A8.netのA8フェスティバル、今年も行きます!

昨年も私、参加しました。それで、なんだか試食したり、割引券もらったりしてゴキゲンで帰ってきたという(゚∀゚)

a8fes2013

 

ただ、A8フェスティバルなんて、他のアフィリエイターさんと交流できるでなし(今年は終了後に交流会があるらしいけど)、広告主さんも今一つ私のサイトにはヒットしない会社ばっかりだし、意味なかったかもなあと多少消化不良ではありました。

しかし、1年経った今、あれは行ってよかったと思っています。

なぜって、今思えば、アフィリエイトのイメージがあの日、一気に変わるカルチャーショックな場面に多数出くわした気がするんです。

というのも、会場は人でいっぱい!
明るくて、にぎやかでした。
ファンコミュニケーションズの会社の人たちも、そろいのTシャツを着て、きちんとした印象でした。
カップル(夫婦?)で参加している人もいました。
きちんとしたスーツを着た人が、広告主のブースで名刺交換して、「これから当社では○○を主力にECサイトを作っていこうと思っていまして」と商談みたいなのをしていたり・・・。

 
(゜∇゜ ;)エッ!アフィリエイトってこういうもんだったんだ!とびっくりしましたよ、私。

それまで、アフィリエイトって、内職みたいなもんで、人には言わずコソコソやる類のものと思っていたんですね。
当時のアフィリエイト収益は月6~7万円で、うちA8netは2~3万円。
まだまだ「ポイントサイトでお小遣い稼ぎの延長」みたいな気分が抜けていませんでした。

でも、A8フェスティバル2013に参加したことで、そのイメージが払拭されました。

なるほど、きちんとした大人が取り組むに足る、きちんとしたビジネスで、稼いでいる人が本当にいるんだな、という。

A8netの収益欄の下に表示される、「7月の振込みベスト3 (個人会員の方) 」で、200万~300万の人がいるっていうのも、信じられるようになりました。うん、それまで半信半疑だったの(´・ω・`)

 
あと、セミナーもけっこう良かったですね。

「レビューのやり方セミナー」みたいなのがあって、A8の社員さんが、「もしいちご大福をレビューするなら」って言って、レビュー記事の書き方を説明なさっていました。

ああ、こんなにたくさん写真をのせていいんだ。こんな口語で気分で書いていいんだ・・・、という。

それまで、ブログで何かを紹介するときって、スペックを調べて調べて、それをゴリゴリ説明しなきゃいけないと思っていたんですね。

でも、セミナーで紹介されていたレビュー記事は、写真が主役で、こんな感じ。

「来た来た!届きました!○○のいちご大福です!」
(写真)
「包装紙は○○の柄!かわいいですね♪」
(写真)
「では開けてみましょう♪」
(写真)



「中はとろーり、白あんと真っ赤なイチゴが入っています。イチゴが大きいですね!」
(写真)

軽くて主観的でかわいい記事でした。(記憶から適当に再現したので、内容はテキトーですが)

写真って、表示が重くなるからと敬遠していたのですが、十枚以上使ってOKだとその時知りました。

ああ、なんだ、こういうのでいいのか、と肩の力がすっと抜け、そういう感じのレビュー記事も書くようになりました。

 
その後、アフィリエイト収益が増えていったのはご覧のとおりですが、その収益増に、間接的ではありますが、A8フェスティバル参加は効果があったと感じます。

今年もカメラをフル充電して参加します♪
ファンコミュニケーションズさん、ありがとうございます。

A8フェスティバルは、アフィリエイト最大手であるA8.netに登録すればどなたでも参加できます。

初心者のうちに、一度は行っておくとよいイベントだと思います。

A8.net登録ページへ