この記事では、犬も食わないと言われる夫婦喧嘩の模様をお伝えします。
こういうのがお嫌いな方はスルーしてください。

現在夫とケンカ中です。

昨日夫の帰宅時に「家の中が汚い」とキレられました。思えばその前からずっと不機嫌でした。

夫は、仕事が切羽詰まってくると人に当たるタイプです。

私は言いかえすタイプです。

両者睨み合って引きません。

そんで、昨日は、息子が遊んだオモチャが散らかっていて、夫が帰るまでにいつもは片付けていたのですが、昨日は間に合わなくて散らかっていたのね。

でもさあ、1歳児とか、常時散らかったり、汚したりしているものであって、きれいな状態を常時キープするのは不可能なわけなんだけど、在宅時間の短い夫にはわからないわけですよ。

家が汚いとか知らんがな(´・ω・`)
じゃあ自分で片付けたらええやんか。

というわけで、「私、もう、いろいろやるのムリなの、もうこれで精いっぱいなの!」とキレ返しました。

そしたら夫は「誰も仕事しろなんて頼んでない!やめたらどうなんだ!」と。

非常に険悪なムードになりまして。

「やめないよ!だって将来が不安だもん!」ってね、言っちゃうんだよね。夫にはこれ禁句なんだけどね。わかってるんだけどね。

夫は、専業主婦の可愛い妻が欲しかったそうで、ノーメイクでパジャマで暮らす、家事の嫌いな妻がイヤなのだそうです。(うん、分かる。私もそんな妻がいたらイヤだわ。)

ちなみに私は、家事を気持ちよく手伝ってくれる、お腹の出ていない、イクメン夫が欲しかったです。

うーむ。ある意味お似合い夫婦だ。

そしてまた、毎月50~70万となったアフィリエイト収入を「20万」と夫に虚偽申告していることも事態を複雑にしています。

「そんなに頑張ったって、せいぜい10万20万しか稼いでないじゃないか!ムダだよそんなの」と言うんですね。

売り言葉に買い言葉で、「本当は70万稼いでるもん!今月は100万かもしれないもん!」とか、言っちゃいそうになるのです。今回も言わずに我慢しました。セーフセーフ。

言ったらどうなるんだろうねえ。

それでまあ、夫は、妻が経済力をつけることに、離婚のプレッシャーを感じているのでしょう。

ケンカしていないときでも、「女は専業主婦にして経済力を奪っておけば離婚なんてしないのに」的な発言をする人ですんで。離婚した友人について語っているときとかにね。失礼な話です。
そして、元フェミニストの私としては、聞き捨てならん発言なわけで、コテンパンにやるわけですが。

でもまあ、いつも、翌々日ぐらいに、夫が飲み会とかいって、ゴキゲンで帰ってきて「いつまでふくれてんだよ~」とか言ってうやむやになってケンカ終了なわけですが。

しかし、アフィリ収入月70万では、離婚できませんわ。不安すぎます。夫よ心配には及ばん。100万でもムリムリ。

月10万稼ぐサイトを7つ持っているとかなら、いけるかもしれないけれど、私のアフィリは素人のまぐれあたりなので、継続性と再現性が低すぎます。

じゃなくて、ケンカをもう少しスマートに回避したいものです。疲れるし。目の下にクマできるし。アフィリ記事が書けないし。