杞憂なんだけどさ。一応。

私の収入が夫の収入を超えちゃって、しかも所得制限を超えちゃったらどうしよう?

いや、今年は現実にそういうこともありうるのかも・・・。

しかもしかも、私、子どもを私の税法上の扶養に入れちゃった!まずいよね!
あ、今年だからいいのか。来年は気を付けよう。

誰を児童手当の受給者にするかは、市区町村により取扱いがさまざまの様子。
一律で父親ってとこもあるようだし(←フェミの血が騒ぐが、そんなこと言ってる場合じゃないし)、所得の多い方とか、健保を見るとか、税法上の扶養も見るとか、恒常的に所得の多い方とか・・・。
要するに、その時になってみないとわかんないわけだ。

所得制限判定時の事業者の「所得」は、収入-経費-青色申告特別控除(65万)らしい。(国保とかと一緒ですね。)

去年の経費は250万円ぐらい。今年も同レベルを見込むなら、660万+250万+65万≒975万円か。

970万÷12≒81万円

うぬぬぬぬ。

今年は、1月の収入が130万ぐらいなのね。
すっごいまずいかも。
この130万、H26分にしておけばよかったのかなあ。

このままじゃ夫にばれる・・・

じゃなくて、児童手当!児童手当が減らされたら困るんですよ!

うむ、今年はせっせと経費を使うよろし。
そんで、本当にまずくなったら法人化を考えよう。ずっとためらっていた法人化ですが、やむを得ない。(児童手当に振り回されるの図。)