新しい歯ブラシで歯磨きするとらちゃん (6/18) / yto

この記事では、行政の保健所の親切な担当者さんに毒を吐きます。
こういうのがお嫌いな方はスルーしてください。

 

先日(といってもけっこう前)、区の保健所に子の健診に行ったんですよ。

そのときに、歯の磨き方指導みたいなのがあって
講習を受けて、じゃあ実際にやってみましょう、という内容だったんですね。

 

で、まあ子どもって歯磨きが嫌いなわけで
うちの子も、横に寝かせて、口のあたりをさわるだけで
イヤイヤして、プギー!!!!!って、子豚みたいになるわけです。

で、10組弱の母子のあいだを保健所の保健師さんが見て回るんですけど

私のところに来た瞬間

「大丈夫、大丈夫!」って言うんですね。

 

なんだかねえ、私この「大丈夫」にすごく違和感があるんですよ。

 

だって、大丈夫じゃないし。
歯磨きイヤだって言ってるし。

もちろんね、「このあと慣れていけばいいから大丈夫」とか
そういう意味かもしれないですけどね。分かってるんですけどね。

でもさあ、こっち振り向いた瞬間って息子がジタバタしていて、
私が「あー、そんなイヤならもういいよ」って手を放した瞬間で、

保健師さん、見た瞬間「大丈夫大丈夫」って、
なんかもう、機械的に言っているわけですよ。

 

最近は、子育てでナーバスになるお母さんも多いとかで
そういうのに配慮した発言かもしれないですが

私「大丈夫」って言ってもらうよりも
何かもうちょっと、こっちをちゃんと見てからコメントしてほしいわけですね。

「もうちょっとこうやってみては?」とかさ。

 

思えば、妊婦になってからも、この手の集まり(母親学級とか)って
ずーーーーーっと違和感を覚えていました。

「これってどうなんですか?」と聞いても
「個人差がありますから」と「大丈夫ですよ」の繰り返し。

 

いや、大丈夫かどうかは、まず自分で分かるし
初対面のあなたじゃなく、主治医が決めることだし、と思うわけです。

それでも、こういう講習に来ているのは
「一般にはこういうものですよ、こういうことに気を付けましょう」って

そういう一般論を聞きに来て、それから例外的に、こうでも大丈夫ですよ、
みたいな話をしてほしいわけですね。

 

それを、なんだか知らないけど、「大丈夫」の連続で
終わりにされてしまうんですよ。

保健師「何か質問したいことはありますか?」

私「離乳食って、今はこれぐらい食べていますが、多いですか」

保健師「大丈夫、大丈夫」

私「離乳食は○○ばかり食べたがるんですが、同じものばかりやっていてもかまいませんか?」

保健師「今はそれでも、大丈夫、大丈夫」

私「歯磨きって、いつ頃から一日3回にするのが標準ですか?」

保健師「今はできなくても大丈夫、大丈夫」

なんだかねえ、そうじゃなくて、「標準はこうですが/これが理想ですが」って
言ってほしいんですよ。

大丈夫はいいからさあ。もはや会話がかみ合ってないレベルでしょ?

「大丈夫」って何回言ったか、野鳥の会のあのカシャカシャするので
カウントしたくなるくらいの回数。

 

なんだろう、みんなこういうので「大丈夫って言ってもらって気が楽になりました~♪」
とか言ってるんでしょうか。

私がカルシウム足りてないだけでしょうか。