この記事では、見ず知らずの日用品メーカーの方に毒を吐きます。
愚痴記事です。こういうのがお嫌いな方はスルーしてください。

私のブログでは、ときどき商品レビューをしているのですが
アフィリエイトとは関係なく、自分のブログジャンルに合うものも
取り上げています。

 

そうしたら、ですね。

ある日用品メーカーの方からメールフォームで連絡が来たんですよ。

「うちの商品を紹介してくださってありがとうございます。

ところで、サービスである○○は△△だという表現をされていますが
当社の方針として、△△という点を訴求しておらず

できれば××という表現に変えていただきたいのですが」

というものでした。

(△△も××も、ネガティブでもポジティブでもない内容です。
たんなるタイトルの違いというか、そういう感じ。)

 

それで、全然異議はなかったので、変えたんですね。

それで、ついでにこちらからも問い合わせしたいことがあり
「変更しましたよ」ということの連絡ついでに

「○○○というサービスをされていますが、これをXXXという形で紹介していいですか?
貴社のサービスの主旨と違うということでしたら差し控えますが、
すごく良いサービスだと思うので、私のブログで取り上げたいのですが」

という質問をしたのです。

そうしたら、「担当に取り次いで回答させていただきます」とのこと。

返事早いわ~。ちゃんとした会社は違うわ~、と思って待っていたのです。

 

それで、しばらく回答を待っていたのですが、待っても待っても来ないんです。

1週間待ちました。やっぱり来ません。

年度初めだから忙しいかな~と思っていたのですが
10日待って、やっとメールが来ました。

この時点で、私の感覚としては「待たせすぎ」です。

 

仕事する者の態度ではないと感じます。

これだけ日数がかかるなら、2日目ぐらいに
「少々お待たせしますが」と連絡入れるでしょうに。

 

それで、返信メールの内容を見たところ

「○○○をXXXとして紹介したいとのこと、前向きに検討させていただきます」

って書いてあったんです。

 

( ゜Д゜)ハア

でした。

 

「前向きに検討」って何ぞや。

やっていいのか、ダメなのか分からん。

官僚かっ!!!っと突っ込んでしまいました。

 

しかも、「次回お問い合わせをいただく際はこちらからどうぞ」と
カスタマーサービスのメールフォームを案内されました。

・・・・・・( ゜Д゜)ハア

あなたのメールの内容が意味不明なので、
私は【あなた】に「前向きに検討って、YESなの?NOなの?」と

質問したいわけなんですが、それはお断りってことですね。

カスタマーサービスに連絡しろってことね。

なんのこっちゃ。

 

もういいよ。
「前向きに」は「OK」と翻訳して、勝手に紹介させてもらうから。
それで、ダメって言われたら記事を削除するよ。

だって、日本語の不自由な人とやりとりしたって、疲れるだけだもん。

返信したって、ちゃんとした答えが返ってこないに決まってるし。

 

なんだかなあ。

思えば、このメーカーの会員サイトがお粗末でヘンだと常々思っていたのですが
最初に連絡が来たほうの方は、広報室の方、
次に「前向きに検討」と言ってきた人は、会員サイトの担当の方でした。

 

この会員サイトなのですが、ユーザビリティーが悪くてイライラするし、
検索にひっかかってこないし
大手企業が作っているとは考えがたい品質。

「申し込みはこちら」のボタンを押して、次に開くページが
申込ページじゃなくて、そのサービスの紹介ページだったりするの。

それで、ぐるぐる探し回って、元のページの上部に申込ページのリンクがあったりするの。

それに、グローバルナビみたいなメニューバーが、出たり消えたりするの。

なんじゃこれ?素人が作ったのか?というレベル。

 

サイトの仕様をちゃんと決めずに外注したってことかと思います。

 

なるほどな、こういう人がやっているのかと
一気に企業イメージが下がりました。

同業他社より良いイメージだったんですけどねえ。

10日待たせて、「前向きに」だしねえ。

 

これがゆとり世代ってことですか?

(名前と文体から、若い人っぽかったので、勝手にゆとりと決定。)

 

ゆとり世代をバカにする人を見て、これまで
「そんなふうに、十把一絡げにするのは失礼だよ~」
なんて思ってましたが、これがゆとりクオリティなのでしょうか。

 

私、2009年に会社を退職して、その後はフリーで仕事をしてきたので
ゆとり世代とがっつり触れ合ったことがないんですよ。

もしかして、皆さんこういう感じで日々お困りなんでしょうか。

こりゃ大変ですな。

ゆとり側も、非ゆとり側も、お互いに。