カテゴリー:アフィリエイトで法人化の記事一覧

アフィリエイト収益公開中!子育て主婦の副業日記

専業主婦していたら夫に失業の危機が! アフィリエイト初心者が2年後に収益月100万円を達成しました。

カテゴリー:アフィリエイトで法人化

信金の実力を知る【法人設立日記】

今、法人口座をどこにしようか考えてるんだけどさ。

まずは信金の口座ができたから、まずはそれでいいんだけどさ。

役員報酬とかを身内に振り込むから、銀行口座が必要やんか。

毎月600円とか、振り込み手数料とられてたらワヤやないですか。(←いきなり関西人化)

そんで、いろいろ調べてたけど、楽天とかジャパンネットバンクとかじゃないと、口座維持手数料を取られるのね。
都市銀行はね。

そんなの意味ないから、口座維持手数料のいらないところを考えているわけですけどさ。

楽天だと、メールで振込みすると手数料100円ぐらいのプランがあって、楽天でも作ろうかなと思ったけど、引き出しが猛烈にめんどくさい。
(ハッピープログラムってのに毎月エントリーせねばならんらしい。いや、やればいいだけなんだけど、現状では毎月ネットで何かやるってのが猛烈にめんどいし忘れる。)

あと、中退共とか、そういうのの引き落としができるのがどうか不安。
やっぱり対面カウンターがないとなんだか不安だよね。と思う昭和生まれなのです。

それで調べてて気づいたんだけど、信金すごいね。

当金庫宛で当店宛だと手数料0円。

しかも、全国の信金ATMで手数料無料で引き出せる。

全国の信金ATMで通帳記入までできる。

なにそれすごい便利。

信金さんすごいわあ。

日本の中小企業を支えてるよねえ。

と思った。

法人作ってみて、いろんな書類とか書いていると、めんどくさすぎて「キエエエエエエ!」ってなるときがあるけど、それでも、勉強になる。から、やってみてよかったと思ってる。(今はね)

なんかさあ、社会の仕組みってこうなっていたのかという。

信金について知ったのもひとつ。

経験値が上がるから、面倒だけど、やってよかったと思う。
(で、経験値を上げてお前は一体何をやりたいのだという。)

会社設立に東京都中小企業振興公社が役立った。あと信金も。

法人(合同会社)設立を振り返って、すんごく役立ったと感じるものが二つある。

一つ目は、信金。

これまでは信金なにそれ銀行の2軍かいなみたいな失礼なことを思っていたが、信金すごかった。

起業相談みたいなのに行ったら、東京都中小企業振興公社とか、いろんな制度を紹介してくれた。

税理士じゃないから、踏み込んだ説明はしてくれないんだけど、起業にあたり必要な情報を整理整頓してくれる感じで、わからなければこの人に聞けば問い合わせ先を紹介してくれそうとか、そういう感じでたいへん良かった。

それに、設立したらすぐ口座作ってくれた。

都市銀行口座は作るのに苦労するって話をよく聞くんだけど、信金なら一発。

登記簿謄本だけ持っていったらOKだった。

あと、中退共も入りたいんですって言って、そしたらなんと、申込書類を自宅まで取りに来てくれるの。

いまどきさあ、銀行の人って家まで来てくれないでしょ。
信金さんは来てくれるんですよ。なにこの楽なの、と思った。
(寒いから家から出たくないんですわ。)

そして役立った二つ目は、東京都中小企業振興公社。

これは、信金さんに教えてもらったんだけど、すごく役立った。

税理士、社会保険労務士、弁護士とかに、電話で相談できる。(面談で相談してもいい。秋葉原とかにオフィスがある。)

http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/shien/soudan/index.html

対象者は「東京都内で中小企業をやっている人、または設立準備中の人」なのですが。

なんだオレ対象外だよって方も、まあ、ほら、他の道府県在住でも、そこは東京のレンタルオフィスを登記住所にして設立を検討していないと言い切れなければアレじゃいですかということであとはお察しください。

