カテゴリー:アフィリエイト日記の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円を達成しました。

カテゴリー:アフィリエイト日記

記帳方法 口座間の移動とか売上とか

◆自社のA銀行普通預金口座から自社のB銀行普通預金口座に1万円を振り込んだ場合

→普通預金 B銀行 10000/普通預金 A銀行 10000

◆売上があった場合

→普通預金 A銀行 50000/売上 50000

これでいい。はず。

ねえ、このレベルで会社の記帳やってるとかこわすぎ(´・ω・`)

アフィリエイトの会社から子どもに給料を出すことはできるのか(いや、さすがの私もそこまではやらないが)

アイデアだけで、本当にやるのは問題だろうけど、会社から子どもに給与を払うのは可能だろうか、と以前税理士に相談したら、それはダメだろうといわれた。

若年労働の禁止みたいな、児童の酷使ですか、労働基準法違反でしょ、的な。かなり問題な感じ。

じゃあ、子役ってどうやってお金もらってんのって話で、請負でしょ、請負の報酬ならどうですかって話をしたら、それはまあ違法ではないでしょうと。

ではそれでいくらなら無税で渡せるか、考えてみた。(今この話しなくてもよいのに、完全に現実逃避)

所得税の基礎控除が38万だから、38万ならいけるのかなと思った。

そんで、幼稚園以上であれば勤労学生控除27万円もいけるでしょうと思った。

じゃあ、65万かって思ったら。

そうじゃないのね。住民税のほうで問題が生じる。

住民税の控除額は33万円。非課税限度額は35万円。

じゃあ、35万円かと思ったら、これも違ってた。

未成年は、非課税限度額が125万円なんですと。

ということは、やっぱり65万いけるのか。

ちなみに、勤労学生控除は、「学校教育法上の学校」が条件だから、幼稚園に通っている子はいける(と税務署の相談窓口で聞いた)。

聞いてないけど、たぶん保育園の子は無理なんだよね。

なんで急にこんなこと考え始めたかっていうと、年末でさ。

レシートの糊付けが面倒だなっていう、そういう時期が来たわけですよ。

子どもにさあ、レシートの糊付け手伝ってもらいたいなあと思う。

今年は無理でも、将来的にはさ。

そんで、そんなときに報酬を払いたいなあと思った。

すごく前に税理士にこれを相談したら、先生が若干引いてたから、もう相談はやめようと思う。

(ちなみに、先生に相談したのは「報酬ならOKでしょ」のとこまで。それ以降は私の調べた内容。)

個人事業だと子どもにお金払えないけど、会社にしたら払えるよね、という。そういう話でした。

さああて、ムダなことしてないでちゃんと仕事しよっと。

追記。

そんで考えていたんだが、勤労学生控除の条件である「給与所得などの勤労による所得」にあたるかなって考えていたんだけど、これは大丈夫らしい。
(所得税法2条1項32号)

だが、実際に払うとなると、会社のほうでは源泉徴収をして、10%差し引いて、それから子どもに払って、子どものほうでは来年確定申告をしてその数万円を取り戻すと。

そういう手続きになるわね。

それって超絶メンドクサイですね。

やらない。やらない。さすがの私もそれはやらないw

が、可能性を検討できたのは収穫であった(違うぜ。時間の無駄遣いだぜ。)

ペペラさんの記事(すぐ影響される私)

ペペラさんのブログ記事を読んだ。

ペペラさんというとあれだ。かつてお祭りで私が入賞し、プロフィール記事を書いてくださった方です。

この記事で

あなたが死んだらサイトはどうなる!?アフィリエイター遺言のススメ
http://ameno-hi.com/archives/4370

これもろうた。

あれが2015年か~。
アフィロックとかもあって、楽しかったよね。

そんで、読んだペペラさんの記事はこれだ。

2017-2018 P系リンク乞食スペシャル
http://pepera.hatenablog.com/entry/2017/11/10/084759

私、久しくツイッターにログインしていないんだけど、通知だけはしょっちゅうきてて、それすらも見てなかったんだけど、なんかこの記事が流れてきたのだけは見つけてクリックした。

そしたらこの記事ね。

私、アフィの知り合いってほんといなくて、今どういうトレンドかとか全然把握してないし、ほかのアフィリエイターさんのブログとかも今年に入って全然読まなくなっちゃったんだけど、あれだね。アフィリエイト業界全体に閉塞感が漂っているのでしょうか。そうでもないのか。不明。

だが、ペペラさんの最近3つぐらいの記事読んで、ほんと、記事ってあげた瞬間から古びていくよなとか、消耗戦だよなっていうのは、分かる。刺さる。

ので、持ち株売ることにしたw(←すぐ人に影響される。)

ペペラさんのいうとおり、あと数年で不況が来るのは、オリンピック後の不況ってことだろうけど、まあそれは大なり小なり来るだろうなと思ってる。

まあ、それでも、3年ぐらい持ちこたえたら、また不景気の谷底は脱するんだけどね。

それに、これまで稼いだアフィリエイターさんならキャッシュも積みあがっているだろうし、さほど稼いでいない私だって、3000万円ぐらい貯金は増えて、そんで、旦那が失業しないならそんなに大きな稼ぎがなくたった困らないのだけど。と自分に言い聞かせる。

(景気の谷で旦那失業したらサイアクだよな。とか、は、考えないことにする。)

まあ、これを読む限りでは、私に合うのは、稼いで逃げるほうだな!

