2014年08月の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円を達成しました。

月別:2014年08月

女性に働けって言って、それで?男性低賃金が固定化するだけじゃ?

政府が最近、女性に「働け」って言うじゃないですか。

日本の人口が減るとか、成長力維持とかの理由でさ。

しまいには、安倍首相が女性に向けて「SHINE!」と言っていると海外ニュースになったり。

abe_shine_140826

Japanese Prime Minister Shinzo Abe accidentally tells all women to die|Independent

その風潮に飲まれるまいとなんだか頑張っている私です。
お金は欲しいけど、外では働きたくないです。

可能な限り、自分で調理したものを食べたいし、子どもの成長を見て過ごしたいと思います。
それを贅沢扱いする風潮が、なんだか変だと感じます。総中流をもう一度目指すのって、ダメなの?なぜ?
元フェミニストが結婚してヌルくなったのか、人間の本来の性質なのか、よく分かりませんが。

しかしさあ、この女性に働けっていうの、フェミニズムの人たちが目指していたものと同一なんだろうか?
このあたりについて、フェミニズムの人たちは今どういうふうに考えているのでしょうか。久しくまともな雑誌を読んでいないので、私にはよく分かりませんが。

しかし、専業主婦的アフィリエイターとしては、この「働け」に対して、変じゃないかっていう素朴な疑問が。

働けって言われて労働市場に出ても、時給1000円未満のパートをするわけでしょう?地方ならもっと時給低いでしょう?
それで、保育園に子供を預けて、保育園って、親の支払う保育料でまかなえる部分って80%未満なんだそうですよ。

hoikuryo_140826
(これは、たまたま見つけた東京都福生市の保育料に関する文書から引用。)

税金面からは赤字じゃん?

長期的に、女性が正社員で働き続けられるように、ってこと?
そうすれば、社会保険料なども含め、税収でプラスになるのでしょうか。

うーーーーん。よく分かりません。

「不況や産業構造の変化、男性の長時間労働への批判、ワークライフバランスへの配慮から、女性も分担して働く社会を目指していかねばならない」みたいなのも読むのですが(日経を読んで、私の頭で理解できたのはこのあたりまでなのですが)、それってさあ、結局、正社員男性が低賃金になってきたから、夫婦子供二人みたいな家庭では、女性も働かないと食っていけないよね、頑張ってね!SHINE!ってことなんじゃないんでしょうか。

「女性の社会進出」と「男性の低賃金」が抱き合わせって、それ、日本がどんどん貧乏になるだけじゃあないの?

そして、さらには、「男性の低賃金」というのは、男性に限らず正社員全般に通用する話で、女性であって一家の大黒柱になっている人(たとえばシングルマザーとか)も低賃金で固定化するって話になるのでは。

それって、今でも経済的に困窮しがちな女性一人親世帯のお母さんが、たとえまっとうな正社員職につけたとしても、一人では子どもを育てていけるだけの賃金を得られないってことで、困窮が加速すると思ったのですが、そこんところはどうなのでしょう?

ちゃんとフェミニズムの人、こういうのを研究してるんですかね?

日経新聞と2chばっかり読んでるばあいじゃないわ、私。

面倒な読者さんが出現・・・知らんがな(´・ω・`)

ここ数日、ある読者さんからのコメントが何件か入って、面倒で面倒で面倒で面倒で仕方ありません。

読者さんとの距離の近いブログの宿命でしょうか。前回の記事とはまた別の方です。まったくこちらを困らせる意図はなく、正義感でなさっているのですが・・・前回のコメントの方とほぼ同じような性質の方、いわゆるおせっかいおばさんからのコメントです。
「いつも読ませていただいています」「私はXXXはやめたほうがいいと思います。」「これからも頑張ってブログ書いてください応援してます」という内容なんですよね。ありがたいやら、答えるのが面倒くさいやら。

今回の方も、それはもう、個々人の判断でしょう、というところまで踏み込んで「こうしたほうが良い」とコメントしてこられているわけで。
このアドバイスを無視したら「今まで応援していたのにがっかりした。もう読まない」って書いてこられるんでしょうかねえ。読者さんを一人失うのはさみしいけど、まあ仕方ないってところもありますよねえ。すべての人に受け入れられるブログ運営なんて無理ですし。

そういうわけで知らんがな(´・ω・`)って返したい。私は。
でも、それはできない。

だからこっちのブログでガス抜きしておこうと思います。

知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)

