アフィリエイト収入が月10万円を超えることが
視野に入ってきました。
(取らぬ狸の何とやら・・・かもしれませんが。)
現在夫の扶養に入っているので、今後の稼ぎ方について
今のうちに考えておこうと思います。

税法上の扶養と社会保険上の扶養の違い

税法上の扶養 : 年間所得金額が38万円(給与であれば103万円)以下の場合
社会保険上の扶養 : 年間収入見込み金額が130万円未満の場合

税法上の扶養から外れた場合

夫の配偶者控除(38万円)が受けられなくなる。

所得税(夫の場合税率20%)が約7万6000円アップ
(※38万円×20%=7万6000円)
住民税(税率10%)が3万8000円アップ
(※38万円×10%=3万8000円)

税法上の扶養は扶養手当と連動している場合も!

また、扶養手当がある場合、税法上の扶養と連動している
会社が多いようです。
その場合、11000円×12ヶ月=13万2000円の損が生じます。
(11000円は以前の職場での扶養手当の金額です。現在はありません。)

社会保険上の扶養から外れた場合

三号被保険者から外れ、年金・健康保険が自腹になります。

国民年金15,040円×12か月=18万480円
国民健康保険=12420円(均等割のみ)
※所得33万未満なら、均等割12420円/年のみ
※ちなみに、所得40万なら38,972円/年と一気にアップします。
というわけで、社会保険上の扶養から外れると
年間約20万の負担増となります。

「税法上の扶養に入り社会保険上の扶養から外れる」が正解?

税法上の扶養に入り、社会保険上の扶養から外れる
稼ぎ方が、私の場合は正解のような気がします。
年200万円ぐらいまでの稼ぎなら
経費+青色申告特別控除65万円で、
所得33万円未満にするのは簡単そうです。

具体的な控除額

具体的には
・青色申告特別控除65万円
・生命保険料控除5万円
・基礎控除38万円
なので、控除合計は108万円となります。

確定拠出年金も利用すれば所得ほぼゼロに!

また、確定拠出年金(上限68000円/月×12=81万6000円)
による控除も利用すると思います。
確定拠出年金もフル活用すると、
控除合計は年189万6000円になります。
200万円ぐらいまでの稼ぎなら、
所得ゼロの状態にできそうです。
ちなみに、昨年の事業収入は50万円弱、経費は50万円強でした。
きちんと考えて、稼ぎも増やすほうがトクな気がしてきました。