小規模企業共済と経営セーフティ共済にお金をどどっと入れて、児童手当減額を回避する作戦について。

こんなにしゃかりきになってやっておりますが、実は、大した金額ではありません。

所得制限を超えても、5000円もらえます。

しかもうちの子、来年には3才ですので、何もしなくても月1万円になります(今は1万5000円)

つまり、年間せいぜい7万円の逸失利益のために大騒ぎしているんですね。

これ、税理士さんにもとても不思議がられて「それよりもたくさん稼げるでしょ」とか言われたんですがね。

そういう問題じゃないんですわ。

夫にね、アフィリエイトがバレるかどうかの瀬戸際なの。

というわけで計算。

【現在の口座残高】

新生銀行:100万円ぐらい(年内に支払予定あり)

みずほ銀行:110万円ぐらい(使う予定なし。生活費決済用)

三菱UFJ銀行:100万円ぐらい(使う予定なし。事業用口座)

利用可能なお金は210万円程度。

【今後年末までに入金予定のお金】

11月:100万ぐらい

12月:100万ぐらい(たいていは17日前後に入金。Adsenseは25日頃入金)

うむ~。合計で410万ぐらいか。

小規模企業共済は手持ちで今すぐ払えます。7万×12月×2年=168万円。

が、セーフティ共済は無理です。

12月末になっても、242万しか入金できません。

あー。夏になんであんな馬鹿みたいに定期に突っ込んだんだ。

480万円いけるんです。もうちょっと計算が必要ですが、480いくべきでしょう。

あと238万どこかにないのか。

そこでかき集めてみる

【かき集めてみる】

証券口座内の金:50万円
息子の金:330万円

ふむ。余裕で480万支払えますね。

しかしこの330万円は、姑が、生前贈与だってんで息子にくれたお金です。
このお金に手をつけると、親として何かがひとつ終わる気がします。

おまけに、バレたら家のお金の管理権が夫にうつる気がします。
(現在もいまいち信頼されていない中、お金の管理は私がやっています。)

来年6月になったら、もしくは収益が下がらなければ3月頃には息子の口座に330万円戻せます。

返すつもりはあるんだからいいよね、って、子どものお年玉口座からお金を抜くときの親の常套句だよね。

でもさ、330万円で7万円の利子つくことってないよ?良い話だよ?

やっちまうかもしれません。息子よ許せ。