もっとドライなアフィリエイト目的のブログって気楽だろうなあ。成約率は低そうだけどさ。私、人付き合いなんてもともと嫌いだし。
まあ、こうやって振り回されるのもブログの醍醐味か。お互い疑似的に友達気分という。好きでやっているわけだから、まあ最後までお付き合いしましょう。もう2、3回コメント打ち込んできそうな方ですが。

AV女優にスカウトされた話。一本たったの○○万円!【副業日記】

女子力とかいうものは極力身につけないよう、可能な限りひっそり暮らしております私ですが、どういうわけかAV女優のスカウトを受けたことがあります。あれは一体なんだったのか、今でもよく分かりません。このブログ、「副業日記」というタイトルですので、まあこの話も書いておきましょう。

事件があったのは、まだ会社勤めをしていた頃でした。20代後半だったと思います。

22時まで残業をみっちりする会社で(逆に、22時を超えると残業をさせてくれないので、ブラックではないという)その日も22時までやって、PCの電源を落として、空腹でてくてく西新宿を歩いておりました。

新宿大ガードのちょっと西、当時東京都民銀行があったあたりで、若い男の人が「ねえねえ、お姉さん、XXXですね!」って声をかけてきたんですね。
まあ何かのキャッチだというのは分かったけど、歌舞伎町ならともかく、西新宿で夜にこういうのは珍しいし、まったく別のことを考えていて聞き取れず、「はっ!?」って聞き返したんですね。

そうすると、その人、「お姉さん、エロいですよね!」と。

それを聞いて再び「はっ!?」でした。なんだそりゃ。そういうのが最近は褒め言葉なのか、と。だいたい私、エロくないので有名だし。

なんだかわけわかんないので、歩いて振り切ろうとしたのですが、手なれたもので「いや~、お姉さん、おいくつですか?僕、実は映像とかAVの仕事しているんですけど」と名刺を出してきます。

いやいや、「映像とかAV」じゃなくて、「AV」なんでしょうよ、と思いつつも、何となくイヤな感じはしない人あたりの良い人だったので、まあてくてく歩きながら名刺だけは受け取りました。名刺は毒にはならないですしね。

信号で立ち止まったところでさらにトークが。

AVのスカウト「お姉さんなら、AVでいいところまでいける気がするんですよね~。僕のカンなんですけど。お金、あったらいいなって思いませんか?」

私「はあ、あったらいいですよね」

AVのスカウト「そうですよね!AVなら、1本出るだけで20万ぐらいすぐですよ!」

私「はあ」(と相槌を打ちつつ驚愕。20万って・・・アナタ(‘A`) )

と、ここでスカウトさんの顔をまじまじと見たところ、第一印象ほど若くはなく、私より明らかに年上。髪はサラサラの茶髪で若く見えるのですが、顔のシワがけっこうあり、35歳以上に見えました。

AVのスカウト「もし興味があったら、この番号に電話してください!いつでも待ってますから!」

私「はあ」(あ、信号が青になった。よかったよかった)

という感じで、人生最初で最後のAV女優スカウトを無事にやりすごしました。

名刺を見てみると、名前は偽名っぽいし(整いすぎた苗字と名前でした)、電話番号はPHS(070始まり)だし、オイオイ、怪しさ全開でしょうが、という内容。

しかし衝撃だったのは、AV出演が1本たったの20万円で、それを十分高いと思ってスカウトしている人がいる(ということは、おそらくそれで乗ってくる人がいる)ってことでした。

スカウト時に20万って言ってたら、実際はもっと下がる可能性もありますよね。

日本、どんだけ貧乏なんだよ・・・(´・ω・`)

自慢じゃないけど私、当時は高給じゃないけど日々の暮らしに困らない程度には稼いでまして、貯金もそこそこありまして、「AV1本20万」って言われても、全然興味がわきませんでした。
だって、1か月で稼げる額より少ないし、場合によっては1か月で貯金できますもん、20万円。

1本200万ならちょっと考えたかも。うん。
でも、あれこれバレると一生の傷になりますんで、200万でも安いでしょう。

女性のセックスワークというのは、フェミニズム界隈ではけっこう議論の活発なテーマのはずで、その点ではとてもとても興味があったのですが、まあ、取材だけで済むわけがないですしねえ。

というわけで、そのスカウトの人に電話をかけることはなかったのですが、名刺は今でもとってあります(゚∀゚)アヒャ

A8フェスティバル今年も行きます♪昨年の収穫はこれだった

A8.netのA8フェスティバル、今年も行きます!