登記にあたって、ちょっと知りたいこととか、あるじゃないですか。

私は、法人登記をしたあと、代表が転居したら、どういう手続きになるんですか、転居後、転居先を登記しないでばっくれてたらどうなるんですかって質問してみた。
(そんなこと質問すんなよって話。)

そしたら、ごく丁寧に説明してくれて感涙。

もっとちゃんとビジネスやっている人なら、もっと使えたと思う。セミナーとか。

こういうのを利用したのもあって、法人設立に司法書士さん頼まなくてすんだのかなと思う。

いやあ、私たちの税金が暮らしに生きていますねえ。と、思えた数少ない体験でした。

中退共SUGEEEEEEE!

中退共に入ったんですけどね。

正確には、雇用している人を中退共に加入させて、退職金の積立を始めたわけですけどね。

中退共すごいっすわ。

何がすごいって、加入期間を10年さかのぼれるのですよ。

なにこの節税策。

ですが、10年さかのぼるといってもですね。

2年さかのぼることにしたら、当然2年前からその人を雇用していなければいけないですし、今後2年間雇用を続けなくてはいけません。という仕組みだそうです。

(2年にわたり、毎月さかのぼった分の掛け金が引き落とされる。すなわち2倍の額になる。なお、5年を超える場合には、また違うようである。)

それに、国から1人あたり5000円×12ヶ月分の補助金が出ます。

すごくないですか。

月5000円の補助金タダ取りよ?
(タダ取りではなく、正確には、勤務している人に退職金として払われるのですが。)

今すぐ無収入の身内全員雇って、中退共に入ったほうが良いレベルじゃないですか。
うちの場合は身内を1年さかのぼって加入させたので、今年72万円の経費が作れました。(あ、だけど、月5000円の補助金の分があるんだわ。)

中退共は、資料請求したら、なんか知らんが、電話もかかってきて「わからないところがあればご質問ください」って言われた。
小規模企業共済とかセーフティ共済ではこんな営業っぽい電話かからなかったので、びっくりしたの巻。

今考えているのは、法人保険のことと、社保のこと。

法人設立してバタバタしていましたが、ちょっと落ち着き(落ち着いてないけど。まだ役員報酬決めてないから)、今、きになっているのは法人保険のことと、社会保険加入のこと。

法人保険は、私の頼んだ税理士さんが、否定的なんですよね。

課税の繰り延べにすぎない派なのです。

(逆に、それだから安心して頼んだというところもある。中身は保険屋か!っていう税理士さんはいやだなあとおもっていたので。)

だけど、アフィリエイトの場合、というか私の場合、課税の繰り延べにも意味があるんじゃないかなあと思って、加入を考えています。

加入するとしても、年末(決算期前)でよいので、時間をかけて勉強しようと思います。

しかしさあ。

法人保険の営業さんで、良い人がいたらだれか紹介してほしいですわ。

危ない橋はわたらないで、ちゃんと提案してくれる営業さんに会いたい。

ネットで検索したら、SEOのうまい会社ばっか上位に上がってくるし。
(おい、なにこのブーメラン発言。)

それとさ、社会保険ね。

いやさあ、法人は強制加入なのは知っているけど、ばっくれることもできるじゃないですか。

(そのうち社会保険庁からお達しがくるらしいけど。)

来年は国保が上限に来ると思うんですよ。

そしたら69万円ぐらいなのね。

それに年金も払ったら20万円ぐらいね。
(正確には、H29は16490円×12=197880円)

国保と国民年金の場合は合計89万円ね。

まるめて90万円ね。

私にもし役員報酬を500万円出すとすると、社保はいくらかっていうと、校正遠近保険料が18.182%で健保が9.96%。

合計28.142(折半額じゃなく、全額でこれ。)

そしたら、社会保険料が年1688520円(´・ω・`)

まるめて170万円ね。
(なぜまるめる。)

すごい、高いねえ。

ただ、社保に入るメリットもある。

・将来の厚生年金額が増える
(モトがとれるぐらい長生きするなら得。このサイトによれば、84歳あたり。)

