カテゴリー:未分類の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円を達成しました。

カテゴリー:未分類

スマホ版を手入れする

スマホ版のテンプレートを手入れしてみた。
回遊性を高めるのが狙い。ちょっとしたことで、5分ほどで終わったんだけど、うまく当たるかどうか。

ちなみにこれは、カエテンとともに配布したマニュアルに書いている内容なんだけど、自分のメインブログではやっていなかったという。
こういうことをコツコツやらなきゃいかんのだよなあ、と思う。

国保は年額約60万円(これでも上限ではないという)

※2016/7に下書きして予約投稿です。

国保がきました。
在住自治体がバレバレになるので数字を丸めますが、まあ60万円以上でした。

調べてみたところ、これでも上限じゃないんですよ。
国保すごいね。

毎月の支払いは7万円台です。
うおおおおっって感じですね。

払おう。そしてさらに稼ごう。頑張ろう。

増やすべきは公立公営保育園じゃないの?という読者さんからのご意見

先日の記事「主婦アフィリエイター、保育の質について考える。外国人ベビーシッターはアリなのか」という記事に、保育園関係の方からご意見をいただきました。

一利用者である私では見えないことってあるなあと、このご意見を拝見して思いまして、ご了承を得て転載させていただきます。

———-ここから—————

「主婦アフィリエイター、保育の質について考える。外国人ベビーシッターはアリなのか」の記事を読ませていただきました。

私は公立公営と公立民営の違いも大きいなと感じてまして
公立公営が増えなくちゃダメと思ってます。
そういう流れの政治を皆が選ばないから仕方ないけど。

具体的には公立公営の保育士は公務員だし
育休などの待遇が確保されパートも多くいるので長く勤めます。
辞めないから保育士の年齢層が20代の新人から定年までと層が厚いんです。

設備は古くても経験を伝えて新しい方法を取り入れる人的環境が整っているので、子どもも落ち着いてる感があります。

一方で、うちのXXが通っている公立民営の保育園は建物は新しくきれいで素敵。
でも保育士のほとんどが20代で経験不足です。
それでたまにできる30代保育士がいると、新たな園の開設要員に異動されてしまい、その穴をまた若い保育士でうめる循環。
うんちのお世話の配慮が足りないとか、できない保育士が多いです。

政府は保育園を足らせる事に力を入れるのでしょうがこういう事って見えてないし、問題にもならないで進むのかな。
———-ここまで—————

個人情報が含まれていた部分などを勝手に少し改変させていただきました。

保育園って本当にピンキリです。

私が息子をふだん預けているところはこの方のかかれている「公立公営」。

おっしゃるとおり、保育士が若手から50代、60代?までそろっています。
預けるにあたり、当初から不安はあまりありませんでした。

時々預けているのは「私立私営」の認可園。

社会福祉法人とか。これも良いところがけっこう多いかな。
当たり外れはありますかね。

前回預けた日本語通じなかったところは、私立私営の無認可園。

公立民営は家の近くにないのですが、増えているみたいです。

市区町村立保育園だけど、働いている人は公務員ではなく民間。

ということなのだそうです。

保育園問題、見える方向によっていろんな解答が見えます。

ご意見どうもありがとうございました。たいへん勉強になりました。

メールへのお返事

2015/3/30 15:40 にメールをくださったYさん

なんかメール送れませんでしたので、こちらでお返事させていただきますね。
差支えがありましたらすぐ消しますのでおっしゃってください。

Yさんのなさっているアフィリエイトは、私は詐欺だとは思いません。

私はレビューは必ず自分で試してからというスタイルでやっていて、健康食品等やダイエット商品に批判的な記事も書いております。
ただ、どの商品も、必要があって流通しているもので、そこには作り手の思いも入っているわけですから、どのような商品であろうと、紹介して世に出してやることに意味がないわけではないと思っています。

個人的には、医者にかかるべき疾患や、特に末期がんなど藁にもすがる思いの人に、効果の疑わしいものを売りつけるのは、商売として許せないので、この世からなくなればいいと思っています。

ただ、売っているほう(製造・販売会社ですが)にも言い分があるはずで、その社員さんと家族の方が路頭に迷うことも私は望んでいません。

また、健康にかかわる商品なのであれば、薬事法など、しかるべき法規制がされていて、それを踏み越えない範囲で広告のコピーが考えられているはずですから、アフィリエイターもそれに従っている限り、何もやましいところはないと思います。

私のような、生活密着系の(プロフィールを開示して、自分の生活と人格を切り売りする)アフィリエイトをしているならともかく、ペラサイトでそこまでストイックにしていく必要をあまり感じません。
アフィリエイトのプロとして、淡々と紹介していけばいいのではないでしょうか。

ドラッグストアにいる薬剤師さんがは、すべての商品(薬・化粧品・健康食品・雑貨)を試したわけではないでしょうし、それでも商品を売っています。

もっと言うなら、家電でも、食品でも、車でも、建売住宅でも、一般消費者向けの商品には、どこか嘘が含まれていると思いませんか?