昨年も私、参加しました。それで、なんだか試食したり、割引券もらったりしてゴキゲンで帰ってきたという(゚∀゚)

a8fes2013

 

ただ、A8フェスティバルなんて、他のアフィリエイターさんと交流できるでなし(今年は終了後に交流会があるらしいけど)、広告主さんも今一つ私のサイトにはヒットしない会社ばっかりだし、意味なかったかもなあと多少消化不良ではありました。

しかし、1年経った今、あれは行ってよかったと思っています。

なぜって、今思えば、アフィリエイトのイメージがあの日、一気に変わるカルチャーショックな場面に多数出くわした気がするんです。

というのも、会場は人でいっぱい!
明るくて、にぎやかでした。
ファンコミュニケーションズの会社の人たちも、そろいのTシャツを着て、きちんとした印象でした。
カップル(夫婦?)で参加している人もいました。
きちんとしたスーツを着た人が、広告主のブースで名刺交換して、「これから当社では○○を主力にECサイトを作っていこうと思っていまして」と商談みたいなのをしていたり・・・。

 
(゜∇゜ ;)エッ!アフィリエイトってこういうもんだったんだ!とびっくりしましたよ、私。

それまで、アフィリエイトって、内職みたいなもんで、人には言わずコソコソやる類のものと思っていたんですね。
当時のアフィリエイト収益は月6~7万円で、うちA8netは2~3万円。
まだまだ「ポイントサイトでお小遣い稼ぎの延長」みたいな気分が抜けていませんでした。

でも、A8フェスティバル2013に参加したことで、そのイメージが払拭されました。

なるほど、きちんとした大人が取り組むに足る、きちんとしたビジネスで、稼いでいる人が本当にいるんだな、という。

A8netの収益欄の下に表示される、「7月の振込みベスト3 (個人会員の方) 」で、200万~300万の人がいるっていうのも、信じられるようになりました。うん、それまで半信半疑だったの(´・ω・`)

 
あと、セミナーもけっこう良かったですね。

「レビューのやり方セミナー」みたいなのがあって、A8の社員さんが、「もしいちご大福をレビューするなら」って言って、レビュー記事の書き方を説明なさっていました。

ああ、こんなにたくさん写真をのせていいんだ。こんな口語で気分で書いていいんだ・・・、という。

それまで、ブログで何かを紹介するときって、スペックを調べて調べて、それをゴリゴリ説明しなきゃいけないと思っていたんですね。

でも、セミナーで紹介されていたレビュー記事は、写真が主役で、こんな感じ。

「来た来た!届きました!○○のいちご大福です!」
(写真)
「包装紙は○○の柄!かわいいですね♪」
(写真)
「では開けてみましょう♪」
(写真)



「中はとろーり、白あんと真っ赤なイチゴが入っています。イチゴが大きいですね!」
(写真)

軽くて主観的でかわいい記事でした。(記憶から適当に再現したので、内容はテキトーですが)

写真って、表示が重くなるからと敬遠していたのですが、十枚以上使ってOKだとその時知りました。

ああ、なんだ、こういうのでいいのか、と肩の力がすっと抜け、そういう感じのレビュー記事も書くようになりました。

 
その後、アフィリエイト収益が増えていったのはご覧のとおりですが、その収益増に、間接的ではありますが、A8フェスティバル参加は効果があったと感じます。

今年もカメラをフル充電して参加します♪
ファンコミュニケーションズさん、ありがとうございます。

A8フェスティバルは、アフィリエイト最大手であるA8.netに登録すればどなたでも参加できます。

初心者のうちに、一度は行っておくとよいイベントだと思います。

A8.net登録ページへ

現在の目標について考える(2014年8月21日)。アフィリエイト収益が下がっても気にしない覚悟をする

現在の目標について考えます。
はい、こんなことばっかりやっています。
四半期ごとに目標進捗チェックはするわ、数か月ごとに人生の目標を考えるわ、よっぽど自分のことが好きなのでしょう。

今の目標って何なんだろう?

