向性の確認と今後 」(佐々木さん、お借りしました。いつも良記事をありがとうございます。)(はぐりんさん、V字回復おめでとうございます。サイト吹っ飛んだときの「ここで消えないぞ」宣言に胸をうたれました。)

ブログでアフィリエイト収入を公開されていた方が公開をやめられる記事をときどき目にします。

収入が上がってきたあたりでやめられることが多い様子です。

私ももしかしたらやめる時期なのか?と思ったのですが、やめる気は今のところありません。なぜなら面白いからです。

ただ、アフィリエイト収益が上がってくると、「なんだコイツ気に入らねえ」と思われる方も増えることでしょうし、気持ちを強く持っていないと収入公開しつづけられないので、備忘用に考えを書いておこうと思います。

日記が好きだ

日記が好きです。頼まれなくても、一銭にもならなくても、日記を書くのはやめないと思います。

記録の残っている限り、このブログで収支報告を始めたのは、2013年5月でした。

うーん、なつかしいな。
Adsenseが9435円で、Amazonアソシエイトが9円だってさ。

その前も、どこかに何か書いているんじゃないかと思いますが、引っ越しを繰り返すうち、記事が行方不明になりました。

このブログの存在意義(私にとっての)

過去のアフィリエイト収益の記事を見ていて思うのは、やはり月1万円のときと今とでは、自分自身の感じ方も、置かれる環境も変わったということです。

夫の失業危機に際して取り組んだアフィリエイトでしたが、私を成長させてくれたと思います。(と同時に、家事育児の面では大幅に堕落しております。)

私は元(エセ)フェミニストということもあり、女性が仕事を持ち、働くことにすごく興味があります。

そういう意味で、自分の過去記事が面白いです。
(自分で素材を作って自分でフィールドワークするという・・・。なんという自己完結。)

このブログの過去記事を読むと、専業主婦になり、自分の収入がなくなったときの自分の気持ちがよく思い出せます。(これはもしかしたら非公開記事になっていて、他の方には読めないかもしれません)

専業主婦という立場には満足だったけれど、どうも無力感みたいなものには取りつかれていて、なんだか「長い夏休みだな。やることないな。習い事でもするか」みたいな感じでした。
(夫の失業危機さえなければあのままでもよかった気がしますが。)

アフィリエイト収益が10万を超えるあたりで社会人としての自信のようなものが出てきました。

「なんだ、私もまだまだいけるじゃん」みたいな感じでした。

アフィリエイトで30万稼げたときには、「経済活動に参加してるじゃん!すごいよ私!」と思いました。

70万円を超えた2014年3月には、さらに、経営者の自覚というか、覚悟のようなものが出てきました。

このあたりで、会社員時代の給与水準を超え、未体験ゾーンに来ました。

ストレスも増え、増収よりも収入水準の長期維持に目が向き始めました。

会社員の頃、部長や役員が話していた悩みの意味がようやく分かるようになりました。あの頃スルーせず、もっとよく聞いておけばよかった。

そういった感じで、収益が上がるにつれ、日々世界の感じ方が変わってきています。自己評価も変わってきています。

稼げると、やっぱり自己評価も上がりますよね。うん、本音を書いちゃうとやっぱりそうだよね。

「自分が満足できる仕事ならいい」という人もいるでしょうが、やっぱり稼げる金額はとても重要な尺度です。(少なくとも私にとっては。)

どうも、「稼げるからエラい」という価値観にからめとられている気がして、それはまあ、どうかなあと思うわけですが、収入が上がると同時に自己評価は上がり、家事はおざなりになり、家族の満足度が下がるとともに、仕事自体の面白さは上がっています。

(余談ですが、収益下がるとどうなるんでしょうね。目標達成したという過去の栄光でプライドを保てるのか、収益低下にあわせて自己評価も下がるのか、自分ではまだよく分からないです。)

「女性も今の時代仕事を持つべき」とか、「専業主婦はさぼっている」とか、まあいろんな言説があるわけですが、実際体験してみると分かることがいろいろありました。

経験値を上げたことで、経験者として発言することができます。これは書き手として、かなりのアドバンテージだと感じます。(←このあたり、まだ雑誌ライターに未練があるらしくて自分でも驚く。もうあの業界はイヤだってば。)

女性がこの社会で、子どもを持ち、働き続けることはとても大変です。
と同時に、とても簡単です。バランスをとるのが難しいのです。

というようなことを毎日考えて暮らしているので、このブログ、私にとってはとても面白いです。自分で自分を観察するために、変わらず収入は公開していきたいと思います。
(結論これかwどんだけ自分が好きなのでしょうか。常に自己完結。)

(業務連絡)自営業者の経理の本を買われた方にご連絡

アフィリエイトの確定申告に使えるExcelテンプレートについて、数日前に記事を書きました。

アフィリエイトの確定申告。私が使っているExcelテンプレートはこれ!

その中で、「改訂版 個人事業・自由業者のためのかんたん経理・ラクラク申告」という本をお勧めし、「パスが現在も有効」と書いているのですが、なんと無効になっていることが分かりました。

あの記事を書いたときに、自分でパスを入れてみて、Excelが開いた記憶があるのですが、勘違いだったのか、それともその後配布ページをリニューアルされたのか、よくわかりません。

とりあえず、現時点では、書籍版のパスではExcelがダウンロードできません。電子版のパスであればダウンロードできる様子です。

そういうわけですので、本当に申し訳ありません。

もしあの記事を読んで購入された方がいらっしゃいましたら、もしお困りでしたらメールフォームよりご連絡ください。