あーあ、もうこんなことやらずにアフィリエイトサイトの記事書かなきゃねえ。
といいつつ、法人化につき、調べたことと現在の疑問点をメモ。

前提条件

・一人法人を設立

・私が代表になる(役員できそうな身内はいない)

・年間売上は600~1200万、経費は250万円の見込み
(1000万で一応計算)

・今後数年は夫年収800万円程度の見込(所得税率20%)
⇒私が扶養外となったことで、年10万円程度の税額増となっている。

・私のアフィリ売上が1100万円を超えると、児童手当支給停止の可能性あり。
⇒年間18万円の実質的負担増の可能性。

今日調べてわかったこと

(★は要確認事項)

・法人代表は第2号被保険者(これは以前から知ってた。だから法人はダメだと思ってた。)

・だけど、役員報酬ゼロなら、厚生年金に入らなくてもよい(というか、入れてもらえない。)

★役員報酬ゼロなら夫の社会保険上の扶養に入れるかどうかは勤務先に要確認

★夫の扶養に入って3号に戻ると、確定拠出年金の加入資格を失う。それって損じゃない?

・役員報酬ゼロ~年103万なら、税法上の扶養には入れるはず

・役員報酬は月8万円にするのが、社会保険の面では一番お得と社労士さんに言われたことがある。

・法人なら、就業規則等で決めて、手当受給などの経費の支出ができるらしい。

★だけど、役員報酬ゼロの人に手当は支払っていいのかどうかわからん。

・法人なら、生命保険も経費になるらしい(半額損金算入の保険が一般的なよう)

★でも、早期解約で損しないかは要確認。

・法人化してかかる費用は、設立費用、税理士費用の増加が挙げられる。

・LLCなら法人設立費用10万円。自分でできそう。

・税理士費用は20万円/年~だと思うけど、自分で記帳すればおさえられるかも。

・ただし、個人の税務と全然違うらしいから、一から勉強する必要あり。

・報酬ゼロで社会保険料を払わないなら、税務もカンタンかもしれん。

・決算期を年度末以外にずらすと、税理士報酬が安くなる可能性があるらしい。

・法人の実効税率は35.64%。小規模法人ならもっと安いかも。

・現在の法人税率は、所得が年800万円までが15%。さすがに私、これを超えることはなさそう。いろいろ節税するからさ。

★個人で1000万の売り上げとなった場合の税率+社会保険料負担も計算しないと比較できない。

★今年の私の所得が103万を超える前に決断しなければいけないのでは?

・レンタルオフィスを登記住所とする場合、月2000円程度。

・ただし、レンタルオフィスでは銀行口座が開設できないという問題あり。

★法人口座って必要なのかなあ?全部個人が立て替えて支払・建て替えて受取じゃダメなんでしょうか?

・特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入って制度が以前あったが、H22で廃止されたのでOK。

・住居は夫が契約している。法人に契約名義を書き換えることは難しそう(今後、社宅に入る場合もあるし。)

・福利厚生費は一人法人ではムリそう。

★法人の内部留保がどんどん大きくなってしまったらどうなるんだろう?清算時には配当課税なので20%だと思うけど、それって得なのか?

・法人は、LLCがよいかもしれない。

参考になったサイト様

http://www.fujix.gr.jp/houjinnnari.html

http://kigyou-no1.com/officers-remuneration2-837

http://blog.affi-bank.com/1669.html

頭ん中ぐっちゃぐちゃですわ。
調べて整理していこう。