 

question_140821

 

(1)貯金2000万円

達成がほぼ確実な情勢です。
アフィリエイト収益がなくても、夫の転職成功により2014年~2015年にほぼ達成確実です。

夫が無職にならず本当によかった・・・。

 

(2)継続してお金の入る仕組み(月10万円目安)

アフィリエイトで達成できればいいと思うのですが、現状のままいきなり更新をやめても、2~3年は月10万以上は稼げそうな気がします。
(検索順位がどうなるかは分からないわけですが・・・)

「放置サイト」「自動化」には憧れますが、無理なら無理で仕方ないです。メルマガアフィリはやる気がしないですし。

 

(3)週3日×3時間の作業で20万円の収益

現状で、一番収益を出しているASPの広告が吹っ飛んでも、アドセンスとA8で20万程度はキープできそうです。
現状の50万レベルはバブルだと思いますが、20万円程度なら、何とかなるのではないでしょうか。
具体的には、今の収益がピークで、どんと30万ぐらいに落ち、そこから漸減かなと思っています。根拠はありませんが。

週3日×3時間は、努力次第だと思います。このブログの更新をやめりゃあいいわけですが(´・ω・`)

 

(4)マイナスにはしたくない。

ブログ課金中止・サーバー契約中止のタイミングは迷います。

JUGEMブログなどに300円×2件×12か月=7200円払っています。
ドメインとサーバー代で、15000円ぐらい払っています。

合計2万数千円/年ですね。
(↑私にとって、「アフィリエイトに必要不可欠でそれなしでは絶対成り立たない」というか、アフィリエイトのために純増している費用は、年2万円台ってことです。ここに通信費など、妥当そうなものはくっつけて節税するわけですが。)

収益がここまで下がるのは、まだまだ先の話という気がします。

 

(5)ものを考えて生きたい

「世界」とか「図書」とか読んで暮らしたい。

 

(6)良い妻・良い母になりたい

息子が物心つく頃には、手作りのおやつを作ってやったり、旅行に連れていってやったり、余裕のある母親になっていたい。
(今は既製品のお菓子をパリパリ袋から出して与えているわけですが・・・)

家の中もこんな乱雑じゃなくて、いつでも人が呼べるぐらいきれいにしておきたい。いや、友達いないから呼ばないんだけど(´・ω・`)
妻としてどうっていうより、人間として、だな・・・。

どうしてこんなに散らかっているんだ。

 

(7)私の収入(アフィリエイト収入)が落ちても気にしない

うーむ。いよいよ守りに入ってきたあたりが敗北主義者だな。

でも、実際自分の能力の限界は感じています。
私、5年後=40歳過ぎぐらいまでは、頑張れば稼ぎ続けられる気がするけど、15年後=50歳過ぎまで稼ぎ続ける自分がイメージできません。まして、60歳になってもアフィリエイトしているのか?というと、どうも違う気がします。

私のような素人主婦に、10年後のWeb業界を見通す力はないと思うし、そこまでしゃかりきになって情報収集して、分析して、時間を投入して、この業界でトップをとろうみたいな気概がありません。私以外の人の仕事だと感じます。

私の仕事は、たぶん、ものごとを面白く、分かりやすく書くことなんだろうな。
本性として、Web屋ではなく、物書きなのだと思います。ライターとしては芽が出なかったけどさ。

とすると、アフィリエイト収入が落ちるのは悲劇ではなくて、書けるネタゲットだぜ!なのでしょう。
というのも、アフィリエイト収入が落ちる様子がリアルに書かれたものを私は知りません。

前にとりあげた、はてなダイアリーの記事とか、ブラックハットのみなさんが飛ばされたTweetとかは目にしたことはありますが。

多くのアフィリエイターさんは、別の仕事に就いたとか、興味を失ったとかで、それまで運営したサイトを放棄されるのでしょう。
それで、アフィリエイト収益や、検索順位や、訪問者数がじわじわ落ちていくおそろしさを書いたものって見当たらないのだと思います。

でも、読み物としてはけっこうおもしろいと思います。(←他人ごと)
じゃあ、書いてやろうじゃないか、と思うのです。

 

(8)大学で勉強したい

おそらく私は、大学でやり残した勉強をもう一度したいのでしょう。
この先数年なら、大学院に通うことが不可能ではありません。二人目の子供ができたら無理だけどね。

国公立なら入学金30万弱、授業料50万強かなあ。出願料もかかるか。

だいたい140万あれば、大学院に2年行けそうです。
アフィリエイトで頑張ってこれぐらい貯めよう、とか考えたら、夢がわいてきた。あと140万は頑張って貯めよう。

 

5年前の日誌を発見・・・!けっこう目標達成できていて驚く

手帳の整理をしていて、2009年頃書いた目標のメモを見つけました。

私、しょっちゅう「こうなりたい」とか「ここが悪い」とか、自分について書いてくらしています。
小学生のころからこんな感じです。
どう見てもナルシストです。本当にありがとうございました(´・ω・`)

