先週のことなんですが、アフィリエイトしているほうのブログのメールフォームでちょっと質問が来て、まあ、そんなの答える義理ないよって感じだったんだけど、どうしてもアドバイスをくださいって言うので、わりと親切に調べて教えてあげたんですよ。

そしたらね、ありがとうございますってメールで返信が来たんだけど、その人、デモデモダッテちゃんだった(´・ω・`)

脱力しましたな。

「~~~したらどうですか?」⇒「でもXXはできません」

「~~~って方法もありますよ」⇒「でもXXXなんですよ。XXだから困っています」

「~~~だと私は思います」⇒「それはわかるんですがXXなんです。夫がXXなのでこれしか仕方ないんです」

知らんがな(´・ω・`)
知らんがな(´・ω・`)

・・・知らんがな(´・ω・`)

「ああそうですか、お役に立たなくてすみません。じゃあ、そもそもなんで質問してきたのさ」的なメールを返そうかと思ったけど、さすがにそれは大人げないと思ってやめた。恨みを買っても仕方ないしね。

私、その日、アフィリエイト記事をいっぱい書く予定だったんですよ。子どもを保育園に預けてさ。でもその日、「お願いします」って言われて、やむを得ず5時間ぐらいその人への回答にかかりきりだったんですが・・・。

最初のメールが来たときから、初対面なのにずいぶん押しの強い人だなあと思っていたんだけど、それだけ困ってるってことかなって同情してしまったのが失敗でした。

これからは、困ってますって言われても、ドライに断ろう。
ふだんから付き合いのあるブロ友さんならともかく、いきなり長文のメール送ってきて、「教えてください」⇒いえ、私詳しくないですすみません⇒「それでも知っていることだけでいいから教えてくださいお願いします。困ってるんです」⇒じゃあ2週間ぐらいしたら答えますね⇒「待ってもいいですが、もっと早くできませんか」⇒これ催促がしょっちゅうきたら面倒だなじゃあ答えるか、という流れでした。今思えば、変わった人だってシグナルがびゅんびゅん出てたかも(´・ω・`)

女性に多いよね。自分の中で答えがあってさ、その答えをもらえるまで、相談しまくる人。結局そういう感じだったな。

私のブログ、どうにも読者さんと距離が近すぎて、こういうトラブルがときどきあります。
相手の問題じゃなくて、要するに私自身の問題なのでしょう。

というわけで、この週末、ちょっと不調です。燃え尽きてやる気が起きん。

教訓:ちょっとイヤな気がする質問には答えない。相手は大して感謝していないし、感謝されても私の自己満足にすぎない。自分に余裕のないときは断ってヨシ。