記帳指導を受けたい!と税務署に電話した話の続きです。

税務署に行ってみると、こんな紙を渡されました。
(↓クリックで拡大しますが、たいして大きくなりません↓)

kichoshido_140323

 

記帳指導って、青色申告会で、税理士さんがやってくれるやつだけと
思っていたのですが、いろいろあるんですね。

 

記帳指導の種類

(1)訪問での個別指導

指導機関:税理士
場所:自宅または事務所
時間:1時間×5回

受講者の実際の取引に基づいた記帳の仕方について
個別に指導

(2)会計ソフトを利用した集合指導

指導機関:青色申告会
場所:指定された会場(たぶん青色申告会)
時間:1時間×4回

一般的な取引について、会計ソフトを利用した
記帳の仕方について講義形式で集合指導

(3)説明会方式による集合指導

指導機関:青色申告会
場所:指定された会場
時間:2時間×2回

一般的な取引に基づいた記帳について
講義形式で集合指導

(4)指導機関での個別指導

指導機関:商工会議所・商工会
場所:指定された会場
時間:1時間×5回

帳簿等を会場に持参し、受講者の実際の取引に
基づいた記帳の仕方について個別に指導

 

※東京での指導内容です。お住まいの地域により違うかもしれません。

 

どの記帳指導にしようか迷う

どれにするかすごく悩みました。

(4)はなんか違うって分かるのですが
(1)も(2)も(3)も受けたい。

(1)はすごく良いと思うんですよ。
実際に領収証を見てもらって、すぐ使えるやり方を
ムダなく教えていただけるわけで・・・

でも、私、簿記の基本も学びたいんですよね。

私のやってる取引なんて、単純すぎて
たぶん記帳もカンタンすぎる。

だから、(3)に出たら、一般的な商店でのご商売を基準に
色々説明してもらえるんだと思います。

それって、すごく勉強になりそう。

会社員のときに2日勉強してあきらめた、簿記3級が取れるかも(笑)

(2)は弥生を使って説明してもらえるらしいし・・・

と、迷って迷ってぐるぐるしていたのですが
結局(1)を申込みました。

 

だって、そもそもの目的は、簿記の勉強じゃなくて
「私の来年の確定申告を確実にすること」だし

家に来てもらえるのはラクチンです。

税理士さんと一対一なら、ここだけの話みたいな相談もできて
そちらの方がメリットがあるかも・・・と思いました。

 

記帳指導申込は3月15日まで

ちなみに、この記帳指導の申込を希望する場合は
確定申告期限までに申込書を提出してくださいとのことでした。

(青色の届出をした場合は、その年に郵便で案内が来ますので申込不要です。
後から自分で申し込む場合の話です。)

 

6月末頃から開始の予定!

実はすごく楽しみにしている私です。