・私が途中で死んだら旦那に遺族厚生年金が入る
(これはあやしい。850万で年収制限がかかる。)

・私が障害者になった場合、障害厚生年金がもらえる。

他にもメリットあるかなあ。

っていうか、まあ、強制加入なんですけどさ(´・ω・`)

支払い済みの部分は、返金手続きが面倒だから、ばっくれたいんですよねえ。

(年度末までは支払い済み。)

このあたりまではお目こぼししてもらおうと思ってるんですよ。

ほらまだ法人口座もないし。

アフィリエイトの節税方法追記しました

こちら少し追記しました。

こんなアレな記事ですが、もしご参考になりましたら。

貸し倒れ引当金とか、もし入れておられなければと思い、追加しました。

今年いきなりアフィリエイト収益が1000万ぐらいまで増えた人のための節税方法(案)
http://ameno-hi.com/archives/5869

このブログでは無知ゆえに真顔でガセネタ飛ばしていることがあり、そのさいにはどうかご容赦ください。

1月法人設立がたぶん一番減税効果があるのだ。

たぶんだけどさ。
1月に法人設立するのが一番よかったんだよね。
諸事情あって私はそうできなかったけど。

だってさ、消費税免税の効果は、最大2年って決まってるじゃないですか。

そんでさ、来年も個人事業主を廃業しないんだから、65万円の青色申告特別控除がある。
さらに、今思い出したんだけど、事業税もあるじゃないですか。今年は30万ぐらいだった。来年は40万ぐらいか。
あと、セーフティ共済も積み増しができるでしょう(コレは年末に決めたらいい。)

とすると、100万ぐらい売上が立っても、所得ゼロにできるのですよ。

そのあと法人設立して、給与所得控除をもらってウマー(゚д゚)でしょう。

あと、アドセンスは消費税かからんらしいから(クロネさん情報)そしたら、アドセンスを除いて、105万円の売上が出た翌日に法人設立をするのがよかろう。
ちょっとそれをオーバーしてしまっても、セーフティ共済で調整できるんだからそれでいい。

今後2年は、ずっと収益があることが前提だけど、あと、収益が上がりすぎて半期で課税売上1000万を超えたら、免税じゃなくなるみたいだからそしたら法人にした意味ナッシング。

(私の場合、1ヶ月の確定収益は今、200万ぐらいだけど、このうち45万ぐらいはアドセンス。なので、月間課税売上は155万で、6ヶ月なら930万。ギリギリセーフ。1~3月はASPではさほど上がらないと思うから、このあと収益が大幅増でもしない限り、まあ、非課税んとこに収まりそうですが。)

ということだと思うけど、間違ってたらどうしようっていう話。

法人設立日は、私ずっと勘違いしてたんだけど、法務局に書類を受け付けられた日なんだそうだ。
なんか、そのご4日とか1週間とか経って、その日が設立日なのかと思ってた。

企業型確定拠出年金はやめておこうと思った

企業型確定拠出年金やろうかと思ったんだけどさ。

60歳すぎたら加入不可だった(姑加入×)
あと、自社で社保加入させない従業員もNGかと。

とすると、加入するのは私一人になってさ。

そうすると、手数料は初期投資10万円で、毎年の手数料が8万円ぐらい。

23000円の拠出が55000円になるが。

減税効果が(税率20%として)76800円になるわけだが、これだと、手数料とトントンだな。
ということは、やらないほうがよいレベルか。

3人加入できるなら、やったらいいのだな。
うむ。微妙だ。

法人設立したら中退共と確定拠出年金

忘れそうなので書いておく。

しかし、確定拠出年金は、上限が55000円になるのはいいんだが、最安のSBIでも、初期投資10万円で、毎年の手数料が8万円ぐらい。
ちょっとオーバースペックの感あり。

まあ、3人加入したとして、年間の拠出額が198万円。
税率20%だとすると、減税効果が396000円だから、1年でもモトは取れるのか。

うーむ。
これもまた、私がいつまで稼ぎ続けるのかっていう、そういう話になるんだよね。

とりあえず資料請求はしておこう。