扶養と税金と社会保険料のことをほぼ一日中考えています。

こんなことばっかりやってて大丈夫なんだろうか。


Calculating Financial Figures Video / Dave Dugdale

さて、扶養を外れる場合の負担増の自動計算シートを以前作りました。

何月に抜けると、いくら負担が増えるか計算することができます。

やってみたところ、2014年の計算はカンタンでした。
2015年のシートも作りましたが、こちらは税額計算も必要になり、大変でした。
2014年の実績と連動するので・・・。未完成です。

こちらがシートの一部の画像です。

fuyo_140511

あ、「2013年」って書いている。2014年の間違いです。

全体はこんな感じ。混沌としています。

zeimusoudan_140321

所得税も本当は計算するべきなのでしょうが、能力の限界を超えましたので、課税所得ゼロとして計算します。
なお、扶養手当13000円も計算に入れています。

扶養を外れることによる実質的負担増

さて、上記のシートをもとに、何月に扶養を抜けるといくら負担が増えるのか表にまとめました。
公開するのはいいですが、この計算が合っているのかどうか、自信はありません。

扶養を外れる月 年金+国保 年金+国保+手当
6月 130,900円 221,900円
7月 112,200円 190,200円
8月 93,500円 158,500円
9月 74,800円 126,800円
10月 56,100円 95,100円
11月 37,400円 63,400円
12月 18,700円 31,700円

だいたいあっているはずだけど・・・。どうなんだろう?
でも、税理士さんも社会保険労務士さんも頼れないなら、根性入れて自分でやるしかないということだ。頑張れ。

9月、10月まで引き延ばすことはできるのか

6月に扶養を抜けると、20万強の負担増となります。けっこうきついです。
10月まで引き延ばせると、負担増は10万未満となります。

ああこの表、作ってよかったな。分かりやすい。
税額計算して、2015年の分もちゃんと作ろう。