税理士さんとメールでやりとりしているのですが、すっごくスムーズで助かってます。

記帳指導の税理士さんは(‘A`)な感じでしたが、私が依頼した税理士さんはお若くて、おきれいな女性で、てきぱきしていて素晴らしいです。

こういう人に記帳指導を受けていたら、ずいぶん効率も違ったでしょうに・・・。

で、以前打合せをした際に、金額は3万と提示されていたのですが、念のためメールに残しておこうと思って聞いてみました。

うちではやよいで自分で全部記帳して、青色申告決算書まで作れます(弥生ソフトがね。)

そうすると、税理士さんから来た価格表がこちら。

(1)申告全部お任せ(電子申告) 30,000円+税

(2)申告全部お任せ(郵送) 27,000円+税

(3)申告書と青色申告決算書を自分で作成+郵送して署名もらう 27,000円+税

(4)青色申告決算書のみ確認+郵送して署名もらう+自分で申告 14,000円+税

うーーーーーーん。
どうですか?どれを選ぶのが正解だと思いますか?

ちなみに私、毎年e-TAXで申告していますが、これが苦痛だと思ったことは一度もありません。
失敗しないかどうか、ストレスは感じますが、困ったらコールセンターに聞けばいいんだし。

その手間を省略して、16000円払うことにあまり意義を感じません。

でも、これだけいろいろやってもらって、今後も相談をするのに、14000円ってひどくない?ケチケチすぎない?3万円払ったほうがいいのかな?

そう思って、一応夫に相談してみたら

「1万と3万でしょ?向こうからすりゃ、どっちにしても小口クライアントだよ。好きな方にしたら?」と。

うむ。まあそうだわな。最近夫の役立ち度が上がっておる。
(というか、平日なのになぜ家にいるのだ、夫。)

向こうでは、法人まるごと請け負って数十万とか数百万とかびゅんびゅん飛び交っていることでしょうから、私のちっぽけな申告で1万だろうが3万だろうが、気になさらないことでしょう。

3万払ったんだから!と恩を売られても、向こうからしたら「ハア?」でしょうしね。

というわけで、果敢に14000円を選択しました。
もうメール送っちゃった!引き返せないよ!

しかし、申告するという程度の手間で16000円もらえるなら、私、全然問題を感じないです。

どうも、税理士さんに頼むことのメリットが感じられないままでいます。

ふるさと納税額の計算をお願いしても断られたし(まあ、こっちの売り上げと経費が確定しないんで仕方ないけど・・・)、私の知っている以上の節税策は出てこなかったし・・・。

素人でも、私程度に勉強する気があるなら、あと、記帳が面倒でないなら、税理士って意味ないってことでしょうか?

それとも、もっときちんとお付き合いしていくと、「税理士さんに頼んでてよかったわ~」みたいな瞬間が出てくるのでしょうか。

私の場合、アフィリエイトであるがゆえの税務調査の入る確率を下げたいという理由で税理士さんを探しました。

これで1万4000円なら、目的は達したということで、良いのかなあ。

あと、私、税の勉強をするのは苦痛じゃないし、これでいいのかなあ。

税理士を頼むことのメリットが感じられないままです。
無知で、何かとんでもない損をしているのかもしれません。

あと、匿名hanakoさんに数か月前にコメントいただいた、税理士さんへのお歳暮の件、「おおおっ、大人の社会人はやはりそこまでするのだ!見習おう!」と感銘を受けたのですが、迷った末送りませんでした。まだ正式に頼んでいなかったのに、昨年末送るのはちょっと変かなあと思って。
来年(じゃなくて今年か)は送るかもしれません。でも、何を送ればいいのかわかりませんし(自分の身内には果物を送ってんですが、通勤している税理士さんに果物はご迷惑ですよねえ。)14000円のクライアントが、1万円のものを送ったらヘンでしょうか。

社会常識を知らないまま大人になってしまったので、いろいろやらかしているかもしれません。