ひゃっほう!
頑張るぞっと。

社会保険事務所からお尋ねがきたんだが(社会保険に入ってない件)

さあてっと。こんなのがきましたよっと。

社会保険事務所から、「あなた社会保険に入ってますか」というお尋ねです。

大きな声では言えませんが、私、法人代表になりましたが社会保険に入っておりません。

だってさ、あまりメリットないじゃない?

みんなで助け合うシステムだし、強制加入ってのは分かっているけど。

給与計算も面倒になるし、厚生年金って、払い損の可能性が高い年金だといわれていると思うんだけど。

だいたい、社会保険事務所まで行かなきゃならないのが面倒。遠いし。

あれだよね。自分で足を運ぶ必要があるんだよね。
(社労士に頼もうとか思わないところがまたね。)

ほんと今年はそれどころじゃなかったから、加入手続きもしていなかった。

そしたらこんなの届いちゃいましたよね。

まあ、税務署から情報提供を受けて、機械的に送ってるんだろうけど。

どうしますか。とりあえず一発目は無視ですかね(極悪)

来年になったら、役員報酬をゼロにして、旦那の扶養に入ろうと思っていまして。

そしたらこの問題は解決だわ。

めでたしめでたし。

じゃなくて、あとから追いかけてきて、3年分払えって言われて、それでつぶれたとことかあるんだって。
ほら、カリスマ美容師ブームのときにちょっと有名だったあの美容院とか。社会保険料をあとから払えって言われて払えなくてつぶれたって聞いた。ただのウワサかもしれんけどね。こわいわあ。

まああれだ。来年からも法人から自分に給与を払い続けるなら、社会保険も入るよ。うん。

年収1億円を越えた人の心境。私の心境。メキシコ漁師のコピペ

今日も子供は保育園の一時保育に大金使って預けて、そんでこっちの記事書いているなんて意味ないんだけどさ。

だいぽんさんのブログに「うむ~」となったのでメモ。

だいぽんさんは、情報商材アフィリエイターなのですが、わりと信頼している。

まあ、情報商材特有のあやしさはあるが、この人は稼いでいるのは本当だと思うしね。

ちなみに私、以前血迷って、だいぽんさんの情報商材(高額。15万ぐらい)を買って、実践していないです。

まんまと養分になっているの巻。

で、ブログの話ね。

「お金を一定以上稼ぐと、それ以上お金を増やしても生活のクオリティがほとんど変わらなくなって、代わりに自己実現、健康、時間、家族、貢献みたいなものが人生においてもっとも重要だと感じるようになるんだけど、節約という行為はそのどれに対しても逆行するし、せっかく節約した分も最大税率55%で国に持っていかれ、死んだ時にまた相続税で半分とられるから、それくらいなら使い道のないお金をどんどん経費にして、お金でやりたいことをする時間を買ったり、瞬間瞬間の幸福を増したり、大切な人を幸せにしたりして、自分の一度きりの人生を充実させたほうが、ずっと合理的な気がしない??」

http://daipon01.com/ppc/20059.htmlより引用。

うむうむ。

だいぽんさんは、月1000万以上稼いでいると思うんだけど、そうするとこういう気分になるのだねえ。

私の場合は、瞬間最大風速的に、昨年は売上年2500万になったけど、旦那の給料とあわせると、年収3000万円家庭に一瞬だけなったのだけど、そうしたら、余裕はあるんだけど、こういう心境にはならなかったなあ。

ここまで突き抜けるとこうなるのか。

バックリンカーさんも、年収4000万ぐらいからが節税本番って書いてた。ような気がする。忘れたけど。

だから私なんてまだまだなところでピークが来ちゃったんだな。

もう一個ピークを作れるとはちょっと思えない。疲れているし。

かんなちゃんが書いてたこれね。

結婚(子持ち)した場合、幸福感の天井は年収1500万円位で味わえるんじゃないかなのまき

これはわりと実感に合うんだけど、うちは今年含めて4年間、年収1500万円ごえなんだけど、だからって安心できるかというとそうでもなく。

ここまでくるとあれだよ。

2chのメキシコの漁師のコピペだよ。

だいぽんさんになれるなら、それはそれで幸せだろうけど、なれないなら、早くメキシコの漁師になったほうが勝ちじゃない?

