カテゴリー:アフィリエイトで法人化の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円を達成しました。

カテゴリー:アフィリエイトで法人化

創業支援事業の予約完了(3回分)

凄い速さで動いているように見えるが、実は記事を書いていないからまったく何も仕事していないという。

法人登記費用節約を考えていて知った創業支援事業。

このセミナーを信金とか市役所とかで受けると、登記のときの登録免許税が半額になるんですよね。

半額っていっても、6万が3万になるって話で、今は月100万以上収益があるから、そんなことしなくていいんじゃってちょっと思ったんだけどさ。

私、起業についてなーーーーーんにも知らないままこうやって事業者気取りでいるわけじゃないですか。

もっと制度とか世間とかをよく知るのもいいかなと思った。
(ちょっとさ、悪い予感もするんだけどさ。税務署の無料記帳相談で来た税理士さんに切れたこともあるしね。)

けどまあ、ほら、補助金とかあるかもしれないし。

あとは、コワーキングスペースみたいなのも紹介しますよって言われた。
(法人登記ができたりするらしい。)

創業支援事業で認定されると法人設立が安くできるらしい

市区町村の創業支援事業があって、なんか講習を受けると、法人設立費用(登録免許税)が半額になるらしい。

んで、調べているところ。

しかしさあ。
この忙しいのに、何回もセミナーとか行けるんかね。子連れでさ。

と思っていたらさ、

創業5年以上、すなわち個人事業の改行から5年経っているとダメかもって言われたの巻。

個人事業の開業からはねえ。5年たってるねえ。

たださ、登録免許税(合同会社の場合6万が3万に)っていうだけなので、その3万のためにマジでいくのかい、おいって気もしている。

今さあ、4時間(+その倍ぐらいの移動時間)をかけて3万円の仕事って、断るレベルで忙しいです。
だってさあ、年末だし。年賀状書かなきゃいけないし。お節も作んなきゃいけないし。掃除もさ、掃除もね、しなくちゃいけないんだよね(←なんという難題。)

============
相談先はいろいろあったけど、信金に問い合わせしたらわりと好印象だった。
とりあえず相談来ませんかといわれたので、子連れでいってくる@今週

源泉税を外注先に支払う段取り中

外注先っていっても兄弟なんだけどね。別居の未婚のね。
どうすんだろうね。
って、私が心配することじゃなく、本人が考えてんだろうけど、まあ、心配だよね。
今は両親と住んでるからいいけどさ、ねえ。

んでまあ、今年は報酬支払うって話を税理士さんにして、どかーんと払うわけですが。
(このさあ、どかーんと払うための仕事をつくるのがまた大変だったという、指示するだけでもさ。)

で、イラスト書いてもらったり、写真撮影してもらったり、源泉所得税のかかりそうな内容なので、初めて源泉税を払います。

税務署に聞いたところ、どうやら届出書を出す必要があるらしい。
あと、納付書はネットでは公開されてなくて、税務署に頼んで送ってもらうらしい。(というか、取りにいくのが普通のようだが、家から出たくないのですよ。)

で、電話したら、届出書も納付書も送ってもらえることになった。

源泉税の納付は、支払った翌月10日まで。
わりとタイトスケジュールですな。

あれだねえ。いろいろ勉強になるねえ。

現在の法人化プラン

2016年末まで 法人化後に使う口座(「口座A」と呼ぶ。個人名義)を準備しておく

2017年1月 確定収益が130万円を超えたあたりで法人化する。
(それまでは個人事業の報酬にする)

法人化以降は口座Aに報酬を振り込んでもらう

2017年1月 銀行口座(法人名義)を申し込む

銀行口座ができ次第、企業型確定拠出年金を申し込む

2017年12月 個人名義の倒産防止共済が引き落とされる

なんでもいいけどさあ!

報酬がさ!月100を超えることを前提にこのプランを作ってるわけで!

報酬下がったらどうすんだよ!おいっ!!!!

法人化して企業型確定拠出年金に加入することを考えるの巻

法人化してさ、そのあと企業型確定拠出年金に入ったらどうかと思ったのね。

そうしたらさ、利益が法人に積みあがってしまっても、合法的に非課税で個人資産に移せるじゃないですか。

そんで調べて、SBIならわりと安く企業型確定拠出年金に入れるって分かったんだけど。

しかしさ、手続きに少なくとも半年かかるんだってさ。

うむ~。

まあ、やるとなったらやるけどさ。煩雑だね。

しかも、あれだ。
企業名義の銀行口座がないと絶対無理だろうし。

ハードル高いね。こりゃ。

セーフティ共済に翻弄されるの巻。来年1月に法人設立(消費税は払う)ではどうか

倒産防止共済(セーフティ共済)に昨年加入しました。節税目的です。
それで翻弄されています。

支払日が12月27日とか28日で、ここまでは個人事業をやってないといけないのね。
そうしないと払えないのね。

そんで、それを待って今年中に法人設立って無理なわけで。(たぶん。12月29日とか、役所閉まってるよね(´・ω・`))

そんで思ったんだけど、来年さ、1月に100万とか200万とかのアフィリエイト収益が発生するじゃないですか。

そんで、12月に240万円の倒産防止共済を払うじゃないですか。

そしたら私の事業所得はゼロになるよね?

