アフィリエイトの落とし穴」で紹介したはてなダイアリーの記事で

「私もアフィリエイト続けてて大丈夫かな・・・」と
ちょっとナーバスになっていたんですが

よく考えたら、私とはあまり関係ない話な気がしてきました。

 

理由1:私は専業主婦だしなあ・・・

私は専業主婦で、夫の収入メインで今後も暮らす予定です。
(夫の失業とかなければ・・・ですが)

収益が下がったところでゆとりがなくなるだけ。
食い詰めることにはなりません。

(ただ、あの記事を読んで、夫が失業したとしても、
「夫婦二人でアフィリエイトやろう」って
持ちかけるのだけはやめておこうと思いましたw)

理由2:経営センスがなかっただけじゃない?

お二人に共通するのは、失礼ですが
就業経験ナシまたは未熟で、経営というものについて
意識的でなかったことだと思います。

現代において、10年間安泰なビジネスなんてありませんよね。

収益が上がったら、次はどのビジネスに投資していくか
企業経営者は厳しく分析して決断しているわけです。

 

そういうのもなしで、稼ぎ続けられるわけはないと思います。

まあこれは、自分にも言い聞かせないといけないわけですが・・・

理由3:Webのスキルが低い

これもたいへん失礼ですが、Web系のスキルの
裏付けがなかったのが原因ではと感じます。

 

アフィリエイトとある男の10年間の話では・・・

>イラストレーターやフォトショップ、プログラムなどが組める訳ではありません。

アフィリエイトで勘違いした大学生の末路では・・・

>僕はcakephpのようなフレームワークを使用せず、というかMVCを理解できず、。
>ワードプレスのようなCMSもつかわず、力押しでべた書きで作っていたので

こう書かれています。

 

cakephpやMVCは、私にも分かりませんが^-^;
少なくとも、必要になれば学ぶと思います。

(↑本当なのか・・・、cssも使いこなせないまま諦めたくせに、
と一応自分でつっこんでおきます。)

 

対照的に、以前の記事で紹介した、
毎月100万円以上の収益を上げている方はこう書かれています。

 

>PHPやMySQLなどでWebサイトを作成していました

>ビッグデータや各種APIを使った半自動化サイトの構築も苦になりません

 

このあたりが違いなのでは?と感じます。

技術を制するものが、アフィリエイトを制するなのかな、と。

理由4:私、そもそもフリーランスでやる覚悟だったし・・・

私、結婚前はフリーランスライターでした。

一大決心をして会社をやめ、力技とはったりで
ライターの仕事をとって暮らしていました。

 

将来の安定がないことも、仲間がいないことも
すべて承知の上での独立でした。

 

だから、このお二人の記事を読んだとき
「一人でやる覚悟がないなら勤めたらいいのに」
と思ってしまいました。正直なところ。

 

逆に言うと、フリーランスとして
一本立ちする覚悟のない人でも

アフィリエイトだとまぐれ当たり的に成功できてしまって
道を踏み外す可能性があるってことですね。

 

そういう意味での怖さはじわっと感じます。

 

まあ、あまりナーバスにならならず、軌道修正もなしでよいというのが
私の結論です。