思い出したのですが、私、以前にもブログ記事を丸パクされたことがありました。

お役立ち系の情報をまとめたページが1ページありまして、それを個人のブロガーさんに丸パクされた。

そんときは、見つけた瞬間軽く警告入れたら、その人もブログ記事を消して、そのあとブログ自体を閉鎖してたな。

その人は、まだアドセンスすら貼ってなくて、楽天アフィリが貼ってあったかどうか、ぐらい。

アフィリエイト始めたばっかりの若い女性って感じだった。

びびったでしょうねえ。私がどうやってその記事をみつけたかも、わかんなかったでしょうねえ。

ちなみに、そのページは、今回のパクラーさんも同じくパクっていました。もう消えてるけどね。

というわけで、よくわかんないですが、悪質なパクリについては、警告すると抵抗せずに記事やサイトを消すことが多いようです。
(多いようですって、まだ2件だけどさ。)

ですので、数日前の私のようにあれこれ悩まず、警告すれば解決することも多いのだろうと思います。

ただ、問題は、警告して消えちゃって、それで終了でいいのかって問題です。

今、私は猛烈に腹がたっております。

アドセンスアカウントを剥奪したり、ASPアカウントを剥奪されて発生収益を召し上げられる、警察に踏み込まれる、などの強力なペナルティを課すためには、サイト閉鎖前に徹底的に動かねばなりません。

相手に気づかれないようにね。

ということはこちらの記事でも書いたとおりです。

→「ブログ記事を盗用されたときにやったこと【パクリサイト対策】

今回はパクラーさん、首の皮がつながってよかったですね。