アフィリエイトに強い税理士さん探し(その3)―気になる委託料は○万円―」からの続きです。

扶養を外れなければ仕方ないのか?

売上見込250万~400万、経費は昨年実績が50万で
扶養を外れそうなことを説明。

また、夫の勤務先の規定が「事業所得で130万」と言われたことを説明。

[税理士さんの回答]
・回答者が「事業収入130万」と勘違いしていないか?
・経費はもう少し(家賃・光熱費・通信費・交通費など)足せるのではないか。

[感想]
・すごいソリューションは出なかったが、ないということがわかってよかった。

現金主義で扶養を外れることを回避できるか?

税理士さんに無料相談!(体験レポートその2・アフィリエイト収益で扶養を外れる時期はいつが合理的?)」でも書いた通り、

現金主義で記帳し、Google AdsenseとA8.netの支払を来年に繰り延べることで
今年の収入を圧縮し、扶養を外れないというのが可能か、さぐっています。

[税理士さんの回答]
・現金主義が採れるのは、300万以下の場合のみ。
・現金主義の趣旨(小規模事業者への救済)には合わない気がする。
・それが可能ならみんなそうしてしまうのでは?
・持ち帰って他の税理士とも相談したい。

※300万とは、前々年の事業所得が300万以下ということです。

(参考)国税庁 現金主義の説明ページ
「その年の前々年分の事業所得の金額及び不動産所得の金額(事業専従者給与(控除)の額を必要経費に算入しないで計算した金額)の合計額が300万円以下である方のことです。」

[感想]
・無料税理士相談では、少し調べて「OK」という回答だったので、意見の割れるところとわかった。
・疑わしいということは、万が一の場合税務調査で問題になる可能性もあるということ。慎重にする必要がある。
・「みんなそうしてしまう」ということはたぶんなくて、一般には青色申告特別控除65万を優先するのだろう。
・だいたい、「サラリーマンの妻(自営業)が扶養に入っている」「その妻がうっかり130万以上稼ぐ」という状態がイレギュラーなはず。おそらく、自営業の妻が扶養に入っているというレアな状態でのみ、効果のある節税手段なのだと思う。だから、皆がこの方法を知ったらこれで節税するということにはならないと思った。

[感想追記]
・アフィリエイト収益はいつを売上にするか、という話を最後にしていたところ、現金主義での記帳についても多少考える余地があるという話になった。
(アフィリエイトでは、クリック⇒購入⇒発送⇒納品⇒広告主による承認⇒確定⇒確定金額の表示⇒振込というステップがあり、どこを確定とするかは悩ましいということ。また、「報酬1万円未満は振り込まない」という規定が多くのASPであること、それに満たない場合は報酬は没収されること、なども考慮する様子。)
というわけで、1時間半ぐらいお話させていただきました。
迷惑なクライアントだわな。

しかし、専門家、いいですね。さすがですね
アフィリエイトの知識がない税理士さんでも、
ちゃんと聞いて勉強してくださるならそれでいいわけだし。

さて、今回相談した感想(雑感)に続きます。