まあ、いましてですね。

忘年会で飲んで帰ってきて、妻がPCに向かってなんだかんだやっていて、相手してくれないのがさみしいらしくてですね。(←凄く迷惑な酔っ払いの例)

なんで会社なんて作るんだ、そんな面倒なことして何になるんだ、膨大な作業量じゃないか、ムダじゃないか、なんて言われたんですね。
(実際はたいして膨大な作業量じゃない。)

だけどさあ、なんで法人にしたかって、理由はこんなん。

その1 児童手当の減額が痛い
(お金のことが不安で稼いでるのに、稼ぎすぎると減額されるというジレンマ。このたび子どもが2人に増えました。こりゃ痛い。)

その2 遺族年金の受給対象から外れるっぽい
(つまり、夫が死んでも遺族年金が出ないってことだ。これは痛い。)

その3 2017年1月から消費税がかかる。
(8%よ?きついですわ。というか、ASPさんから上乗せして支払われてるのを、今は私がタダ取りしていて、その分が減るのが困るって話だけど。)

カネカネカネですよ。

ちなみに、よく言われる節税メリットに関しては、私はあまり感じていません。

小規模企業共済も、セーフティ共済も、個人でもやれるじゃないですか。

個人だとちまちま小さく自分でできていた確定申告が15万円もかかって税理士に見てもらうことになるし。
社会保険料も節約になるんだかどうかわかんないし。(事業主負担分を考えると、たぶんならない。)

法人保険とか、企業型確定拠出年金とか、退職金とか、中退共とか、借り上げ社宅とか、まあ、法人にすると手段も増えるんだろうけど。
まだここは勉強不足かな。
借り上げ社宅とかはちょっと無理ですし。家族の事情で。

トータルで見ると、私ぐらいの売上なら、個人でやる場合と比較してトントンじゃないかなとシミュレーションした。
(ただ、2年間の消費税免税のあいだはメリットはある。だからこそ、今法人設立したわけですが。2年たったらあまりメリットはない。っていうか、2年後の売上がどうなっているかなんてまったく想像がつかない。)

なのでまあ、あれですよ。

あ、今、中退共を申し込めばよかったということに気づき、膝がガクガク震えております。
36万円損したなあ。

というのはさておき、もういいや、早く寝よ。