消費税を納税しなきゃいけないとか言っても、消費税は8%で固定されているわけで、そうすると、200万円売上があっても消費税8万円なわけですよ。
(50%みなし仕入れ率)

他にも、小規模企業共済84万円とか(これは法人役員でも使える)、確定拠出年金6.7万×月数(これは法人役員になると減額)、基礎控除とかもあって、まあこれは法人報酬とバランスしなきゃいけないからまあさ。わかんないけどさ。

つまりさ、240万円の倒産防止共済を払うつもりなのであれば、来年の売上が240万を超える瞬間を狙って法人設立すればいいんじゃない?という思いつき。

個人事業は廃業せずに存続させておいて、売上がそこそこ立ったら法人を設立して、法人設立って申請してから法務局で1週間ぐらいかかるみたいだから、そのぐらいの日を狙ってさ。書類を持ち込むの。

(なぜこうして日常生活にバクチの要素を持ち込むのでしょう(´・ω・`)そんなにバクチが好きなら、FXでもやってりゃいいのに(´・ω・`))

どうしてさ、税理士さんは「来年は消費税の課税事業者になりますので、年末に法人設立しましょう」って言うん?(´・ω・`)

どうしてみんな、個人事業は廃業してしまうん?(´・ω・`)

もっぱら節税目的で私が法人を設立するのであれば、来年の、アフィリエイトの売上が240万を超える頃にやればどうかと思ったのですが。

素人の浅知恵ですか(´・ω・`)

間違ってたらどなたか教えてください。

この内容を国税庁の電話相談で聞いたらばさ(←節税相談を税務署にするなよ、おい。でもちゃんと答えてくださったのでした)

指摘された点その1

個人事業を廃業しないと、税務調査で問題になりやすい
(どこまでが個人でどこまでが法人か分からない。恣意的に分けているといわれる)

個人事業は開店休業で、すべて法人に移すということを説明したら、問題ないんじゃないですかといわれた。

指摘された点その2

資産計上してある固定資産などの減価償却などが問題

うちには何もない。PCも固定資産じゃない。サーバーはレンタルだし。月で割り付けるかどうかぐらい。と答えた結果問題なさそうになった。

そのほか、個人の銀行口座を新たに作り、法人設立後はそれを法人専用として使って、報酬もそこに振り込んでもらうってことで、っていったら、それも問題ないんじゃないですかといわれた。

だから私は、今年の末に法人設立の準備をし、書類を出せばいいだけの状態にして、その後、1月を超えても収益発生が続くようであれば、そん時にばばっと法人設立をしようと思う。

書類だけをそろえてしまえば、あとは3日~7日で登記が完了するらしい。
年末のさ、忙しいときに法人設立なんてごめんだし、本当は1月もよくはないんだけど、まあ、悪くもないよねってことで。

とか考えていて思ったんだけど、倒産防止共済の分は単に課税の繰り延べだね。

それも、より高い税率の税金がかかる可能性の高いやり方での課税繰り延べだね。

これはうまくないね。

うまいやり方としては、青色申告特別控除分(65万円)を超えない程度に売上が上がったところでの法人化だな。

そんで、万が一65万円をちょっと超えてしまったら、倒産防止共済を積み増せばいいんじゃないのか。

(倒産防止共済は、そうでない場合、最低限の月1000円とかに切り下げて、納付月数(40月を超えないと元本割れする)を稼ぐのがいいのでは。)

いずれにしても、法人設立を少しでも先に延ばすことは、まあ悪くないと思うんだよね。
収益がいきなりゼロになるかもしれんしさ。

税務署から消費税課税事業者届出書が届いた(´・ω・`)

2016年9月21に書いて予約投稿。

税務署から分厚い封筒が届いて、なんだろうって思ったら、「消費税課税事業者届出書」とかそういうの一式が届いたです。

税務署って親切やね(´・ω・`)

さああて、これでいよいよ法人を設立するか、しないか、決めなくてはいけなくなった。

というか、いよいよ猶予がなくなった。
頑張れ。

今年の税金は140万円、国保は80万ですorz

今日はちょっとしか記帳できなかったけど、まあいいや。寝よ。

ツールを使った計算。

aoiro_160217

これから現金払いの経費を掘り出すけどさ、それでも税金が100万超えるのは間違いないねえ。

これぐらいになってくると、青色の効果を感じますねえ。

備忘用。

【社会保険料】

国民年金 H27 376060円(2年分)

国民健康保険151600円

(合計)527,600円

【小規模企業共済等掛金控除】

小規模企業共済 84万円

確定拠出年金 804000円

(合計)1,644,000円

【その他】

寄付金控除 123500円