 

それで、2009年6月14日の私がなんて言ってるか見てみましょう。

 

techo_140821
 

「あと5年で文筆家になる」

当時は駆け出しライターでした。転職後1か月目の売上は2万円ぐらいでした。
ふーん、文筆家ね、文筆家って何?って感じですね。

ちなみに、その月はFX収益が10万円位あり、悲壮感はありませんでした(゚∀゚)

 

「あと5年で1500万円の貯金を作る」

当時の貯金額を考えると、どう考えても無理な額でした。増やせる見込みもありませんでした。

当時は夫とも出会っておらず、お金のためだけに必死で仕事していました。
結婚は人生の墓場だと思っていました。自由じゃなくなるし。

でも、その後夫と出会い、結婚3年の今、結婚してみてよかったと思います。
不自由は増えるけれど、旅行は一人より二人が楽しいし、ご飯は一人より二人が楽しいし、30代に入って体の不調も増えたから人がいるだけで安心だし、貯金しやすくなるし←結局そこか(゚∀゚)夫の存在意義って・・・?

そういうわけで、5年後の現在、貯金は1500万円を超えました。

超えた理由は、結婚してDINKS期間(DINKSって最近言わないか(´・ω・`))があったのが大きかったと思います。その時期に数百万増えました。あ、でも、これは夫の口座に入ってるんだっけか。

そして、2013年末に1400万円あまりだった貯金は、2014年8月現在1700万円超。約300万円増えました。
この300万円分はもっぱらアフィリエイトの成果ですので、嬉しいです。

私の現状を見てみると、「ものを書くだけで収入を得る」という意味では文筆家だし、「貯金1500万円超」も実現しました。

予想以上に思った通りになっています。

「ここで満足しちゃいけない」であるべきなのか「足るを知る」であるべきなのかよく分かんないのですが、この10年ぐらいで私、今が一番幸せだと思う。ここがピークじゃなければいいのですが(´・ω・`)

 

今日はお休み。でも今から働くよ(`・ω・´)

今日のお昼は、ちょっとアフィリエイトを休もうと思い、ビール飲みつつYoutube見てました。息子は昼寝。

beer_140820

昼からビールって、なにこれ幸せ(゚∀゚)

夫が隠していたカマンベールを見つけたのでいただきました。
(ビールにあまり合わない)

私、一人でこうやってゆっくりする時間をとったのって、何か月ぶりだろう?
2年ぶりぐらいな気がします。

ヒマさえあれば、ずっとアフィリエイトやってたものね。
それか、息子のこぼしたお茶とか食べ物とか拭いて暮らしていたものね。

ここ数日で、「結婚できない男」を10話まで見ました。

夫のシャツをクリーニングに出したら、こんなに時間ができました。
3500円の価値はあったなあ。

家事外注バンザイ(゚∀゚)

ブログで最初に作るべきページは?プロフィールページだと私は思う

アフィリエイトブログで最初に書くべき記事はプロフィールページだと私は思っています。

では、プロフィールのページには何を書けばいいのかって話ですが、私は以下のことを書くようにしています。

・ハンドルネーム
・年齢(「30代後半」程度でもよいので)
・性別
・家族構成
・職業
・住んでいる地域
・ブログを始めたきっかけ
・誰に読んで欲しいか
・どんな情報を発信していくつもりか
・プロフィール画像

身元バレ予防のため多少のフェイクは入れてOKです。でも、大きな嘘をつくのは、つじつま合わせに脳みそのメモリーを無駄に消費することになるのでおすすめしません。

このブログのプロフィール記事は、いろいろ脱落しているので失格です。

プロフィールで、「誰の役に立ちたいか」をはっきり書くことは大切だと私は思っています。

絞り込んでいればいるほど、そこにぴたっとはまった読者さんがリピーターになってくれるような実感があります。

これは、当時他のアフィリエイターさんからそのようにアドバイスされ、半信半疑でその通りやりました。。

「絞り込んだら訪問が減っちゃう」と思ったのですが、そうではないんですね。

特定の人に役立つ記事があることは、Googleでの評価を上げ、また、特定の人とコメントを交換することで、一般の人にも役立つサイトになっていく・・・そんなイメージです。

はっきり言って窮屈ですが、これぐらいやるのがブログの醍醐味かなあと思って、プライベートをさらして暮らしています。

お金と引き換えにプライベート売るよ(゚∀゚)って方は、ぜひ参考にしてください。