法人を設立するときに心配だったこととして、「法人登記した場所に、大量のダイレクトメールが来るのではないか」「営業の人が何か売り込みに来るのではないか」というのがあった。

だけど、実際設立してみてわかったんだけど、郵便物ってほとんど来なかった。

今日、久々に、税理士法人のDMが届いていたから思い出して記事にしている。

設立当初は、多少来たかな。といっても、週3通ぐらい。

アスクルの代理店、税理士法人、中小企業診断士みたいなのによる起業家向けセミナーの案内が主だった。

郵便受けがいっぱいで困るっていうようなことはまったくなかった。

あとは、公的な郵便物はちょこちょこ来た。

税務署からの、新設法人説明会のお知らせとか。
源泉徴収のあらましの冊子とか(←これはたぶん自分で依頼して取り寄せた。)

建設業とかだと、リース会社とかからどさっと連絡来るらしいけど、Web関連業種だとこの程度みたいですよ。

あと、営業の人が来たらって心配してたけど、そんなもの来るとは思えない気配。

気配といえばそうだ。株どうなってるか見ておかないとな。

最近日本株ダダ上がりだそうじゃないですか。

そんでだ、法人設立しても、郵便はわりと来ないので大丈夫という話なのでした。