今年は記帳を早めに切り上げまして、本当は、掘ればもうちょっと経費を増やせたと思うんだけど、もういいことにした。
たぶんあと4万は経費増やせたんだけどね。もういいと思った。

その理由というのは、寝言なんですね。

3日ほど前ね。旦那がさ、「寝言で怒ってたよ~」というのですよ。

私、割と寝言が多いんですね。
(もちろん私は覚えていないが、旦那によるとそうらしい。しかし一体誰と比較して「多い」と言っているのか、そう思う根拠は何か、などを詰問することもできるのだが、それはまあいいとして)

で、旦那の証言によると、その晩

「ウオラ!フザケンナ!ケーブル抜くな!何度も何度も!なんべん言ったら分かるんじゃ!ゴウラア!」(←やや関西弁で再生してください)

と、夢で言っていたらしいのです。

なお、私は有事(ってなんだろう。ヤクザ屋さんにからまれた時とかか。)に備えて日々巻き舌の練習をしており、「ふざけんなコラ」の「ラ」を巻き舌で発音するのが苦ではありません。
寝言でも巻き舌だったようです。訓練の成果ですね(`・ω・´)

ですが、その、夢の中で私が当たっていた相手というのは息子(3歳)に違い無く、それってすごく気の毒じゃないですか。
夢だからさ、本人は知らないことだろうけどさ。気持ちの問題でさ。
マジ反省した。

確かに、子供がプリンタのUSBケーブルを勝手に抜いてしまうことについて私はたいへん苛立っていたのですが、ここ最近はなかったことだし、だけど、子供らがいろんな妨害をするので、いや、妨害じゃなくて普通に子供らの正当なリクエストであるのだけれど、だから親である私は対応して当たり前なのだけれど、私の確定申告作業にはマイナスになるさまざまな活動がありまして、そんなこんなで記帳が進まないという。それがそこそこストレスだったようで、このように寝言で本音的なものが出てしまうって親としてもうサイアクじゃないですか。

夫も同じように感じたらしく、「あーあ、本音出ちゃったねw」的な扱いで、こりゃいかんと思った。

一日も早く確定申告を終わらせて、いつもどおりの私に戻らなければ。
(いつもどおりの私が特によい母親であるというわけではないのだが。母親検定があれば下の中ぐらいなのであるが。)

と、思った。

ので、レシートを掘って掘って、あと数万円税金を減らすよりは、「確定申告期間が始まる前に確定申告を終わらせる」というスケジュール感で、もう、間に合わないならそれはそれで、そこまでで終了ってするほうが、家族の幸せになるんじゃないかと思った。のです。

そんで、今日さ、あ、もう昨日か。確定申告をいったん終了にできて私はたいへん気が楽になりました。

旦那にも息子らにも、ゴメン、と思っている。

だいたい、家族を幸せにするためにアフィリエイトして小金を稼いでいるっていうのに、なぜ「息子がアフィリエイトのジャマをするからストレス」となるのか。本末転倒ではないか。
自宅仕事のジレンマ。

子供らが目を覚ましているときには、アフィリエイトはやらない。
そう決めないとさ。ダメだよねえ。

そんでもって、納期を決めて仕事をするのは大切だなとも思った。