あと、オバハンのゲスな勘ぐりだが、だいぽんさん、もうすぐ結婚するんじゃないかね。何となくそんな気がする。

やる気が出ない理由は何なのだろうか

Nさんから「かのこさん何だか楽しくなさそうな雰囲気ですね」とメールが届きました。

それに対する私のお返事がこちら。

======================
お気遣いいただきありがとうございます。

ブログがやる気なくなった理由のひとつは、XXXXなんですよ!!!!

自分でも呆れます。

最近になって、はまってしまいました。

どんどんXXして、XXなので、すっごい達成感があります。

人間としてのやる気って、そうたくさんはないようで、XXXXにやる気を吸い取られております。

アフィリエイトも初期はこんな感じで楽しかったんだけどな~と。

とにかく、XXXXの面ではたいへん充実した毎日です。

======================

これを読んだNさんは脱力し、この人心配しなくていいわ。ほっとこ。と思ったことでしょう(^ω^;)

XXXXは、まあ、なんでしょうね。趣味の類です。

ですが、あまり生産的ではないし、芸術的でもないし、子どもに誇れるものでもないですね。

だけど楽しいんだから仕方ないですね。

ところで、私がアフィリエイトの同期と勝手に認定しております、かんなちゃん、佐々木さんも同じくアフィやる気ない症候群に悩まされているようであります。

http://hikikomori-channel.com/

http://af-mm.com/

こんな記事からリンクしまして失礼します。

なんか縁起悪そうなリンクだもんな。ほんとごめんなさい。
(じゃあリンクするな、か。)

2013年~2014年にアフィリエイトを始めたという点で同期と思っているのですが。

やっぱり、3年ぐらいで、アフィリエイト作業って飽きるのかねえ。

私の場合、収益が落ちてて、そのせいでやる気が落ちたかと思ったが、そうでもないものかな。

飽きずにやれる人って偉人だよね。

以前書いたけど、私、仕事は3年で飽きてきた。
記事見つからなくなったけど、どっかで書いたけど、同じ仕事は3年で飽きてきた。

今、4年目ぐらいかな。ゆっくりきたけど、やっぱり飽きたね。

ここで、人を雇うとか、いろいろやれば、やめられない状態になって、手が動くのかなあ。

前も書いたとおりで、書きたいことはいっぱいある。

が、収益とバランスしない作業をこのところとみにやりたくなくなっていて、そんで手が動かない。

会社なら、しのごのいわず、仕事が目の前に降ってくるからいいよね。

一人でやることの限界か。

まあ、あれだ。記事書くか。

このブログが面倒

先日書いたこのブログのブログ記事に関して、ちょっと面倒なことがありまして。

まあ、下書きしたけどこれはどうよって思って削除したけど。

吐き出したいけど、それはどうよって思ったから書かないけど。

なんだろう。

ネット上の人間関係って難しいね。

そんで、ネット上の人間関係ってもろいよね。

信頼関係があるから友達って思っていても、ある日突然こういうメールが届くこともあるわけで。

まあ、自業自得だけど。

面倒だね。

さ、この記事かいたから忘れよ。そんで仕事仕事。

アフィ時間確保のためには睡眠時間を削るしかないのだ

なんでこんなに最近アフィ作業時間がないか考えたんだけどさ。

要するに、子どもが二人で、私が夜9時前に子どもと一緒に寝て、朝あんまり早く起きなくて、おきてもアフィ作業じゃなくて家事をやってて、要するに、夜更かしをしないからなのだ。

あと、子どもが幼稚園に上がって、9時5時で作業できる日がなくなったってのもある。
2時に帰ってきちゃうからさあ。

一人目を幼稚園に預けて(9時)、二人目を保育園に預けて(9時半)、ちょっと家事して(10時過ぎ)、アフィ作業して(10時半から2時)、一人目迎えに行って(2時)これで終了。

正味3時間半しかアフィ作業ができない。

この中に、ちまちまと銀行のあれこれとか、税理士への問い合わせとか、ASPさんからのメール返信とか、やっていると、記事をがっつり書ける日はそんなにないことが分かる。

以前、1日預けていられた頃は、午前中はちょっとエンジンかかってなくても、昼1時から4時半にぐわ~~~~~っと記事書くとかで何とかなっていたわけだ。

だから、私は、もっと段取りをして、もっとこの、アフィのために一時保育を使ってお金払うのであれば、もっと本気でこの時間は作業だけやれるように、段取りしなくてはならないのだ。

というこの記事を書いている暇あればあっちの記事を書けの巻。