ふいに思いついたんですが、サラリーマン夫の扶養に入っている主婦アフィリエイターが扶養を超えるほど稼いじゃったら、いきなり法人設立するのが節税になるんじゃないでしょうか?

いえ、単なる思い付きで、まだ計算できていませんが。

扶養外になったらこうなった

私の場合、アフィリエイト収益が膨らんで、2014年10月から扶養を抜けました。
そしたら、こんなふうに困っています。
(ちなみに、昨年の年間の売上は670万円ぐらい、事業所得は218万ぐらいでした。)

・国民年金を自分で払うことになった(年18万円ぐらい)
・国民健康保険を自分で払うことになった(今は月数千円、今年6月からは年20万円ぐらい。)
・夫の所得税・住民税が上がった(年10万円ぐらいの見込み。ちなみに夫収入は昨年600万、今年800万ぐらい。)

どーでもよいデメリットもあった。

・夫の勤務先の人間ドックの費用助成が受けられなくなった。(損失額2万円ぐらい)
・入院したときの付加金が出なくなった(入院してないので実損失なし)

よいこともあった。

・確定拠出年金に入れた。

法人代表になればよくない?

それで、ふと今日気づいたんだけど、法人役員って、報酬ゼロにもできるんですよ。
そうしたら、夫の扶養に戻れるんじゃないだろうか?

アフィリエイターの法人化の目安って、売上が1000万を超えて消費税がかかるようになったら、とか、いろいろ聞きますが、サラリーマン妻のアフィリエイターに限っては、もっと早く、年130万を超えたらいきなり法人化するのが正解なんじゃないの?計算してみなければ!と思ったのです。

しかし、法人代表が夫の被扶養(社会保険上の)になれるのかどうかよく分かりません。
なんか、「法人代表を扶養するのは社会通念上ダメ」って書いてる健康保険もあった。北海道の共済?だっけか。

しかし、社会保険上の被扶養にならなかったとしても、国保が節約できます。
国保は、このまま放置しておくと、年間50万円とかかかる可能性があり、頭を悩ませていたところでした。

つまり、報酬ゼロの法人役員になって、夫の被扶養に入れなかった場合は、

・国民年金⇒夫の被扶養に入れなければ自己負担18万円
・国民健康保険⇒夫の被扶養に入れなければ報酬ゼロとして、翌年から最低金額にできる(均等割で41400円ぐらい)
・夫の所得税・住民税⇒増額分がチャラになるので10万円の手取り増

ということですね。

一方で、法人特有の支出も考えられます。
法人住民税がかかり、税理士報酬も増額すると思われます。

なんか長い記事になってきたな。ちゃっちゃとまとめられんのか。

要するに、前の記事でずらずら書いたようなことを順番に確かめて、計算して、比較してみる必要があります。
まだ思いつきにすぎませんが、少し調べてみようと思います。

しかしさあ、そんな魔法のような節税手段があるんだったら、みんなやってるよね。
やってないってことは、法人代表は被扶養になれないってことだろうか。なんかそんな気もする。