先日、電車で出かけたら、驚きの会話を耳にしました。
話していたのは、30代半ばぐらいの夫婦。2~3歳の子を連れて、電車の座席に腰かけていました。

それで、奥さんのほうが旦那さんに
「それで~、税金2億払えっていってきたのよ!当然『払えませんよ!』って言ってさあ」

はいはい、ここでももう耳ダンボですね!

私の大好物、税金のお話ですね!
じりじりと近づいて、聞かせていただきました。

奥さん「それでさあ、どうしようって話になって、言い訳として考えたのが、『うちは実はゴーストライター100人使ってるんです!』ってことで、先生がそう言って」
旦那さん「ふんふん」

奥さん「それで、みんなで必死で領収証作って、なんとかしたのよ~。領収証作りまくり」
旦那さん「へえ~そんなことあるんだ」

奥さん「それでね、これで分かったんだけど、先生が、『会社と自宅は同じ住所にしちゃダメだね』って。自宅住所を会社の住所にしておくと、いざってとき、税金が払えないと住んでる家までとられちゃうじゃん?だから会社は別のとこにしとくべきだねって」
旦那さん「へえ~」

とまあ、こういう話だったわけです。
私も「へえ~」でした。

それで、その後もしばらく聞いていると、その「先生」は有名漫画家さんらしいということが分かりました。女手一つで頑張る系の、売れっ子の女性漫画家さんと同じお名前でした。
と思うのですが、電車の音にかき消されてよく聞こえなかったので、この件については私には突っ込まないでくださいお願いします。これ以上は語ることがありません。これで聞いたこと全部ね。

しかし、いや~、他人の税金話は面白いわ。

しかし、人を使うってコワいですな。私はとてもその器ではないので、人は使わない(外注も基本的にしない)というのをポリシーにしておるわけですが、人を使うと、こうやって、旦那さんには気軽に話しちゃうよね。
このレベルの話って、絶対に守秘義務があって、家族といえども話しちゃいけないものだと思うけど、まあ、話しちゃうよね。

それで、うっかり家の外なんかで、実名入りで話すと、私のようなマナーの悪い人間が、聞いている可能性がありますよね。

人を使って仕事をするというのはそういうこと。
悪気のある人はもちろん、悪気がなくたって、こういう厄介なことになりますね。気をつけなきゃね。