なんか、法人化熱がますます燃え上がってまして、これ、趣味なんだと思います。新しいことをちょっとだけかじるのが好き。

そこで、起業サポートをうたっている、税理士資格持ち、社労士資格持ちの事務所に問い合わせしてみたの巻。

今の税理士さん(小動物系美人)に不満があるわけじゃないんだけど、どうもさ、「詳しくは社労士さんに」ってなことが何度かあって、うーむ。そこが私の場合本質なのだが、ということがあるんだよね。

とかこんなこと書いててさ、そろそろ税理士さんにもこのブログが気づかれてるんじゃないかと。
ヒヤヒヤしながら書いてるわけだけどさ。

そういえば、Nさんのときもそうだったな。
Nさんのサポートのことを書き散らしてて、もしかして見つかってるんじゃないかな~と思ってたら、もうとっくの昔に見つかってたの。

あ、でも、税理士の先生にお願いです。このブログをご存知でも、知らんぷりしてください。お願いします。恥ずかしすぎます。

でなんの話だ。

私が浮気した話でしたね。

それで、なんかさ、あなたの起業・法人設立を万全でサポートしますみたいな税理士さんにメールで質問したのね。
(ファーストコンタクトはメール受付が主の事務所でした。)

わりと丁寧に現状を書いて、質問事項もきちんと書いて、それで質問した。

そしたらさ

断られた Σ(・∀・;)

「現在の税理士さんにご相談いただくのが最善です。口出しは控えたいと思います」だってさ。

考えられる理由

・税理士をコロコロ替える悪質クライアントと思われた

・税理士業界の信義みたいのがあって、すでに顧問税理士のついている客はとらない

・あまりにも売上がみみっちいのでやる気がでなかった(1300万円って書いた)

・融資や助成金をがっつりサポートしたいみたいだったから、そういうのがない顧客はとらない

・アフィリエイトなんてあやしいビジネスだから関わりたくない

さあ、どーれだ。

知らんけどさ。がっかりした一方で、ほっとした気も。

今お願いしている税理士さんも、相談するたび苦笑気味な気がするんだけど(被害妄想だろうか)付き合ってくださっているだけありがたいって思う。

イヤだよね、こんなさ、変な商売やってて、なんかわかんないけど売上が1000万ですって言って、児童手当止まるから法人化したいって、もうさ、意味わからんちん。
しかも、確定申告自分でやりますって言って、まんまと間違ってやんの。だから専門家に頼めばいいのにねえ。

そんで何の話だか忘れたけど、もう税理士の件で浮気するのはやめようと思った。探すのは時間のムダだし、今の税理士さんがベストチョイスだ。
ご縁があって取引させていただいているのだし、あと、年齢的にも長いお付き合いの期待できる感じ(私よりちょっと下?)なのだから、あと、なんかきちんとした「女性士業やってます!」って感じでこちらも背筋が伸びる気がするし、若いだけあって頭の回転も早そうだし、そういう人と付き合うのが良い。(なーんて書いてて、こっちの税理士さんにもいつか断られたら悲劇ですな。)