私はもともと消費社会に懐疑的なせいか、そういう風に感じてしまいます。(そういう雰囲気の家で育ったせいなのですが。)

家電だって「便利ですよ!」って売っているわけですが、老人にとってはオーバースペックなことってよくあるじゃないですか。

というわけで、Yさんは、もしペラサイト量産で収益が上がっているなら、そのまま続けられたらよいと思います。プロなのですから。

いっぽう、迷われているなら、やめてもよいと思います。

しかし、もしかしたら、迷われているのは、思うほどの収益が上がっていないことが理由かもしれず、ウハウハ言うほど儲かったら、迷いが吹っ切れるかもしれないので、迷いながらも続けてもいいと思います。

どっちだよって感じですが、そのように思います。

私の場合は、ブログの読者さんと距離がきわめて近く、クレームも受けやすい立場ですので、自分のスタイルはこれで良いと確信していますが、それはそれで窮屈なものです。また、ネタも切れますので、長期的なアフィリエイトには向きません。

思えば、私もYさんと同じような悩みを持って、雑誌のライターをやめました。
なんか、新発売の化粧品を持ち上げる記事とか、延々と書くのがイヤになったのでした。
でも、何かを書き、物を売るということは、本質的にはそういうウソが含まれていると思います。

Yさんも、もしかしたら私と同じタイプかもしれませんので、もしそうなのであれば、軌道修正されたらいいと思います。

いずれにしても、アフィリエイトは職業で、お金を稼ぐ手段で、それは、経済社会で自分がどうありたいのかということだと思いますので、苦痛なのであればやめ、もっとやりがいのある方法でお金を稼ぐ(それがアフィリエイトであるか否かを問わず)ということなのではないでしょうか。

お答えになっているかどうか分かりませんが、私はそう思いました。

ピンバック停止しました。ほんと迷惑ですみません。

WordPressのピンバック機能を停止しました。

ここで操作できました。

pinback_140925

私からのピンバックを受信された方から教えてもらい、ピンバック機能について初めて知りました。
何やねん、これ。

これまで知らずにピンバックをたくさん送信していたものと思われます。
ご迷惑ですみません。

更新をやめたライバルブログのカウンターの数の変遷

これまで何度か取り上げている、ライバルブログの訪問者数の変遷です。

この企画、むっちゃ怖いよね。自分でも怖いよ。自分がね(´・ω・`)
人間の嫉妬っておそろしいですよね(他人事)

さて、ライバルブログさんのカウンター数のキャプチャはこちら。

2014/6/2(更新停止後1ヶ月半)

counter_14060

2014/6/21(更新停止後2ヶ月)

counter_140621

2014/7/23(更新停止後3ヶ月)

counter_140723

あ~~~~~。
変わらないってことじゃないですか?

検索順位もモニタリングしているんですが、一時下がったものの、また上昇(っていうか安定)しています。
下がったのは、Googleのアルゴリズム変更の可能性が高い。

またこのブログさんは、検索数の稼げるオンリーワンの体験談が載っています。これは更新停止3ヶ月経っても、ずっと検索1位のまま。

なんだかさあ、更新止めても大丈夫じゃないの?という。

毎日更新がちょっと疲れたアフィリエイターからのお知らせでした(´・ω・`)

高単価アフィリエイトの承認率(2014年6月30日版)

クローズドASPの高額報酬アフィリエイトの記録です。

2014年6月は発生件数39件でした。

seiyaku_140630

1件1万円超の報酬ですので、全部承認されたら40万を大きく超えますが、そうもいかないもので毎月半分ぐらいしか承認されません。 それでやる気が出ません。

それにしても、今月はまったくこれ関連の記事を書かなかったのですが(これまでは毎月せっせと書いていたわけですが)、記事の日付を変えて更新しなおしたり、自分のアメブロにこのアフィリ記事への誘導記事(「読んでね♪」ぐらいのやつ)を書いたりしました。結果、すごい収穫でした。なんだこういうことか。

記事の品質が確保できていれば、あとは集客次第なわけですね。

過去記事のコメントで教えていただいた通り、日付を変更して更新ボタンを押すだけで効果があるらしいと確認できました。ありがとうございました。

アフィリエイトにおいて、先輩の知恵というのは役立ちます。すごく役立ちます。でも、全部はマネできません。だから問題は、どのテクニックが自分に合っていて、どれは合わないのかを見極めることなのかなあと思ったりします。